会社設立の基礎知識

助成金・補助金・創業融資を貰おう

起業直後は特に助成金・補助金を貰えるチャンスが多いです。ここでは、助成金・補助金の申し込み方・受け取り方をまとめます。

ミラサポから探す

まず、助成金や補助金を探すための方法として、中小企業庁の委託事業である「ミラサポ」から探す方法があります。国や全国の自治体が募集している補助金や助成金、さらには税制優遇まですべて検索できます。

参考:施策マップ(ミラサポ)

創業融資を考えてみる

助成金や補助金、優遇税制の活用以外にも、日本政策金融公庫の創業融資を受ける手段があります。創業融資のメリットは、無担保や保証人が無い場合でも貸してもらえることや、金利が低い場合があることです。最大で3000万円程度借りられます。

新規開業資金として使えるものを日本政策金融公庫のホームページより引用します。

  • ・女性、若者/シニア起業家資金
  • ・再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)
  • ・新事業活動促進資金
  • ・食品貸付
  • ・生活衛生貸付(一般貸付、振興事業貸付および生活衛生新企業育成資金に限ります。)
  • ・普通貸付(食品貸付または生活衛生貸付(一般貸付)の対象となる方が必要とする運転資金に限ります。)
  • ・企業活力強化資金
  • ・IT資金
  • ・海外展開資金
  • ・地域活性化・雇用促進資金
  • ・事業承継・集約・活性化支援資金
  • ・環境・エネルギー対策資金
  • ・社会環境対応施設整備資金
  • ・企業再建資金(第二会社方式再建関連に限ります。)

中小企業経営力強化資金と認定支援機関

中小企業経営力強化資金も、日本政策金融公庫を通じて貸し出されます。中小企業経営力強化資金を借りるには、事業計画策定等の支援を行う「認定支援機関」の役割が必要となります。認定支援機関となっている人は基本的に士業で、様々な起業に経営のアドバイスをしているプロの方です。そうした認定支援機関の方からアドバイスをもらうことで、創業時の融資以外にも経営によい影響があるでしょう。
認定支援機関は以下のリンクから探すことができます。

参考:中小企業経営力強化資金 (中小企業庁)経営革新等支援機関認定一覧

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識