会社設立の基礎知識

会社設立に必要な書類は11種類。作成方法から提出先まですべてお教えします

会社設立する際の手続きって面倒なイメージがありますよね。実際に自分一人で手続きをするとなると、かなりの労力がかかります。
準備する書類の多さも、面倒だと感じる原因のひとつではないでしょうか。
しかしあらかじめ全体の流れを把握して、一つ一つ丁寧に対応していけば、意外とすんなりクリアできます。
今回は会社設立の流れと、その際に必要な書類の作成方法についてご紹介します。

ステップ0. 事前に印鑑を作る

会社設立のための書類を作成する上で、法人用の印鑑が必要になります。
書類を作成する前に、会社の印鑑を作っておきましょう。法人実印だけでも登記できますが、今後のことも考えて下記の4種類の印鑑も作成しておくとベターです。

1. 法人実印

登記する際に必要になる印鑑。1〜3cm以内に収まる大きさにします。

2. 銀行印

銀行の法人口座を開設する際に使う印鑑。手形や小切手にも使われます。

3. 社印

領収書や請求書、見積書などに使われる印鑑。

4. ゴム印

各契約書で会社の情報や署名を書く手間を省く目的の印鑑です。
一般的には会社の所在地や電話番号、会社名、代表者名が掘られています。

法人実印のみで会社運営をすることも可能です。しかし法人実印を人目のつく場所に気軽に押してしまうのは非常に危険。悪用されてしまうリスクが高まります。どうしても4種類の印鑑を作る費用が捻出できないなど、特別な場合を除いて必ず作っておくことをおすすめします。

また会社設立にあたっては発起人個人の印鑑や印鑑証明が必要な場面が多くありますので、まだ個人の印鑑を作っていない方は同じタイミングで作っておきましょう。

ステップ1. 定款を作る

まずは定款を作ります。
インターネット上に無料のテンプレートがいくつかありますので、ダウンロードして必要事項を穴埋めしていく形で作成できます。
取締役が一人の場合取締役会がある場合の定款では少し作りが違うので気をつけてください。
※リンク先から無料のテンプレートがダウンロードできます

定款が作成できたら発起人個人の印鑑で押印・割印をして、3部製本します。

ステップ2. 定款を認証する

定款が出来上がったら、公証人役場に行って認証を受けます。
まずは日本公証人連合会のページで登記予定の地域を管轄する法務局に所属している公証人役場を調べます。行くべき役場が見つかったら、連絡をして事前に公証人と訪問日を決めておきます。

用意する書類

  • ・定款 3部
  • ・発起人(出資者)の印鑑証明書

※印鑑登録をした役場へ行って発行してもらいます。登記の際にも必要なので2〜3部を発行してもらっておくと便利です
なお、発起人が複数人いて当日は全員で行くことができない場合は委任状も作成して持参します。

そのほかに持っていくもの

  • ・発起人(出資者)の実印
  • ・身分証明書
  • ・公証人へ支払う手数料 5万円
  • ・定款の写し交付手数料 250円×定款のページ数
  • ・収入印紙 4万円分

ステップ3. 資本金を振り込む

定款の認証が終わったら、資本金の振込みをします。
資本金の振込み後は、通帳の下記の3か所をコピーしておきます。

  • ・記帳欄
  • ・表紙
  • ・個人情報欄(※表紙を開いた裏にある住所や名前などが載っている欄)

ステップ4. 登記をする

さて、ここまで終わったら登記をするための書類を揃えていきます。なお各書類のサイズはすべてA4です。

1. 登記申請書

法務省のホームページからダウンロードできるテンプレートを参考に作成します。
記載例もこちらで確認できます。

2. 登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙

登録免許税は15万円を下限として、資本金額×0.7%です。
郵便局に行って登録免許税分の収入印紙を購入し、A4サイズのコピー用紙の真ん中に貼り付けます。

3. 定款

ステップ1〜2で作成した定款を1部用意します。

4. 発起人の決定書

定款で本店所在地を詳細まで記載していないなどの場合に必要になります。
また定款で「代表取締役を株主総会で選定する」とした場合にも、この発起人の決定書で代表取締役が誰になるのかを明らかにさせます。
このテンプレートもインターネット上で取得できます。

5. 取締役の就任承諾書

「取締役に就任したことを承諾した」ということを証明するための書類です。
こちらもインターネット上でテンプレートが取得できます。

6. 代表取締役の就任承諾書

取締役が1名で、代表取締役と兼務している場合は必要ありません。
取締役と代表取締役の役割が分かれている場合のみ用意しましょう。書き方は5の取締役の就任承諾書とほぼ同じです。

7. 監査役の就任承諾書

監査役を設置する場合には、この書類が必要になります。こちらも取締役・代表取締役と同様のフォーマットで作成します。

8. 取締役の印鑑証明書

定款の認証を受ける際に取得したものと同じ証明書です。
取締役が複数人いる場合は、全員の印鑑証明書を取得しておきましょう。ただし取締役会を設置している場合は、代表取締役の証明書のみでOKです。

9. 資本金の払込を証明する書類

ステップ3で行った資本金の振込みを証明する書類を作ります。
資本金振込み後に行った、通帳の記帳欄、表紙、個人情報欄をコピーしたものに表紙をつけて製本をします。各見開きページの綴り部分に契印をすることもお忘れなく。

10. 印鑑届出書

ステップ0で用意した法人実印の届け出をするために必要な書類です。
法務局のホームページからPDFをダウンロードできるので、このテンプレートに記入をしていってください。

11. 登記すべきことを保存したCD-RかFD

これらの書類は紙媒体でも作成可能ですが、用紙を法務局まで取りに行かなければならないので、PCで作成した方が効率的です。
法務省のホームページから作成例をダウンロードして作成していきます。
また保存先のCD-RやFDの規格や記載方法は細かく定められているので、事前にこちらもチェックしておいてくださいね。

11種類の書類がすべて用意できたら、1〜9を上記の順番にホッチキスで閉じます。
登記申請書と収入印紙を貼ったコピー用紙は会社実印で契印をすることも忘れないでくださいね。
なお印鑑届出書は一緒に綴じずに、クリップでまとめておきます。

以上で書類の準備は完了です。インターネット上には書類作成に便利なツールやテンプレートが数多くありますので、うまく活用しつつ効率的に作成していってくださいね。

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識