会社設立の基礎知識

手数料やメリット・デメリットから考える法人口座の選び方

起業後にやるべきことはいくつもありますが、その一つが金融機関での法人口座開設です。金融機関といっても種類はさまざまで、振込手数料や口座維持手数料、サービス内容はそれぞれ異なります。

この記事では、金融機関ごとのメリットやデメリットを踏まえて、法人口座をつくる金融機関の選び方を紹介します。

法人口座開設に必要な手続きや各金融機関のサービスについての最新情報は以下の記事にまとめています。

【法人口座】会社設立したら法人口座の開設はするべき?

会社設立の方法や事業開始前に必要な手続きについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【会社設立の流れ】準備から事業開始までに必要な手続きとは?
【会社設立後の手続き】法人登記で終わりじゃない!事業開始までにやるべきこととは?

法人口座とは

法人口座とはその名のとおり、法人名義で開設できる銀行口座のこと。

事業を営んでいれば融資を受けることもあるでしょう。その審査や融資金額の交渉をするとき、対法人相手と個人相手では融資してもらえる額に差が生じます。そのため、個人事業主ではなく会社として口座を開設しておいたほうが融資交渉において有利と言えます。

また、会社のお金を個人の口座で管理している場合、法人と個人を混同していると受け取られ、取引先からの信頼度に関わることがあるうえ、税務署に脱税を疑われるおそれもあります。

法人口座を開設するメリットとは?

法人口座を開設するメリットは財務の流れがわかりやすくなることです。銀行を介して支払いや振り込みをおこなうことにより、お金の動きがすべて通帳で把握できるだけでなく、資金の流れも明確になるので、削減すべき経費を考えやすくなります。また、手元残高も把握しやすく、資金繰りを楽におこなえるでしょう。

口座開設時に必要な書類

株式会社の最低資本金制度が撤廃されたため、起業しやすい時代となりました。一方で「振り込め詐欺」など、社会的倫理に反する会社も目立ってきています。銀行はそういった不審な会社とのやりとりをシャットアウトするべく、口座開設に慎重になっています。そのため、口座を開設する際に不審な会社ではないか判断するために次の書類や資料などの提出を求められます。

  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 印鑑登録証明書
  • 本人の公的身分証明書(運転免許証など)
  • 本社の賃貸借契約書
  • 事業内容を確認できるもの(商品説明のチラシなど)

なお、金融機関によって必要な書類や資料は変わります。詳細は口座開設を検討している金融機関のWebサイトをご覧ください。

法人口座をつくれる金融機関の種類

法人口座を開設できる金融機関の種類は以下となります。

  • 都市型銀行(メガバンク)
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • ゆうちょ銀行
  • ネット銀行

次は、それぞれの銀行の概要やメリット、デメリットを見ていきましょう。

1. 都市型銀行

いわゆる「メガバンク」とよばれる銀行です。全国な支店展開はもちろん、アジアをはじめ欧米に支店や提携銀行を持ち、グローバルなネットワークを持つ銀行もあります。代表的な銀行はこちら。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行

メリット

全国で支店を展開している都市型銀行にはネームバリューがあります。取引先銀行にするメリットは下記が挙げられます。

  • 会社の信用力があがる
  • 高額な融資にも対応できる
  • 全国に支店がある
  • 海外への振り込みに対応している

デメリット

都市型銀行は信用力が高い一方で、口座開設の審査が厳しいなどのデメリットもあります。

  • 法人口座開設の審査が厳しい
  • 担当者が転勤する可能性があり、長期的な関係を築きにくい
  • 口座維持手数料が比較的高額

2. 地方銀行

地域密着型の銀行です。ほとんどの銀行が、ある地域に限定して店舗を展開しています。都内に住んでいる、あるいは都内に事業所がある場合は「東京都民銀行」がおすすめです。都内に支店が点在しているため事業所の近くに支店がある可能性が高く、法人口座開設の手続きをしやすいでしょう。

メリット

特定の地域を中心に事業を展開している地方銀行。地域密着型のビジネスには嬉しいメリットがあります。

  • 近隣地域のお金の流れを把握している
  • 特定の地域では信用度がある
  • 都市型銀行に比べて親身に相談にのってもらえる

デメリット

都市型銀行は全国に支店がありますが、地方銀行は限られた地域を中心に支店を展開しています。事業規模もやや小さめです。そのため、下記のようなデメリットが発生します。

  • 別の地方に行った際に取り扱えない
  • 金利がやや高い
  • 高額の融資の審査期間が長い

3. 信用金庫

信用金庫は、地域繁栄を目的とした特定地域の会員による出資で「協同組織」となった金融機関です。ほとんどの場合、自宅あるいは事業所在地の最寄りにある支店以外では、口座開設の審査に通りません。なお、支店の数は「城北信用金庫」と「城南信用金庫」が二強で、下記の店舗数を保有しています(※2015年3月末現在)。

  • 城北信用金庫・・・95店舗
  • 城南信用金庫・・・86店舗

また、信用金庫で融資を受ける際は、原則、「信金会員」となる必要があります。

「信金会員」とは、その信用金庫に「出資」している法人を指します。出資は、銀行の預金と似ていますが、すぐに払い戻しができないという特徴があります。

会員となる資格は下記のとおりです。
  • 信用金庫の営業地域に住んでいる
  • 事業所を所有している
  • 従業員300人以下または資本金9億円以下である

メリット

信用金庫のメリットは、手厚く親身な姿勢で信頼関係を築けることが挙げられます。

  • 設立間もない企業や規模の小さな企業にも親身に相談に乗ってくれる
  • 都市型銀行に比べて法人口座を開設しやすい

デメリット

地域の発展を理念に掲げているので都市型銀行と比べて事業規模は小さめです。そのため、下記のデメリットがあります。

  • 他金融機関に比べて金利が高い
  • 従業員が300人以上または資本金が9億を超えると脱退しなければならない

4. ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は日本郵政公社の民営化に伴って2007年10月に誕生した金融機関です。郵便局で金融商品の手続きが可能なため、全国で利用できます。ゆうちょ銀行は預入額に上限があり、1,300万円を超える金額は預け入れができません。

メリット

ゆうちょ銀行は全国に支店があり、全国に顧客がいる場合の振込口座としての利便性が高いです。2019年から法人専用のインターネットバンキング「ゆうちょBizダイレクト」ができました。

  • 口座維持手数料は無料
  • ATMでの現金引き出しが無料
  • ゆうちょ銀行への振り込みならATMでも無料
  • 全国に支店があり、顧客からの振込口座として利用しやすい
  • 法人税の電子納税に対応している

デメリット

郵政民営化によって誕生したゆうちょ銀行。銀行としての歴史は浅く、保険や制度に対応していないほか、無料のインターネットバンキングは送金できる金額上限が厳しく、下記がデメリットとして挙げられます。なお、以前は社会保険の引き落としに使えないというデメリットがありましたが、2019年より使えるようになりました。

  • 中小企業倒産防止組合の口座に使えない
  • 無料のインターネットバンキング「ゆうちょダイレクト」を使った1日当たりの送金限度額が5万円(追加設定により最大30万円)
  • 法人専用のインターネットバンキング「ゆうちょBizダイレクト」は利用料金がかかる

5. ネット銀行

ネット銀行(ネットバンク)とは、インターネットや電話等の通信手段を使った取り引きがメインとなる銀行です。店舗数が非常に少ない銀行が多く、なかにはまったく店舗のない銀行もあります。

代表的な銀行は下記となります。

  • PayPay銀行(旧 ジャパンネット銀行)
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

メリット

お金まわりのあらゆる手続きをインターネット上でおこなえるネット銀行。店舗を持たずに人件費を抑えることで、ユーザーには下記のメリットが与えられています。

  • 24時間365日インターネット上で振り込みや決済が可能
  • 口座維持手数料がかからない
  • 振込手数料が安価
  • 預金の金利が高い

デメリット

サービスが開始されてから比較的日が浅く、「得体の知れないもの」と認識している方もいるネット銀行。下記のデメリットが挙げられます。

  • 取引先からの信頼度が低い可能性
  • 窓口で銀行側にお金まわりの相談をできない

振込手数料・維持手数料比較

振込手数料や維持手数料は、銀行や信用金庫によって大きく変わります。そこで、上記で例示した銀行の振込手数料や維持手数料を以下の表にまとめました。

なお、口座開設申込の銀行Webサイトへのリンクは、こちらのページでもご紹介しています。

※手数料は以下のものから変更になっている可能性があります。契約の前に必ずご自身でご確認ください。

同一銀行宛の場合
名称 月額基本料金 振込手数料
同一支店内 他支店・本店
3万円未満 3万円以上 3万円以下 3万円以上 5万円以上
都市型銀行 三菱UFJ銀行
BizSTATION
1,760円 110円 330円 110円 330円 330円
みずほ銀行
みずほビジネスWEB
3,300円 無料 無料 220円 440円 440円
三井住友銀行
パソコンバンクweb21ライトタイプ
無料 無料 無料 無料 無料 無料
りそな銀行
ビジネスダイレクトmini
3,300円 無料 無料 330円 330円 330円
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行
ゆうちょBizダイレクト
550円
(別途、契約料金5,500円)
100円 100円 100円 100円 100円
ネット銀行 PayPay銀行 無料 55円 55円 55円 55円 55円
楽天銀行 無料 52円 52円 52円 52円 52円
住信SBIネット銀行 無料 50円 50円 50円 50円 50円
GMOあおぞらネット銀行 無料 無料 無料 無料 無料 無料
地方銀行 きらぼし銀行
ビジネスネット
2,200円 無料 無料 110円 220円 220円
信用金庫 城北信用金庫 2,200円 無料 無料 無料 無料 無料
城南信用金庫 1,100円 無料 無料 110円 220円 220円
他金融機関宛の場合
名称 振込手数料
3万円以下 3万円以上 5万円以上
都市型銀行 三菱UFJ銀行
BizSTATION
550円 770円 770円
みずほ銀行
みずほビジネスWEB
550円 770円 770円
三井住友銀行
パソコンバンクweb21ライト
220円 440円 440円
りそな銀行
ビジネスダイレクトmini
660円 660円 660円
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行
ゆうちょBizダイレクト
220円 220円 440円
ネット銀行 PayPay銀行 176円 275円 275円
楽天銀行 168円 262円 262円
住信SBIネット銀行 160円 250円 250円
GMOあおぞらネット銀行 166円 261円 261円
地方銀行 きらぼし銀行
ビジネスネット
440円 660円 660円
信用金庫 城北信用金庫 330円 330円 330円
城南信用金庫 330円 550円 550円

振込手数料の安さは、ネット銀行がダントツ。一方、都市型銀行はややコストがかかる傾向にあります。

利用可能時間帯

インターネットバンキングの利用可能時間帯
名称 手続き可能時間帯
都市型銀行 三菱UFJ銀行
BizSTATION
月~日/8:00~23:55
祝日および祝日の前日は23:55~23:59まで利用不可
月第2土曜日は21:00~翌8:00まで利用不可
1月1日~3日、5月3日~5日、利用不可
みずほ銀行
みずほビジネスWEB
月~金/8:00~23:00
土/8:00~22:00
日/9:00~17:00
祝日、振替休日、1月1日~1月3日は利用不可
三井住友銀行
パソコンバンクweb21ライト
月/8:00~24:00
火~土・祝/0:00~24:00
日/0:00~19:00
(全日 2:00~4:00を除く)
りそな銀行
ビジネスダイレクトmini
平日/7:00~23:55
土日祝/8:00~22:00
1月1日~1月3日、5月3日~5月5日は利用不可
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行
ゆうちょBizダイレクト
8:00~23:30
第2、第3日曜日の各種サービス利用可能時間は8:00~20:00です。12月31日の利用可能時間は8:00~15:00です。1月1~3日および5月3~5日はサービスを停止します。
ネット銀行 PayPay銀行 24時間365日
楽天銀行 24時間365日
住信SBIネット銀行 24時間365日
GMOあおぞらネット銀行 24時間365日
毎日23:55~翌0:05の間は取扱いできない場合あり
地方銀行 きらぼし銀行
ビジネスネット
0:00~24:00
1月1日~3日、5月3日~5日、ハッピーマンデー(成人の日・海の日・敬老の日・スポーツの日)の前日21:00~当日6:00は、利用不可
当日扱いの振込のご利用可能時間は平日7:00~15:00、当日扱いの振替のご利用可能時間は平日7:00~21:00(当座預金への振替は、15:00まで)
信用金庫 城北信用金庫 月~金/7:00~23:00
土/7:00~22:00
日・祝/8:00~21:00
城南信用金庫 月~金、土日祝/7:00~23:00
取引履歴照会等は原則24時間可能、日祝日は一部サービスの取扱いなし

利用可能な時間の長さも、ネット銀行に軍配があがっています。

選び方のポイント

振込手数料や口座維持費、受けられるサービスなどの違いがある金融機関。選び方のポイントを、企業の状態や目的などからみていきましょう。

起業して間もない場合

起業してまもない時期は信用金庫かゆうちょ銀行がおすすめです。

信用金庫の場合はお金まわりの相談にも親身にのってもらえ、経営に慣れていない場合の相談役として活用できます。ゆうちょ銀行は口座維持費がかからないため、ランニングコストを抑えられます。また、ネット銀行よりもネームバリューがあるので、クライアントやカスタマーにも信頼を与えられます。

ハクを付けたい、または大きな融資が必要な場合

会社にハクをつけたい、または大きな融資が必要な場合には、都市型銀行がおすすめです。都市型銀行のブランド力は、企業を相手にする際に信頼感を与えることができます。高額な融資が必要な場合でも、事業規模の大きな都市型銀行の方が大口の融資を受けられるでしょう。

ふたつめの口座を開設したい場合

ふたつめの口座を開設したい場合、メインバンクの種類によっておすすめの金融機関は異なります。メインバンクが都市型銀行や信用金庫の場合は、ネット銀行やゆうちょ銀行がおすすめ。口座維持手数料がかからずに、安価な振込手数料でお金まわりを動かせます。あわせてネットバンキングのサービスを利用すれば、24時間振り込みや決済をおこなえます。

一方、ネット銀行やゆうちょ銀行をメインバンクとしている場合は、都市型銀行や信用金庫がおすすめです。都市型銀行の口座を開設すればクライアントへの信頼度が増すだけでなく、融資を受けられる金額も高くなります。また、信用金庫に口座を開設すれば、銀行側とお金まわりの相談もおこなうことができるでしょう。

ネットショップを開業する場合

オンラインでの決算が多いネットショップを開業する場合、ネットバンキングがおすすめです。海外にいる顧客を相手にした振り込みや入金受け取りでも、24時間365日決済が可能。時差や利用可能時間帯にわずらわされることなく、スピーディな取引をおこなえます。

取引先がオフィス近郊に限定されている場合

取引先がオフィス近郊に限定されている場合は地方銀行がおすすめです。地域によっては同じ地方銀行を使用している企業もあり、振込手数料を節約することできます。また、相手先にも馴染みの深い銀行名であるため、信頼感を与えられるでしょう。

まとめ

おすすめの金融機関は企業によって異なります。「取引先の数が多く、振込手数料がかさんでしまった」「事業の相談ができずに困った」といった後悔をしないためにも、自分の会社の状態を把握して法人口座を開設する金融機関を選ぶと良いでしょう。

会社設立を簡単に行う方法

会社設立時には、多くの手続きが発生します。

準備が煩雑である、販路の確保や売上を上げることに集中することができないなど、お悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

数項目を入力するだけで書類が作成できる

社名や資本金などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な書類が自動で作成できます。

1度入力するだけで、11種類の書類の出力が可能で、転記が必要ありません。

会社設立freee 入力画面

会社設立freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで費用が無料に

コストを削減したいなら紙定款よりも、収入印紙代がかからない電子定款がおすすめです。

会社設立freeeは電子定款の作成にも対応しています。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストを削減できます。

今ならクラウド会計ソフトfreeeもしくは人事労務ソフトfreeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って手続きすれば設立完了

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所など様々な場所で手続きをする必要があります。必要書類と提出先などを調べるだけでも非常に時間がかかります。

会社設立freeeでは、書類の受取・提出場所もご案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

会社設立freee ガイド画面

設立後の準備もサポート

書類作成・提出以外にも起業家の負担になる準備・手続きは多くあります。

例えば、以下の準備が会社設立freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト

これらの準備も会社設立freeeから可能です。

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立freeeを是非お試しください。

会社設立 freee

会社設立freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。