会社設立の基礎知識

夫よりも稼げる?主婦が起業するときに気をつけるべきこと

起業する人の人口が増えると同時に、主婦の方の起業も増えているようです。起業というと、会社の運営を含め、大変そうなイメージを持たれると思いますが、実際のところはどういうものなのでしょうか。今回は主婦の起業について紹介します。

主婦の起業のメリット

主婦の方が起業するメリットとしては、パートやアルバイトとは違い、場所に拘束されずに仕事をすることができることや、家事や育児などのスキマ時間を利用して仕事をすることができることが挙げられるでしょう。空いた時間をうまく活用することで事業を運営し、うまく収入を得ているケースも少なくありません。

主婦の起業のポイント

主婦の起業する場合、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

まずは個人事業主として事業を開始してみる

自分のやりたいと思っている事業内容が成功するのかわからないことが多い主婦の起業では、まず事業を個人事業主として開始してみることをおすすめします。会社の設立には20万円ほどのお金がかかります。個人事業主としてある程度の実績や目処が立ったところで法人化の検討を始めたほうがよいでしょう。

控除などを検討する必要がある

個人事業主として事業を始めるのであれば、税金の控除のことを考えなければなりません。

まず、配偶者控除の対象になる範囲は個人事業主として得た所得が38万円以下の場合となります。また、所得税や健康保険などの加入条件も考えなければなりません。もちろん事業である程度の利益が出るのであれば、控除のことを考えずに済みます。複雑すぎてわからないという場合には、税理士の方などに相談してみるのもよいでしょう。

主婦の起業で人気の業種

ECサイトの運営

ECサイトの運営は初期費用が安価で済むため、人気があります。海外の商品を輸入して販売するサイトを行っている人や、自分が作った手作りの製品の販売を行っている人が多いようです。サイトの作成などはかなり敷居が下がってきており、手軽にできるものといえるでしょう。

自分のスキルを活かす

主婦の方の場合、仕事のスキルを活かす場所として起業をする場合も多いようです。例えば、デザイン系の仕事をしていた場合などは、フリーランスとしてデザインの仕事を請け負うことで、収入を得ることができるでしょう。

まとめ

今回は主婦の起業について紹介しました。手軽に始められる職業が増えてきているようですので、自分に合うものを選び、検討してみるといいのではないでしょうか。

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識