会社設立の基礎知識

会社設立に必要な印鑑とそれぞれの役割

会社設立をする際には印鑑が必要となります。会社設立時に必要な印鑑はどれを指すのか、そして、必須ではないが用意すべき印鑑とはどれのことを指すのかわからないという方も多いと思います。今回は、会社設立時に用意する印鑑について紹介しようと思います。

会社設立時に準備しておくべき印鑑や決めておくべき事項について、以下の記事にまとめています。

【会社設立の準備】会社設立前に準備しておくべきこととは?

会社設立の流れや事業開始前に必要な手続きなど、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【会社設立の流れ】準備から事業開始までに必要な手続きとは?
【会社設立後の手続き】法人登記で終わりじゃない!事業開始までにやるべきこととは?

会社設立時に一般的に用意する印鑑の種類

会社設立時に一般的に用意する印鑑は以下の3種類+ゴム印です。

  • 代表者印(実印)
  • 銀行印
  • 角印
  • ゴム印 必要な場合

それぞれの印鑑の役割について

上記の通り、法人の印鑑は一般的に3-4種類を準備します。ここからは各印鑑の役割・違いについて説明します。

会社設立時に最も重要な役割を果たす代表者印(実印)

印鑑の中でも、最も重要な役割を果たすのが代表者印です。代表者印は、会社設立の際に登記申請書に捺印し、代表取締役が登記時に申請する印鑑となります。

登記をするための印鑑には規定があり、1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形に収まるものを使用しなければなりません。

法人口座の開設に用いる銀行印

銀行印はその名の通り、法人口座の解説時に用いる印鑑となります。代表者印と銀行印は同じものを使っても構いませんが、代表者印はとても重要なものであり、紛失や悪用のリスクを防止する意味合いや、摩耗によって印影が見えなくなることを防止する意味合いで分ける場合が大半です。

銀行印と代表者印を分ける場合、サイズを分けるなどの工夫により判別が付くようにしておきましょう。

請求書などに捺印する角印

最も日常業務で使用し、社印とも呼ばれる印鑑が角印となります。代表者印や銀行印とは異なり、印鑑の形が四角形になっていることから角印と呼ばれます。

請求書や発注書に押す印鑑は角印が一般的です。実印を使うこともできますがなくすと手続きが大変なため多くの場合は別途作成します。

あると便利なゴム印

ゴム印は、上記の3本の印鑑と比べると重要度が低く、使用頻度もかなり少なくなります。ゴム印を用いるのは、簡易的に会社の社名を捺印したいときや、署名が必要な書類で、正式な書類でないものとなります。

会社設立時にはゴム印は作らず、代表者印・銀行印・角印の3本のセットを購入する場合が多いようです。

印鑑の材質はどれを選べばよい?

会社設立時の印鑑は様々な種類があります。木製のものから金属のものまで様々な種類がありますが、どれが一般的なものなのでしょうか。

最もポピュラーなのは柘の印鑑

最もポピュラーなのは柘(つげ)という木材を用いた印鑑です。軽く、材質として十分な耐久性をもっています。多くの人が会社設立時に購入するものですので、こだわりがなければこちらを選ぶとよいでしょう。

柘よりも高級な黒水牛

柘の他には、より高級な材質となる黒水牛の印鑑が挙げられるでしょう。柘よりも耐久性がよく、長年使うことができる印鑑となります。

チタンを選択する人も

上記の2つと比べるとかなり高級にはなりますが、チタン製の印鑑を会社設立時に作成する人もいるようです。金属で出来ているため重厚感があり、また摩耗などの心配がほとんどないのが特徴だといえるでしょう。

まとめ

会社設立の印鑑について紹介しましたが、いかがでしょうか。登記のときに使う代表者印は必ず作成する必要がありますが、多くの場合、紛失や偽造リスクを考慮して銀行印と角印を作る場合が多いようです。セットで販売されていることが多いですから、まずはこの3本をセットで考えて選んでみてはいかがでしょうか。

会社設立の方法を知りたい方はこちら

会社設立を自分でカンタンにする方法

会社設立の準備から事業開始までには、多くの書類や手続きが必要になります。書類の転記をするだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

また、設立時には会社用の備品購入やオフィスの契約など、多くの出費があります。設立にかかる手間やコストを削減したい方にはfreee会社設立の利用をおすすめします。

freee会社設立を利用した際の代表的なメリットを紹介します。

流れに沿ってすすめるだけで会社設立が完了!

freee会社設立では3ステップに分かれて設立完了までをサポートします。また、登記の際に必要となる会社印も同時に購入することができます。

freee会社設立 入力画面

freee会社設立は株式会社だけでなく、合同会社の設立にも対応しています。

会社名や資本金額など必要項目を入力すると、定款(ていかん)をはじめとする会社設立に必要な約10種類の書類を自動で作成します。

<freee会社設立で出力できる書類の一例>

  • 定款
  • 登記申請書
  • 印鑑届出書 など
その他、出力可能な書類はこちらのページをご参照ください。

設立にかかるコストを削減できる

設立費用を削減したい方には電子定款がおすすめです。紙の定款では、収入印紙代40,000円がかかりますが、電子定款ではこれが不要となります。

freee会社設立は電子定款にも対応しており、電子定款作成に必要な機器やソフトの準備なども必要がないため、自分で作成するよりもコストを抑えることができます。

<設立にかかる費用の比較例>

設立にかかる費用の比較例

(1)freee会計を年間契約すると、無料になります。
(2)紙定款の印紙代(40,000円)

設立後から事業開始までに必要な手続きもサポート!

会社を設立したあとも、事業開始までに必要な手続きが複数あります。

freee会社設立では、役所へ提出が必要な「法人設立届出書」をはじめとする書類の作成や、提出先の役所の案内まで手厚くサポートします。他にも、法人口座の開設や法人用クレジットカードの作成の申請も同時に行うことができます。

さらに、クラウド会計ソフト「freee会計」を利用すれば、事業開始後の経理管理も楽になり、一人社長の会社でも安心です。

会社設立の準備をお考えの方は、ぜひ登録無料のfreee会社設立をお試しください。

freee会社設立

freee会社設立

freee会社設立なら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。