会社設立の基礎知識

カフェを起業するためには500万円は必要。飲食店を作る際に必要な初期投資費用まとめ

料理が好き、お酒が好き、コーヒーが好き、おしゃれな空間が好き――そんな「好き」を飲食店経営で形にしたいという人は少なくないかと思います。実際に飲食店を考えたとき、いちばんに「初期費用」を気にする人も多いのではないでしょうか。

今回は飲食店のうち特に小規模でスタートできるカフェを開業するために必要な初期投資費用についてまとめました。

店舗を借りるときにかかる費用:100万円〜

カフェを開業するとき、はじめに必要となるのは店舗を借りる費用。借りはじめる際には以下のコストがかかります。

  • ・不動産仲介手数料
  • ・1ヵ月分の前家賃
  • ・敷金
  • ・礼金
  • ・保証金

これらを合わせると、おおよそ初期の店舗賃料は都内であれば100万円〜。地方や田舎であれば50万円~となりそうです。もちろん広さや立地によってはさらに高額になることも。また、ショッピングモールなどの物件は保証金も高いケースも少なくありません。

なお、月額の家賃は売り上げ目標の1割以内で支払える金額が理想といわれてます。

内装にかかる費用:100万円〜

店舗を借りたら、次は内装工事です。
飲食店として使用されておらず、排水設備やガス工事などが必要な場合は1,000万円以上かかってしまう場合もあります。しかし、以前も飲食店だった居抜き物件であれば、改修と改装で済むので100万円~とかなり節約できます。

工事業者に依頼するときは複数の業者に見積もりを依頼し、比較しましょう。その際は飲食店やカフェの店舗設計・工事経験がある実績のある業者にした方が安心です。

また工事業者にお願いするほかにも、自分で内装工事をするという方法も。手作り感が魅力的なお店にできますし、技術次第では理想に近い店舗を作れます。施工途中でイメージを修正したい場合もフットワーク軽く動けます。なによりも大きなメリットは起業資金の節約できることでしょう。

設備にかかる費用:200万円〜

カフェをオープンするためには設備や器具も必要です。おもに以下のアイテムにコストがかかります。

  • ・厨房機器
  • ・空調設備
  • ・冷蔵庫
  • ・シンク
  • ・食器
  • ・調理用具
  • ・店内家具
  • ・インテリアグッズ

これらをイチからすべてを新品で買うとなると、かなりの金額に。そのため、リサイクルショップを利用して購入する人も多いようです。
中古ではおおよそ定価の3分の1程度、合計で2〜300万円で揃えられます。

ただし、エスプレッソマシンを揃えてコーヒーにこだわりたい、ピザ釜を作って美味しいピザを提供したいなど、こだわればこだわるほどコストはかさみます。しかし、それ自体が他店との差別化できる要素。こだわる点と妥協する点をしっかり決めておいたほうがよいでしょう。

また厨房機器のレンタルリースという選択肢もあります。月々のコストはかかり続けますが、初期に多くの資金を用意できない場合は検討しても◎。故障の保証等もきくので安心感もあります。

ランニングコスト:100万円〜

オープン初月からお客さんで賑わい黒字経営ができるのは理想的。しかし、残念ながらすぐに軌道に乗るケースはかなり少ないと考えておいたほうが良いでしょう。

売り上げがしばらくあがらなかったり何か問題があったりしたときでも、しばらくはお店を続けられるようにランニングコストも用意しておきます。

最低でも3ヶ月〜半年は赤字でも食材費や人件費、家賃などの費用がまかなえる程度の100万以上は用意しておくことをオススメします。

カフェの起業を思い立って、自分の理想通りのお店を作りたいと思えばお金はいくらあっても足りません。いかに資金の節約をしながら自分の理想に近づけていくか、またお客さんのニーズを満たせるかを考えながら、素敵なカフェ作りを進めてくださいね。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。 会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。 会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識