会社設立の基礎知識

役員報酬の決め方まとめ〜自由に変更できない?

あなたが社長となれば、役員報酬として報酬を受け取ることになります。この役員報酬は社長であるあなた自身が決めます。金額は好きに決めていいのですが、決める際のポイントや注意点をこのページでは解説します。

1:会社の税金と自分の所得税のバランスを考える

なぜ、役員報酬の金額を考える必要があるのかというと、節税のためです。当然、役員報酬を支払い過ぎれば自分の所得税としてたくさん税金を支払うことになります。その一方、役員報酬をほとんど支払わず、会社に利益としてお金が残れば、法人税として支払うことになります。
ですので、役員報酬として自分に支払う額が重要になってくるわけです。

2:役員報酬を損金(経費)にするために

役員報酬の金額は期首の3か月のあいだしか決められないようになっています。なぜかというと、上で述べたとおり、役員報酬は税金をコントロールするために使えるからです。つまり、期末の利益が見えてきた段階で役員報酬をコントロールし、節税するのを防ぐ意味があります。この最初の3か月に今期の業績を見通し、妥当な範囲で役員報酬を決めておきましょう。
期首に自分や他の役員の報酬を決めたら、「事前確定届出給与に関する届出」という届け出を出します。(役員報酬は株主総会で決めます。)この通りに支給されたお金が損金として認められます。また、役員報酬を決めたことを株主総会の議事録にも残しておきます。

リンク:「事前確定届出給与に関する届出」

3:役員報酬を減額する場合は

期中にどうしても役員報酬を減額しなければならない場合は、「臨時改定事由」として変更したことを届け出れば、役員報酬を損金にすることができます。この手続きをしないと経費にできなくなりますので、お気を付けください。この場合、期中の株主総会で役員報酬を下げることを決定してから、1カ月以内に届出を提出します。

まとめ

役員報酬は好きに決めていいものですが、原則として1年間の中で、常に同じ額を支払い続けなくてはなりません。1年間の中で、役員報酬を変えてしまうと損金にできない可能性があるので注意しましょう。やむをえず減額する場合はきちんとした手続きをするのを忘れずに行いましょう。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識