会社設立の基礎知識

準備スタートから5日で完了。最短の時間で行う会社設立の流れ

会社を設立したい!だけど手続きが面倒そうだし時間もかかりそうで、なかなか重い腰が上がらない……。その重い腰、会社設立の全体感がつかめたら上がるかもしれません。
今回は発起人1人で小規模の株式会社を最短で設立するための流れをご紹介します。

Day 0

会社設立を固く決意していたり個人で事業をスタートさせている人であれば、すでに終わっているタスクかもしれませんが、念のため会社設立の準備に必要な準備のご紹介からスタートします。

事前にどんな会社を設立するかを決めておく

まずは自分はどのような会社を作りたいのかを具体的に事業計画書にまとめておきましょう。
事業計画書は会社設立の手続きには特に必要はありません。しかし会社設立の手続きや開業、事業の運営には少なくないお金がかかるもの。軽い気持ちで起業をしてしまうと、後々の生活に大きな影響を与えてしまったり志半ばで挫折してしまったりすることも。起業するということをしっかりと意志の固いものにしておくためにも、書面などに具体的な事業の計画をまとめておくことをおすすめします。,

事業計画書についてはこの記事もチェックしてみてください。
事業目的の書き方完全まとめ 許認可・融資etc.から考える、8つのルール

個人の印鑑を作り、印鑑登録をしておく

まだ個人の実印を登録していない場合は、事前に購入をして登録手続きをしておく必要があります。個人の実印はフルネームが入っていて、13.5mm〜16.5mmの大きさのものがベスト。印鑑が出来上がったら、市区町村役所へ持って行って印鑑登録の手続きを行います。手続き自体は数十分程度で終了、費用も数百円です。
もし会社設立の直前に印鑑登録をする場合は、印鑑証明も2枚発行してもらっておきましょう。

Day1

Task1.定款を作る

定款のテンプレートはインターネット上で無料で入手が可能です。
自分の設立する会社の形態にあったテンプレートをダウンロードして、必要事項を埋めていきます。
すべて埋め終わったら、Day0で印鑑登録をしておいた個人の実印で押印・割印をして、3部を製本します。

Task2. 会社実印の発注をする

会社を設立するためには、会社の実印も必要になります。会社の名前と「代表取締役印」の文言が入った、1〜3cmのサイズの印鑑が一般的です。
会社の実印はDay4の登記書類を作成するまでに間に合うように発注ができればベスト。もし間に合わないようであればDay5の時点で用意ができていればOKです。
この時に銀行印、社印、ゴム印もあわせて発注しておくと便利です。

Task3. ネットでCD-Rを買っておく

Day4の登記書類を作成する際に必要になります。
購入すべき媒体は細かく規定が設けられているので、公式サイトを参考に購入してください。

Day2

Task4. 公証人役場に連絡をして、訪問日を決める

定款の作成が終了したら、公証人役場に行って定款の認証を受けます。
まずは日本公証人連合会の公式サイトで、登記予定の地区を管轄する公証人役場をチェック。自分が行くべき公証人役場が見つかったら、連絡をして公証人と訪問する日時を決めます。
公証人役場の状況によってはすぐに訪問ができない場合もありますのでご注意を。

Task5. 郵便局に行って収入印紙を購入する

定款の認証に必要な4万円分の収入印紙と、登記時に必要な登録免許税分の収入印紙を購入しておきます。登録免許税は15万円を下限として資本金の0.7%。間違いがないように慎重に計算をして購入をしてくださいね。

Task6. 市区町村役所で個人の印鑑証明をもらう

Day0に個人の実印の印鑑証明をもらっていなかった場合は、印鑑証明を発行してもらってきてください。
定款の認証を受ける際と登記をする際に必要なので2部以上もらっておくと◎。

Day 3

Task7. 公証人役場で定款認証を受ける

公証人役場と約束した日時になったら、公証人役場に行って定款の認証を受けます。
ここで定款の中身について指摘を受ける場合もありますが、大きな間違いでない限りその場で修正をして認証をしてもらえます。

Task8. 資本金を振り込む

定款認証を受けた後に、用意した資本金を個人の銀行口座に振り込みます。
振込みはATMでも可能ですが、取り扱い限度額があったり安全面でも心配があったりしますので、なるべく銀行の窓口で対応してもらってくださいね。

Task9. 資本金を振り込んだ通帳をコピーしておく

資本金の振込みが終了したら、振込み内容が記帳された通帳をコピーしておきます。

Day4

Task10. 必要書類の作成

ここまできたら、登記に必要な書類を一気に仕上げていきます。
登記に必要な書類は11種類。一つ一つの仕上げ方についてはこちらをご参考ください。

Day5

Task11. 法務局へ登記をしに行く

いよいよ、登記の日です。
Day4で用意した書類を持って、会社の本店所在地にしたい地域を管轄している法務局に行きます。登記申請を行った日が会社の設立日になります。

登記までの時間を最短で行うと、1週間弱。
全体の流れを見てみると、意外とシンプルで難しくないと思いませんか?
面倒そう……でビジネスチャンスを逃さないように、ぜひ会社設立を検討してみてくださいね。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識