会社設立の基礎知識

事業計画書の書き方とは?事業計画書作成に活用できる厳選書籍まとめ

事業計画書は、ビジネスに必要な事業資金を調達するための鍵となる書類です。
自分のビジネスを構成する要素について、冷静且つわかりやすく伝えるのはもちろん、「この人じゃないと無理だな」「この人に任せたい」と思わせるほどの熱がこもっている事業計画書なら、出資や融資を得やすくなるでしょう。その意味で、事業計画書はビジネスへの「協力者集め」のツールだともいえるのです。

では、冷静且つ情熱のこもった事業計画書を作成するには、どうすればいいのでしょうか。この記事では、事業計画書の基本要素と、新規事業支援の専門家が執筆・監修した、事業計画書のコツや裏側を学べる参考書籍などをご紹介します。

目次

なぜ事業計画が必要なのか?

事業計画書とは、事業内容や企業の戦略・収益の見込みなどを説明するための文書です。事業の立ち上げや継続に必要な資金を調達するために必要になります。
企業が調達する資金の出所としては、返済義務のある「融資(借入)」と、返済義務のない「出資・投資」に分かれます。
融資の場合は、地方自治体や日本政策金融公庫からの公的金融機関、銀行や信用金庫などの民間金融機関、あるいはソーシャルレンディングなどが候補となります。
返済の必要がない出資や投資の場合、ベンチャーキャピタルや個人投資家(エンジェル投資家)に株式を渡すのと引き換えに、資金を調達します。
いずれにせよ、説得力のある事業計画書がなければ、資金を引き出すことはできません。返済できないことが想定される事業者には誰もお金を貸しませんし、将来的に大きく成長できる可能性が感じられない企業には、誰も出資しないからです。
事業計画書で将来にわたる事業の継続的な収益性を示すことで、金融機関や投資家から信頼を得ましょう。

事業計画書、いる?いらない?

事業計画書は、自分の事業を客観的に見つめ直し、改善するヒントにもなる文書でもあります。直近で資金調達の予定がなくても、作成してみるといいでしょう。

「事業計画なんて必要ない。できる限り多く売上を伸ばして、出費を抑えればいいんでしょ」と思われている方もいるかと思います。
しかし、売上を予想することで節税も計画できますし、実績のない企業が人材を集めようとしたときにも、事業計画書があれば魅力を伝えられます。
新しい事業を始めるのであれば、作っておいたほうがいいでしょう。

こちらは、低金利で創業融資を行っている日本政策金融公庫の提供する「創業計画書」のフォーマットです。A3版の用紙1枚のみです。日本政策金融公庫のホームページでは、創業計画書のフォーマットがダウンロードできるほか、さまざまな事業の記入例も閲覧できます。

 after-found-plan_1.png


引用元:日本政策金融公庫

このように、資金を提供する側が用意しているフォーマットがあれば、まずはそれを使って事業計画書を作ってみてもいいでしょう。

事業計画には何を書けばいいの?

事業計画の作り方ですが、まず事業の目的や内容、戦略を書いていきます。基本的に文章で説明する必要がありますが、図なども使うと効果的に説明できるでしょう。その上で、売上や利益の予測、資金繰りの予測をスプレッドシートなどで立てていきます。この予測を基に、開業時にいくらお金が必要なのか、自分だけでお金を出資できそうなのかを考えていきます。
もし、資金を借りたり、出資を受けたりする必要があれば、この事業計画を基に、銀行や投資家に自分の事業を説明し、お金を出してもらいます。「○年間でこれだけ利益が出て、お金を返せそう、配当を出せそう」と説明することが重要になります。

事業計画に盛り込む内容

事業計画書に盛り込むべき内容の代表例をご紹介します。これらすべてを盛り込む必要はありませんので、取捨選択して使ってください。

・創業者のプロフィール(創業メンバーも)
「なぜこの人(このメンバー)ならこの事業を成功させられるのか」がわかるようなプロフィールにしましょう。事業内容と直接関係ない過去を綴ってアピールしても逆効果ですので、気を付けたいところです。

・ビジョン・理念・目的
ビジネスの経験が乏しくても、「事業を通じて、このようにお客様に喜んでほしい」「こんな社会にしたい」という情熱や野望が伝われば、資金調達の実現に近づきます。

・事業の概要
ビジョンを実現するためのビジネスモデルを、客観的・具体的に伝えます。

・自社のサービスや商品の強みや特徴
競合他社と同じ事業に参入しても、社会的な意味は薄いかもしれません。ライバルを研究し、自社にしか提供できない商品価値を生み出すなど、代替が利かない独自性を伝えます。

・市場環境、競合について
市場のニーズや事業に関連する政策の動向、競合他社の存在など、事業を取り巻く環境を端的に伝えます。

・販売やマーケティング戦略
どんなにいい商品やサービスでも、世間の需要を発掘し、顧客を獲得できなければ、ビジネスとして回りません。アイディア重視型の新規事業ではおろそかになりがちの要素です。どのようなルートで世間へ自社のサービスの存在やメリットを伝え、どれほどの人員や予算をマーケティングに投じるかを現実に即して伝えます。

・生産方法、仕入れ先など
どんなにいい商品でも、「安く作って(仕入れて)、高く売る」基本を抜きにはできません。開業前の段階で調達先を確保していれば、金融機関や投資家にビジネスへの本気度を伝えられます。また、食料品や化粧品など人体へ影響を及ぼしうる商品は、清潔な環境で安全性を確保した生産方法を確立しておかなければなりません。

・売上予想
自社の製品やサービスの特徴、市場環境、競合の状況から、「これだけ売れそう」といった予想を立て、数字を作っていきます。

・損益計算書予想
最初の1年から数年の損益計算書、つまり、利益の予想を行ってみましょう。売上の予想に加えて、自社の組織形態や仕入れ方法からこれだけコストがかかりそうといった予想が必要になります。

・開業資金
この事業計画を実行するには、いくらお金が必要なのかを計算します。

事業計画書おすすめ書籍3選

ここまでの情報で事業計画書を書ける方もいるかもしれませんが、「いざ書こう!」となると難しいものです。そんなときのおすすめしたい、事業計画書の書き方を学べる書籍をご紹介します。

事業計画書は1枚にまとめなさい(ダイヤモンド社)

 after-found-plan_2.jpg


<おすすめポイント>
日本政策金融公庫の元融資課長が伝授する、シンプルな事業計画書のすすめです。
公庫で用意してある「創業計画書」のフォーマットは1枚しかないので、「その中に伝えたいことは収まりきれない」「たった1枚で、本当に融資が下りるんだろうか」と心配する声があります。しかし、著者はまさに融資審査の現場にいた立場から、「事業計画書は1枚で問題ない」と言い切ります。

  • <おもな内容>
  • ・発想やアイディアは不要!起業の事業計画書は最低限でいい
  • ・審査でチェックされるポイントを教えます
  • ・融資面談は大切なプレゼンの場
  • ・創業融資ノウハウ集

ポケット図解 事業計画書がよ~くわかる本(秀和システム)

 after-found-plan_3.jpg


<おすすめポイント>
著者は、NEC(日本電気)からベンチャーキャピタル会社に転職し、現在は分社独立して、新規事業コンサルティング専門会社の代表取締役を務めています。
その立場から、形式的・マニュアル的な「一般的な回答」を最初に提示し、そこから一歩進んで、「そもそも、なぜ事業計画書が必要なのか」という根源的な問いを立てつつ、「売れるか・勝てるか」「できるか」「儲かるか」のコンセプトを軸に、金融機関だけでなく投資家をも相手にした、より実践的な事業計画書づくりを指南しています。
2色刷・横書きで、比較的親しみやすい作りになっています。

  • <おもな内容>
  • ・事業計画はどうして必要なのか?
  • ・事業計画と事業化プロセス「10の問い」
  • ・事業計画を進めるためのツール

カラー版 マンガでわかる事業計画書のつくり方(西東社)

 after-found-plan_4.jpg


<おすすめポイント>
洗練されたスタイルを提案したいけれども、経営不振に陥っている美容師の伊勢早太と、会社を辞めて独立し、飲食店を開こうとしている源つぐみが、お互いのビジネスにかける夢を語り合っていると、その話を立ち聞きしていた事業計画コンサルタント・長尾謙助が「まるで、おままごとだな」「2人に欠けているのは、ずばり事業計画書!」と言い放つところから、物語が始まります。
ストーリー仕立てでカラー漫画もついており、起業に必要な高度な専門知識までスイスイと身に付くのが最大の特徴です。

  • <おもな内容>
  • ・事業計画書の基本の知識
  • ・ビジネスモデルとマーケティング
  • ・収支のしくみと収益化
  • ・実践!事業計画書のまとめ方

まとめ

ビジネスは正解のない世界ですが、事業計画書には一定の指針があります。起業にかける夢や情熱を伝えるのも大切ですが、読む相手の立場を想像しながら、今描いている事業計画を冷静に客観視する姿勢が求められます。わかりやすくて相手に伝わる事業計画書を書けるか不安な方は、ご紹介した解説本をぜひ手にとってみてください。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識