会社設立の基礎知識

「起業したい」と思う人はどういうことをするべき?

起業したいと思っているけど、起業まで踏み切れない人は意外と多いと思います。アイデア不足や資金不足、または起業するためにすべきことが不明瞭すぎる点がこうした起業したいけどできない人の悩みだと思います。今回は、それらの悩みにそれぞれフォーカスしてお送りしようと思います。

起業したいけどアイデアがない場合の対処法

起業したいけどアイデアがないという人は、起業をするのであれば、大きなビジネスモデルを考えてから起業しなければならないと思っているのではないでしょうか。実際のところ、独自の視点を持っているようなビジネスモデルやサービスなどはなかなか思いつくものではありませんし、世の中に出回っていないもので起業するのはそれだけリスクも高くなります。

「こういう会社をつくりたい」というビジョンがなく、起業をするのは非常にリスクが高いです。しっかりとビジョンを作った上で、会社の運営が起業後も問題なくできるかどうかを確認するようにしましょう。

起業したいけど資金がないという場合の対処法

起業には多額のお金がかかります。会社を設立するだけでも20万円ほど必要になりますし、実際はオフィス代や資本金などを考えると数百万円単位で起業のコストを考えなければなりません。

最近では、創業時に利用することができる補助金や助成金も多いです。これらの補助金や助成金を利用してみるという手があります。また、インターネットのサービスを利用した起業はコストが低く済みます。例えばECサイトなどであれば、サイトの運営費など、コストが低く済むでしょう。

起業したいけどやるべきことがわからない場合の対処法

起業したいが、どのようなことをすべきなのかがわからないという人は、まず会社設立に向けて手順などを確認してみてはいかがでしょうか。実際に行動することで、自分がどういう気持ちで起業したいと思ったのか、そしてどのように起業までのスケジュールとタスクを決めればいいのかがわかると思います。

まとめ

「起業したいけど…」と思っていても行動しなければ起業をすることができません。実際にどのような悩みを抱えているのかを明らかにしていくことで、自分が本当に起業をするべきなのか、そして起業した際に成功することができるのかを整理して判断することができるのではないでしょうか。

会社設立を簡単に行う方法

会社設立時には、多くの手続きが発生します。

準備が煩雑である、販路の確保や売上を上げることに集中することができないなど、お悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

数項目を入力するだけで書類が作成できる

社名や資本金などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な書類が自動で作成できます。

1度入力するだけで、11種類の書類の出力が可能で、転記が必要ありません。

会社設立freee 入力画面

会社設立freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで費用が無料に

コストを削減したいなら紙定款よりも、収入印紙代がかからない電子定款がおすすめです。

会社設立freeeは電子定款の作成にも対応しています。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストを削減できます。

今ならクラウド会計ソフトfreeeもしくは人事労務ソフトfreeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

ガイドに沿って手続きすれば設立完了

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所など様々な場所で手続きをする必要があります。必要書類と提出先などを調べるだけでも非常に時間がかかります。

会社設立freeeでは、書類の受取・提出場所もご案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

会社設立freee ガイド画面

設立後の準備もサポート

書類作成・提出以外にも起業家の負担になる準備・手続きは多くあります。

例えば、以下の準備が会社設立freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト

これらの準備も会社設立freeeから可能です。

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立freeeを是非お試しください。

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識