会社設立の基礎知識

会社設立にかかる費用は?最低約6万円から設立可能

会社設立イメージ図

会社設立にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか? 結論からいうと会社は約6万円あれば設立できます。

株式会社・合同会社の設立にかかる最低限の費用

まずは、定款の作成から登記までにかかる費用をみていきましょう。

株式会社の場合

定款に貼る収入印紙代 → 4万円(電子定款の場合は不要)
公証人に払う手数料(定款の認証)→ 5万円
定款の謄本手数料(登記)→ 2,000円程度(1ページ250円)
登録免許税(登記)→ 15万円または資本金の額の0.7%のうち高い方
合計:21万円から25万円ほど

合同会社の場合

定款に貼る収入印紙代 →4万円(電子定款の場合は不要)
定款の謄本手数料(登記)→ 不要
登録免許税(登記)→ 6万円または資本金の額の0.7%のうち高い方
合計:6万円から10万円ほど

つまり、合同会社を選べば、6万円から設立できることになります。
それに対し株式会社は、登録免許税と定款の認証の手数料の関係で、15万円ほど高くつきます。

設立費用の比較

合同会社 株式会社
収入印紙代(電子定款の場合不要) 4万円 4万円
公証人手数料 5万円
定款の謄本手数料 2,000円程度(1ページ250円) 2,000円程度(1ページ250円)
登録免許税 6万円 15万円
最適金額 約6万円〜 約20万円〜

会社の運営にはさらに費用がかかる

上記の金額は登記にかかる金額となりますが、実際の会社運営にはさらに多くの資金が必要になります。
実際に事業を運営するためにいくらかかるのか、事業計画を立てて検討しましょう。

会社設立 freeeのご案内

会社設立freee画面

会社設立 freeeは、会社設立に必要な書類の作成や、印鑑の購入、クレジットカードの申し込みが可能なサービスです。

一般的に、登記書類を作成できるサービスなどは費用がかかってしまうことが多いですが、会社設立 freeeは登録無料。(専門家のサポートなど、一部サービスは有料となります)費用の負担をなるべく軽減いたします。

合同会社の設立も可能。費用を安く抑えたいという人でも、ご利用いただきやすいサービスです。

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識