会社設立の基礎知識

「起業したいがお金がない」という方が使える補助金・助成金のまとめ

起業をするためには、最初に資金が必要になります。それはもちろん会社を設立するために必要なお金でありますし、事業を開始するための設備費なども含まれてきます。しかし、手持ちの資金がない場合はどのようにすればいいのでしょうか。今回は、起業したいがお金がないという方に向けて、創業期に利用することができる補助金や助成金についてまとめていきます。

「起業したいがお金がない」という方が使える補助金・助成金のまとめ

目次

補助金・助成金とは?

補助金や助成金は、国や地方自治体が交付しているものです。一般的に、お金がない場合は銀行などの金融機関から融資を受け、それを返済していくのですが、補助金や助成金は原則として返済をする必要がないこともあり、非常に人気が高いです。

補助金と助成金の違いは、助成金は要件が合えば基本的に給付されるのに対し、補助金は抽選などにより給付の可否が決まること、そして、助成金は応募の期間が比較的長いのに対し、補助金は応募期間が短く設定されていることが多いことが挙げられます。いずれにしても、返済の必要がない資金調達方法として、創業時の選択肢に入れておきたい調達方法のひとつとなります。

助成金や補助金は4種類に分けられる

助成金や補助金は、その主催団体によって大きく4つに分けることができます。主催する団体の特徴によって、給付の条件等も変わっていきますのでみていきましょう。

経済産業省が募集するもの

経済産業省はその名の通り、経済や産業に関することについて管轄している省庁です。地域活性化や中小企業の発展を促進するための補助金の募集を行っています。

厚生労働省が募集するもの

厚生労働省は労働や雇用などに関することを管轄しています。ですから、職能を向上するため、あるいは雇用を促進するための補助金や助成金が充実しています。

地方自治体が募集するもの

その地域の活性化などを目的として、各都道府県や地区町村が募集している補助金や助成金もあります。地方で起業したい場合などに活用することができるでしょう。

民間の団体や企業が募集するもの

社会貢献活動として民間の団体や企業が募集しているものもあります。

補助金や助成金の申請をするときのポイント

補助金や助成金を申請するときのポイントとしては、どのようなものがあるでしょうか。

申請が多く、倍率が高いことも

補助金や助成金は非常に人気が高まっていることもあり、申請の数が多く倍率が高いこともあります。審査がある場合や先着順の場合などもありますので、しっかりと要件や期間を確認しておく必要があるでしょう。

提出書類の準備に時間がかかることがある

事業計画書などの提出が必要となる補助金や助成金は、提出や審査に労力と時間がかかります。とくに、補助金の場合は審査などがあり、時間をかけて様々な書類を作っても実際に給付されないこともある点は注意が必要です。

自己資金がゼロだと厳しい

お金がまったくないという場合、自己資金ゼロで起業しようと考えるかもしれませんが、補助金や助成金は給付のタイミングが期間終了後であったり、タイムラグがあったりする場合があります。また、融資を受ける場合にも自己資金がゼロというのはマイナスに働きますので、自己資金はやはりある程度は持つことが必要です。

まとめ

設立時の資金不足をある程度解消するために補助金や助成金を利用するのはメリットが大きく、非常に良い選択肢のひとつです。もし、起業時の資金繰りに困りそうな場合は、こうした情報も事前いチェックしておくとようのではないでしょうか。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識