会社設立の基礎知識

会社設立時の費用は経費になる?仕訳方法も含めて解説します

最終更新日:2021/09/21

会社設立から開業までには、登録免許税など多くの費用がかかります。これらの費用は経費となるのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、会社設立時にかかる費用が経費となるのか、また経費となる場合どのように経理上仕訳がされるのか解説します。

会社設立時に必要な費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

目次

会社設立時の費用の取り扱い

会社設立時にかかる費用は、個人ではなく法人の経費に反映されます。また、設立準備開始から会社設立までにかかる費用は「創立費」、会社設立から事業開始までにかかる費用は「開業費」と。時期によって勘定科目が異なります。

以下の図を参考に、それぞれの期間で発生した費用をどのように取り扱っていくかを整理していきましょう。

開業費の扱いの流れ

開業費の取扱いの流れ

設立準備から会社設立までにかかる費用は「創立費」

設立準備から会社設立にかかった費用は「創立費」として経理処理されます。

具体的な項目は以下のとおりです。

  • 定款作成にかかる収入印紙代・謄本代
  • 発起人報酬費用・使用人に支払われる給与
  • 設立登記にかかる司法書士・行政書士などへの報酬費用
  • 創立事務所賃貸料
  • 登録免許税
  • 金融機関の取扱手数料
  • そのほか、創立のために必要な費用

例えば、会社設立のためにカフェでミーティングをした場合のカフェ代や電車代も創立費に含まれます。会社を設立する前の領収書なども、きちんと保存しておきましょう。

また、設立までにかかる費用の中で「資本金」は含まれませんので注意しましょう。

会社設立後から営業開始までにかかる費用は「開業費」

会社設立後から営業開始までにかかった費用のうち、特別に支払った費用は「開業費」として経理処理されます。開業前の水道光熱費や給与などの形状的に発生すると考えられる費用は、開業費ではなく別の費用で計上します。

開業費として計上できる特別な支出の例は以下となります。

  • 営業開始までに関わる研修費
  • 接待交際費
  • 広告宣伝費
  • 市場調査費
  • 印鑑や名刺の作成費
  • そのほか、開業準備のために特別に支出する費用

この「創立費」「開業費」の勘定科目は、繰延資産(くりのべしさん)と呼ばれる「資産」であり、創業費・開業費を計上しただけでは経費として扱われません。

繰延資産は税務上、任意の期間において経費として計上することが可能です。

つまり、経費が発生した設立事業年度に経費として計上する必要がなく、利益が多く出た事業年度に経費処理することができ、スタートアップ時期の節税対策としては非常に有効な勘定科目となっています。

創業費及び開業費の仕訳方法

創立費及び開業費の仕訳の方法を、時系列で見ていきましょう。

(1)開業準備時

開業準備時の仕訳

会社経理処理は資本金を払い込む処理から始まります。

(2)会社設立のため登録免許税を支払った

登録免許税の仕訳

登録免許税などは費用計上しがちですが、上述の通り「創立費」として資産計上します。

(3)開業準備のため市場調査費を支払った

市場調査費の仕訳

こちらも創立費同様に、市場調査費を費用計上せず「開業費」として資産計上します。

(4)決算処理にて繰延資産を償却

償却の仕訳

決算処理の際の創立費・開業費の償却は会計基準では償却期間が決まっていますが、税務上では前述のとおり任意となります。そのため、この処理は赤字の場合は、償却処理を行わず、利益が上がった段階で償却処理を行うことが可能となります。

まとめ

会社設立時から開業までの間は他の業務に忙殺されて、経費処理のところまで手が回らないかと思います。ぜひ、今回の知識を整理して創立費・開業費を節税対策のツールとして有効活用していきましょう。

会社設立を簡単に行う方法

会社設立時には、多くの手続きが発生します。

準備が煩雑である、販路の確保や売上を上げることに集中することができないなど、お悩みではありませんか?

起業時の手続きはfreee会社設立を使うことで、大幅に短縮できます。

数項目を入力するだけで書類が作成できる

社名や資本金などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な書類が自動で作成できます。

1度入力するだけで、11種類の書類の出力が可能で、転記が必要ありません。

会社設立freee 入力画面

freee会社設立で出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで費用が無料に

コストを削減したいなら紙定款よりも、収入印紙代がかからない電子定款がおすすめです。

freee会社設立は電子定款の作成にも対応しています。約35,000円の費用を削減でき、機器の用意も必要ありません。

今ならクラウド会計ソフト「freee会計」もしくは人事労務ソフト「freee人事労務」の年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中!設立費用や手間を削減したい方におすすめのキャンペーンです

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

ガイドに沿って手続きすれば設立完了

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所など様々な場所で手続きをする必要があります。必要書類と提出先などを調べるだけでも非常に時間がかかります。

freee会社設立では、書類の受取・提出場所もご案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

会社設立freee ガイド画面

設立後の準備もサポート

書類作成・提出以外にも起業家の負担になる準備・手続きは多くあります。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト

freee会社設立では、上記の手続きも可能です。

起業・会社設立の準備をお考えの方は、freee会社設立を是非お試しください。

freee会社設立

freee会社設立

freee会社設立なら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。