会社設立の基礎知識

女性の起業に役立つ情報に関してまとめました

最近では、女性の社会進出も増え、起業を志す女性も増えてきました。起業という面に関していえば、男性よりも女性の方が割合が高いものもあり、多くの方が起業に関心を持っているようです。今回は、女性の起業について情報を紹介していきます。

女性ならではの起業のアイデアを生かす

女性の起業の利点としては、女性ならではの視点を起業のアイデアとして生かせる点ではないでしょうか。ビジネスの多くは男性が作っていることもあり、なかなか女性の視点が入っていないものが多いです。特に女性向けのビジネスは、なかなか男性では生まれにくい発想が必要になるでしょう。

女性が起業するには

一般的な起業では、まず何をしたいのか、そして何をすることで会社を運営するのかを考える必要があります。自分がやりたいと思っていないような業種での起業は大きな負担になりますし、反対に自分がやりたいと思っていても会社として収益が生み出せないものであれば運営することが難しくなってしまいます。ですから、自分がやりたいと思っていることで、かつ収益が出そうなものを選択していくことになるでしょう。

「小さく始める」という選択肢も

起業をしようと思うとどうしても大きなことをやり遂げるというマインドになってしまい、リスクのあるものだと思いがちですが、個人事業主や副業としてスタートし「小さく始める」ことも可能です。

自分で取り組んでみたいことで起業しようと思ったら、まずは副業や個人事業主として始めてみて、どれぐらいの収益が見込めるのかを見極めてみましょう。

女性向けの助成金や補助金も

起業をする人に非常に人気が高いのが、返済の必要がなく創業資金を作り出すことができる補助金や助成金です。

こうした補助金や助成金は国や地方自治体などが募集しているものなのですが、女性の社会進出を促進する政策が進んでいることもあり、女性向けのものもあります。こうした補助金や助成金は募集期間や応募要件が決まっているので、一度確認してみるとよいでしょう。

まとめ

起業を志す女性の数は今後更に増えていくと思われます。起業したいと思っている方は、まずリサーチからはじめ、個人事業主や副業としてスモールスタートを重ね、最終的な起業を目指すとよいでしょう。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。 会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。 会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識