会社設立の基礎知識

法人成りした場合の社会保険についてわかりやすく解説

法人成りすると、それまで加入義務がない場合もある社会保険が強制加入となる場合があります。そのため、法人成りを検討している人は、社会保険についてある程度理解しておく必要があるでしょう。そこで社会保険とは何か、法人成りするとどんな影響があるかについてお伝えします。

社会保険の種類

法人成りを検討する場合、社会保険の知識は欠かせません。事業者として関わりが深い社会保険には、労働者災害補償保険と雇用保険、厚生年金保険、健康保険さらには介護保険があります。

労働者災害補償保険は略して「労災保険」と呼ばれているもので、従業員の業務上、または通勤中の病気やケガに関して補償する保険です。雇用保険は育児休業や介護休業などで収入が減少してしまう場合や離職した場合などに一定の給付を行うものです。厚生年金保険からは2種類の年金支給があります。原則として65歳以降に全国民共通の老齢基礎年金の上乗せとなる「老齢厚生年金」と、労働者の死亡時の遺族厚生年金そして障害状態になった場合の「障害厚生年金」です。健康保険は、業務上以外の病気やケガに関する給付を行う制度で、治療代や薬代の現物給付や出産休業や病気などでの休業時の手当金給付などのサポートがあります。介護保険は、介護状態になった場合に介護業者のサービスを原則として1割の負担で利用できるといった形でサポートが行われます。

法人の加入義務と保険料負担

個人事業であれば、社会保険への加入義務はないと思いがちですが、個人事業でも社会保険への加入義務が生じる場合があります。労災保険は原則として個人事業でも強制加入ですし、特定の業種を除き、一定以上の従業員がいるなどの条件を満たすと厚生年金保険や健康保険、雇用保険などの適用事業所となります。加入条件を満たさない個人事業については、労災を除く社会保険は任意加入です。実態としては、厚生年金保険や健康保険などについては加入義務がなければ社会保険に加入していない個人事業も多いといわれています。

一方で法人の場合、労災保険はもちろん、雇用保険、厚生年金保険、健康保険そして介護保険すべて加入が義務付けられています。つまり、個人事業から法人成りすると、従業員数などにかかわらずすべての社会保険制度について加入が必要です。会社は従業員の給料から労災保険以外の保険料について定められた保険料の天引きを行い、会社としても一定の保険料を負担して天引き分と合わせて納付することになります。つまり、法人成りによって社会保険料の会社負担という新たなコストが発生することになるのです。

法人成りを検討する場合は、会社負担分の社会保険料についても正確に把握したうえで判断をすべきでしょう。社会保険料は、従業員の給料やボーナスなどに対する一定率で決められています。ただし、年度ごとに料率が変わる可能性がありますので、最新の保険料率を確認したうえでコスト試算を行うことをおすすめします。

社会保険加入のメリットとは?

法人成りによって社会保険が新たなコスト負担として発生するのはデメリットと言えるかもしれません。しかし、社会保険に加入することによって、会社に生じるメリットもあります。社会保険に加入することによって会社の福利厚生が充実し、社員の採用がしやすくなったり、離職率を低下させたりするなど、人材確保面で有利になると期待できることがあげられます。

また、事業主本人にとってもメリットがあります。そのメリットとは老後の年金が増えることです。厚生年金保険に加入することによって、事業主本人分の厚生年金保険料負担が発生しますが、国民年金保険料は支払わなくてよくなります。どれくらいの事業主が役員報酬を受け取るかによって変わりますが、保険料の負担だけを考えると、国民年金保険料よりも厚生年金保険料のほうが負担は大きくなるのが一般的です。しかし、老後は国民年金からの老齢基礎年金だけでなく、老齢厚生年金も受給できるようになり年金収入を増やせます。また、国民健康保険には事業主が病気などで仕事ができなくても収入保障はありませんが、健康保険には病気などで休業した場合の収入保障にあたる傷病手当金の給付がある点もメリットと言えます。

まとめ

法人成りするかどうかは、メリットとデメリットを理解したうえで冷静に判断する必要があります。その判断要素のひとつとして社会保険があげられます。個人事業では加入していなかった社会保険でも、法人になると強制加入になり、保険料の負担が発生します。どの程度のコスト負担になるかについて、まずしっかり試算しておく必要があるでしょう。また、社会保険が強制加入になることによる会社や事業主のメリットもあります。社会保険制度やコスト負担について詳しく知りたい場合は、社会保険労務士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

法人化(法人成り)を簡単に行う方法

個人事業主から法人化(法人成り)をしたいけど、準備が煩雑で用意ができないなど、法人化の手続きにお悩みではありませんか?

法人化の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。 会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの法人化に必要な項目を入力することで、法人化に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。 会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

法人化をするときは公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

法人化した後の準備も会社設立 freeeで

法人化した後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが負担になります。

会社設立 freeeは法人化したあとのサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

法人化・法人成りの準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、法人化(法人成り)に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識