会社設立の基礎知識

(新)会社法は会社が守るべきルール

会社設立・運営は(新)会社法に沿って行われます

新会社法とは、2006年に施行された商法の会社に関連した部分や他の法律を切り出し、修正されて作られた法律です。このときの会社法改正では、有限会社が廃止されたり、資本金1円の会社が認められたり、取締役が一人でよくなったりといったことが新たに定められました。

会社法は、株主や債権者、従業員といった企業に係る様々な人の間の利害を調整するためにある法律です。例えば、借金がある会社が、持っている資産をすべて配当として株主に配ってしまったら、お金を貸していた人は困りますよね。会社法ではそうしたことができないようになっています。

会社法は、2006年に作られた後、少しづつ改正されています。直近では、社外取締役に関する規定等が改められました。

このページでは、定款の作り方や決算書の作成など、すべて(新)会社法に沿った形で解説しています。

会社法自体を読みたい、確認したいという方は、以下のリンクから確認頂けます。 リンク:会社法(e-Gov)

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識