会社設立の基礎知識

履歴事項全部証明書とは?提出が必要な場面や取得方法について分かりやすく解説

履歴事項全部証明書とは?提出が必要な場面や取得方法について分かりやすく解説

履歴事項全部証明書とは、法人番号や資本金額などの会社情報を証明するための書類です。法人設立後の届出や保険への加入など、多くの場面で提出が求められます。

履歴事項全部証明書は法務局の窓口だけでなく、オンラインでの取得も可能です。

本記事では、履歴事項全部証明書が必要になる場面や登記簿謄本との違い、取得方法などについて詳しく解説します。

目次

会社設立の手続きがカンタンになるfreee会社設立

会社設立の手続きや準備はfreee会社設立でカンタンに!
必要項目を入力すれば、会社設立前後に必要な書類を無料で一括出力できます。

設立社数50,000社以上のfreee会社設立なら初めての方もあんしん!
まずはお気軽にご相談ください!

履歴事項全部証明書とは

履歴事項全部証明書とは、法人番号や資本金額などの会社情報を証明するための書類です。 履歴事項全部証明書には、現在の会社情報に加えて交付請求日の3年前の年の1月1日以降の情報が記載されています。

主な記載事項は、以下のとおりです。

履歴事項全部s表明書の記載事項

  1. 会社法人番号
  2. 商号 / 原因年月日 / 登記年月日
  3. 本店所在地 / 原因年月日 / 登記年月日
  4. 公告をする方法
  5. 会社設立年月日
  6. 目的(事業内容)
  7. 発行可能株式総数
  8. 発行済株式の総数並びに種類及び数
  9. 株券を発行する旨の定め
  10. 資本金の額
  11. 株式の譲渡制限に関する規定
  12. 役員に関する事項 / 資格 / 氏名等 / 原因年月日 / 登記年月日
  13. 取締役会設置会社に関する事項
  14. 監査役設置会社に関する事項
  15. 登記記録に関する事項

出典:法務局「登記事項証明書記載例」

会社の基本情報が記載された履歴事項全部証明書は、法人が行うさまざまな手続きに提出が必要になります。そのため、提出が求められたときにすぐに用意できるよう、取得しておくことがおすすめです。

履歴事項全部証明書の提出が必要になる場面

履歴事項全部証明書は、以下の場面にて提出が求められます。

  • 法人設立後の届出
  • 各種保険への加入
  • 法人名義での契約
  • 登記内容の変更
  • 融資・助成金・補助金の申請
  • 許認可申請

これらの手続きでは添付書類として必ず履歴事項全部証明書が必要になるため、早めに取得しておきましょう。

法人設立後の届出

法人設立後は、都道府県税事務所や市区町村役場にて法人設立届出書の提出を行います。履歴事項全部証明書は、法人設立届出書の添付書類として必要です。

なお、この届出は法人設立後2ヶ月以内に行わなければならないため、遅れないように注意してください。

また、法人設立届出書は税務署への提出も必要ですが、添付書類は定款のコピーのみで、履歴事項全部証明書の提出は必要ありません。

【関連記事】
【会社設立後の手続き】法人登記で終わりじゃない!事業開始までにやるべきこととは?

各種保険への加入

社会保険・労働保険へ加入する際、添付書類として履歴事項全部証明書が必要です。

社会保険の加入手続きは管轄の年金事務所で、労働保険の加入手続きは労働基準監督署・公共職業安定所(ハローワーク)で行います。

保険への加入は会社設立後すぐに行わなければならないため、間に合うように必要書類も早めに準備しておきましょう。


出典:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 新規加入に必要な書類一覧」

法人名義での契約

新しく事務所を借りたり、法人口座を開設したり、法人名義での契約手続きをするときの情報確認として履歴事項全部証明書の提出が求められます。

ほかにも法人名義のクレジットカードを申し込んだり車を購入したりするときにも提出が必要になるケースがあります。

登記内容の変更

事務所の住所や取締役など、登記内容が変更された場合には手続き(変更登記)が必要です。このとき、現在の会社情報を証明するために、添付書類として履歴事項全部証明書を提出しなければなりません。

【関連記事】
変更登記とは?商業登記・法人登記の違いや手続きを解説

融資・助成金・補助金の申請

金融機関からの融資や、国・自治体の助成金・補助金制度を申請するときにも履歴事項全部証明書の提出が求められます。

なお、これらの申請時には、履歴事項全部証明書以外にも定款のコピーや決算書類が必要になることもあるため、事前にホームページで確認しましょう。

【関連記事】
会社設立時に最適な助成金・補助金は?金額・条件・申請方法を一覧で紹介

許認可申請

建設業や人材派遣業など、特定業種を行うためには許認可申請をしなければなりません。許認可申請を行う際にも履歴事項全部証明書が必要です。

ほかにも許認可申請では貸借対照表や定款などの提出が求められます。


出典:国土交通省「許可申請の手続き」

【関連記事】
許認可とは?取得しない場合のペナルティや申請方法について解説

履歴事項全部証明書と登記簿謄本(登記事項証明書)の違い

登記簿謄本(登記事項証明書)とは、履歴事項全部証明書・、現在事項証明書・閉鎖事項証明書・代表者事項証明書の総称です。つまり、履歴事項全部証明書は登記簿謄本の1種であり、厳密には扱いが異なります。

それぞれの証明書の内容は以下のとおりです。

証明書の種類記載内容
履歴事項全部証明書交付請求日から3年前の年の1月1日以降のすべての登記事項
現在事項証明書交付請求日の時点で有効な登記事項
閉鎖事項証明書登記簿に記載されなくなった登記事項
代表者事項証明書会社の代表者がもつ代表権に関する登記事項のうち効力があるもの

登記簿謄本(登記事項証明書)について詳しく知りたい方は、別記事「登記簿謄本(登記事項証明書)とは?会社設立後に必要となるパターンや取り方などを解説」をご確認ください。

履歴事項全部証明書の取得方法

履歴事項全部証明書の取得方法は以下の3つです。

履歴事項全部証明書の取得方法

  • 法務局の窓口
  • 法務局への郵送
  • 登記・供託オンライン申請システム

なお、履歴事項全部証明書は、会社の関係者にかかわらず誰でも取得できます。

法務局の窓口にて交付申請を行う

履歴事項全部証明書は会社所在地の管轄に関係なく、全国の法務局窓口で申請・取得できます。

法務局の窓口で交付申請を行う際は、登記事項証明書交付申請書の「①全部事項証明書(謄本)」の「履歴事項証明書」にチェックをして提出します。


履歴事項全部証明書とは?提出が必要な場面や取得方法について分かりやすく解説

出典:法務局「登記事項証明書交付申請書」

法務局窓口の営業時間は、平日の9:00〜17:00で土日祝はお休みになるので注意しましょう。

法務局に郵送で交付申請を行う

登記事項証明書交付申請書を郵送しても履歴事項全部証明書を取得できます。

ただし、郵送の際は600円の収入印紙が必要です。また、証明書を返送してもらうために、自身の住所を記入し切手を貼り付けた返送用の封筒も忘れずに同封しましょう。

履歴事項全部証明書は、郵送してからおよそ数日以内に送られてきます。

登記・供託オンライン申請システムで交付申請を行う

履歴事項全部証明書の交付申請はオンラインでも可能です。登記・供託オンライン申請システムに登録し、「かんたん証明書請求」からすぐに交付申請できます。

オンラインでできるのは申請のみで、受け取りは法務局の窓口か郵送を選択します。電子データでの取得はできないので注意しましょう。

登記・供託オンライン申請システムによる交付申請は、取得にかかる手数料が最も安くおすすめです。


出典:法務省「オンラインによる登記事項証明書及び印鑑証明書の交付請求について(商業・法人関係)」

履歴事項全部証明書の取得にかかる費用

履歴事項全部証明書の各取得方法にかかる費用は以下のとおりです

取得方法費用
窓口600円
郵送600円
登記・供託オンライン申請システム窓口で取得:500円
郵送で取得:480円

取得にかかる費用を抑えたい場合は、登記・供託オンライン申請システムを利用しましょう。

まとめ

履歴事項全部証明書とは、法人番号や資本金額などの会社情報を証明するための書類で、4種類ある登記簿謄本(登記事項証明書)のうちの1つです。

履歴事項全部証明書は保険への加入や融資を受ける際などに必要で、法人を運営する多くの場面で提出が求められます。

また、履歴事項全部証明書は法務局窓口や郵送、登記・供託オンライン申請システムにて交付申請・取得ができます。なお、取得には手数料を支払う必要があるため、注意してください。

自分でかんたん・あんしんに会社設立する方法

会社設立の準備から事業開始までには、多くの書類や手続きが必要になります。書類の転記をするだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

freee会社設立は株式会社だけでなく、合同会社の設立にも対応しています。設立件数30,000社以上の実績をもつfreee会社設立なら、初めての方もあんしんしてご利用いただけます。

起業ダンドリコーディネーターが完了までサポートしてくれるからあんしん!

初めての会社設立では、書類の書き方や提出先、設立後の手続きなどさまざまな場面で不安を抱えてしまうこともあるでしょう。

freee会社設立では、会社設立に詳しい起業ダンドリコーディネーターが常駐しており、設立準備から登記後に必要な手続きまでを完全無料で並走・サポートします。

相談方法はオンライン面談、LINE相談、電話、メールなどから選べます。まずお気軽に問い合わせフォームからおためし相談(最大30分)の予約をして、ご自身のスケジュールや設立手続きに関する疑問や不安を解消しましょう。

起業ダンドリコーディネーターの詳細はこちら

入力項目・次にやること、すべて画面上で把握できる

freee会社設立では、必要項目を記入していくだけで会社設立に必要な書類を作成することができます。また、登記の際に必要となる会社印も同時に購入が可能です。


freee会社設立 入力画面

freee会社設立は株式会社だけでなく、合同会社の設立にも対応しています。

会社名や資本金額など必要項目を入力すると、定款(ていかん)をはじめとする会社設立に必要な約10種類の書類を自動で作成します。

<freee会社設立で出力できる書類の一例>

  • 定款
  • 登記申請書
  • 印鑑届出書 など
ほかにも、会社設立後に役所へ提出が必要な「法人設立届出書」の作成や法人口座の開設、法人用クレジットカードの申請にも対応しています。

設立にかかるコストを削減できる

設立費用を削減したい方には電子定款がおすすめです。紙の定款では、収入印紙代40,000円がかかりますが、電子定款ではこれが不要となります。

freee会社設立は電子定款にも対応しており、電子定款作成に必要な機器やソフトの準備なども必要がないため、自分で作成するよりもコストを抑えることができます。

<設立にかかる費用の比較例>


設立にかかる費用の比較例

(1)freee会計を年間契約すると、無料になります。
(2)紙定款の印紙代(40,000円)

会社設立の準備を進めながら、バーチャルオフィスの申し込みが可能!

会社設立するためにオフィスの住所が必要になります。
自宅をオフィス代わりにしている場合は、自宅の住所でも問題ありませんが、公開情報となってしまうので注意が必要です。

自宅兼オフィスのように実際の住所を公開したくない場合や、管理者や所有者に物件の法人登記が認められていない場合は、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。

freee会社設立では、会社設立に必要な書類を無料で作りながら、バーチャルオフィスの申し込みもできます!
まずはこちらからfreee会社設立に無料で登録してみてください!

自分で手続きする時間のない方には「登記おまかせプラン」がおすすめ!

「初めての会社設立で不安」、「自分で手続きする時間がない」という方には、司法書士が手続きまで代行してくれる登記おまかせプランがおすすめです。

設立代行の費用相場は10万円前後ですが、freeeの登記おまかせプランは一律5万円で利用できます。※海外在留者が出資者・役員の場合等の特殊ケースを除く

登記おまかせプランの利用方法等の詳細は、freee会社設立の無料登録が完了後にメールにてご案内します。

会社設立の準備をお考えの方は、ぜひ登録無料のfreee会社設立をお試しください。

よくある質問

履歴事項全部証明書とは?

履歴事項全部証明書とは、法人番号や資本金額などの会社情報を証明するための書類です。履歴事項全部証明書は、保険への加入申請や許認可申請時などで提出が求められます。

詳しくは記事内「履歴事項全部証明書とは」をご覧ください。

履歴事項全部証明書は誰でも取得できる?

履歴事項全部証明書は、誰でも取得可能です。ただし、取得する人にかかわらず手数料の支払いは必要なので、ご注意ください。

詳しくは記事内の「履歴事項全部証明書の取得方法」をご覧ください。

履歴事項全部証明書と登記簿の違いは?

履歴事項全部証明書と登記簿は同じものを指しますが、厳密にいうと履歴事項全部証明書は登記簿の1種です。登記簿にはほかにも、現在事項証明書や閉鎖事項証明書など全部で4種類があります。

詳しくは記事内の「履歴事項全部証明書と登記簿謄本(登記事項証明書)の違い」をご覧ください。

会社設立の手続きがカンタンになるfreee会社設立

会社設立の手続きや準備はfreee会社設立でカンタンに!
必要項目を入力すれば、会社設立前後に必要な書類を無料で一括出力できます。

設立社数50,000社以上のfreee会社設立なら初めての方もあんしん!
まずはお気軽にご相談ください!