会社設立の基礎知識

助成金・補助金・創業融資を貰おう

起業直後は特に助成金・補助金を貰えるチャンスが多いです。ここでは、助成金・補助金の申し込み方・受け取り方をまとめます。

ミラサポから探す

まず、助成金や補助金を探すための方法として、中小企業庁の委託事業である「ミラサポ」から探す方法があります。国や全国の自治体が募集している補助金や助成金、さらには税制優遇まですべて検索できます。

参考:施策マップ(ミラサポ)

創業融資を考えてみる

助成金や補助金、優遇税制の活用以外にも、日本政策金融公庫の創業融資を受ける手段があります。創業融資のメリットは、無担保や保証人が無い場合でも貸してもらえることや、金利が低い場合があることです。最大で3000万円程度借りられます。

新規開業資金として使えるものを日本政策金融公庫のホームページより引用します。

  • ・女性、若者/シニア起業家資金
  • ・再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)
  • ・新事業活動促進資金
  • ・食品貸付
  • ・生活衛生貸付(一般貸付、振興事業貸付および生活衛生新企業育成資金に限ります。)
  • ・普通貸付(食品貸付または生活衛生貸付(一般貸付)の対象となる方が必要とする運転資金に限ります。)
  • ・企業活力強化資金
  • ・IT資金
  • ・海外展開資金
  • ・地域活性化・雇用促進資金
  • ・事業承継・集約・活性化支援資金
  • ・環境・エネルギー対策資金
  • ・社会環境対応施設整備資金
  • ・企業再建資金(第二会社方式再建関連に限ります。)

中小企業経営力強化資金と認定支援機関

中小企業経営力強化資金も、日本政策金融公庫を通じて貸し出されます。中小企業経営力強化資金を借りるには、事業計画策定等の支援を行う「認定支援機関」の役割が必要となります。認定支援機関となっている人は基本的に士業で、様々な起業に経営のアドバイスをしているプロの方です。そうした認定支援機関の方からアドバイスをもらうことで、創業時の融資以外にも経営によい影響があるでしょう。
認定支援機関は以下のリンクから探すことができます。

参考:中小企業経営力強化資金 (中小企業庁)経営革新等支援機関認定一覧

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識