会社設立の基礎知識

エクササイズ、瞑想etc. 成功している女性起業家が行っている習慣まとめ

「起業家」「経営者」と聞くと男性を思い浮かべがちですが、世界には女性の起業家も数多く存在します。彼女たちは多くのライフイベントがある中で、ビジネスを成功させるために忙しい毎日を過ごしています。

今回は成功した女性起業家たちが、健康維持やワークライフバランスを保つために習慣にしていることをまとめました。

女性起業家がおこなっている習慣

成功を収めている女性起業家は、ビジネスのことだけでなく自分自身の健康や美容にもつながる習慣を欠かしていない人が多いようです。

1. 時間管理

ファッションデザイナーであり起業家でもあるローレン・コンラッド氏は時間を効率的に利用するために、翌日のTODOリストをベッドサイドに置いておき、翌朝一番にチェックするそうです。
本の執筆をしたりプライベートでは頻繁にパーティーを主催したりするなど、いつも活動的に過ごすための秘訣ですね。

2. 早起き

女性の起業家に限らず、世界で成功している起業家は総じてみな早起き。
早朝に起きて時事ニュースをチェックしたり1日のスケジュールを把握したり。はたまた自分磨きの時間に費やす人も多いようです。
例えばファッション雑誌「VOGUE」の編集長であるアナ・ウィンター氏は夜明け前に起きて、1時間のテニスを楽しんでいるのだとか。

3. 質の良い睡眠をとる

ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の創設者・編集長であるアリアナ・ハフィントン氏はより良い睡眠のために、寝室には携帯などの電子機器は持ち込まないそう。またSNSサイト「Facebook」のCOOであるシェリル・サンドバーグ氏も就寝時には携帯、パソコンの電源をオフにして睡眠を妨げないようにしています。

4. ヨガや瞑想、エクササイズなど

忙しい毎日を過ごすためには健康であることが重要です。
定期的なエクササイズを行ったり、心身リラックスするためのヨガを1日の終わりに行ったりする起業家も多いようです。
また瞑想も起業家や経営者に人気の習慣のひとつ。
たとえばテレビ番組司会者兼プロデューサーであるオプラ・ウィンフリー氏は、瞑想を1日に2回行うのだとか。瞑想をすることでネガティブな思考を頭から追いやったり、集中力や創造力を高めたりする効果が期待できるそうですよ。

5. 本をたくさん読む

トレンダーズ株式会社の創業者である経沢香保子氏をはじめ、「本を読むこと」を習慣にしている女性起業家も多くいます。
家庭をもっていて家事や育児がある女性起業家でも、隙間時間に新たな世界を知ったり知識を得たりできるのは魅力的ですよね。
新たな世界を知るという点では、行ったことのない場所に旅行へ行ったり、新しいスポーツにチャレンジしてみたりすることを習慣づけている人も多くいます。

コラム:これから起業する女性におすすめの助成金・融資

起業マインドや習慣が身についても起業するための資金が足りない……という方におすすめの助成金、融資をご紹介します。
助成金とはある一定の条件を満たしていれば返済不要のお金がもらえる制度なので上手に活用してみましょう。

日本政策金融公庫:女性・若者・シニア起業家支援資金
女性または30歳未満か55歳以上の方で、新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方対象に7,200万円を限度として融資をしてくれる制度。
詳細は日本政策金融公庫の公式サイトへ。

日本政策金融公庫:新創業融資制度(女性の小口創業特例)
女性の小口創業を支援するための制度。
新事業融資制度の対象要件(雇用の創出を伴うこと、経済活性化につながる事業、創業予定の業種の企業での勤務経験)が撤廃され、300万円以内の小口融資の場合のみに適用されます。
詳細はこちらでご確認ください。

女性起業サポートセンター:女性新ビジネスプランコンペティション
女性の新ビジネスをサポートするためのビジネスコンテスト。
過去5回実施されていて、受賞者には最大1,000万円の事業奨励金が支給されます。
詳細は日本政策投資銀行の公式サイトでご確認ください。

成功した女性起業家に共通する習慣は、オンとオフの切り替えを上手に行うための習慣ともいえます。起業する上では自分自身が一番の資本。自分の心身の健康のためにも自分と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。
今日からあなたも試してみてください。

会社設立を自分でカンタンにする方法

会社設立の準備から事業開始までには、多くの書類や手続きが必要になります。書類の転記をするだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

少しでも手間を軽減したい方には、カンタンに登記書類が作成できるfreee会社設立を使って、ご自身で設立手続きをすることをおすすめします。自分で手続きする時間がない方には、司法書士が手続きまで代行してくれる「登記おまかせプラン(有料)」もご用意しています。

freee会社設立を利用した際の代表的なメリットを紹介します。

流れに沿ってすすめるだけで会社設立が完了!

freee会社設立では3ステップに分かれて設立完了までをサポートします。また、登記の際に必要となる会社印も同時に購入することができます。

freee会社設立 入力画面

freee会社設立は株式会社だけでなく、合同会社の設立にも対応しています。

会社名や資本金額など必要項目を入力すると、定款(ていかん)をはじめとする会社設立に必要な約10種類の書類を自動で作成します。

<freee会社設立で出力できる書類の一例>

  • 定款
  • 登記申請書
  • 印鑑届出書 など
その他、出力可能な書類はこちらのページをご参照ください。

設立にかかるコストを削減できる

設立費用を削減したい方には電子定款がおすすめです。紙の定款では、収入印紙代40,000円がかかりますが、電子定款ではこれが不要となります。

freee会社設立は電子定款にも対応しており、電子定款作成に必要な機器やソフトの準備なども必要がないため、自分で作成するよりもコストを抑えることができます。

<設立にかかる費用の比較例>

設立にかかる費用の比較例

(1)freee会計を年間契約すると、無料になります。
(2)紙定款の印紙代(40,000円)

設立後から事業開始までに必要な手続きもサポート!

会社を設立したあとも、事業開始までに必要な手続きが複数あります。

freee会社設立では、役所へ提出が必要な「法人設立届出書」をはじめとする書類の作成や、提出先の役所の案内まで手厚くサポートします。他にも、法人口座の開設や法人用クレジットカードの作成の申請も同時に行うことができます。

さらに、クラウド会計ソフト「freee会計」を利用すれば、事業開始後の経理管理も楽になり、一人社長の会社でも安心です。

会社設立の準備をお考えの方は、ぜひ登録無料のfreee会社設立をお試しください。

freee会社設立

freee会社設立

freee会社設立なら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。