会社設立の基礎知識

開業費、1人は12万円、複数人は200万円から。会社設立に必要な費用一覧

資本金が1円から会社設立ができる時代になり、起業のハードルは下がっています。
しかし実際には起業して事業をスタートさせるためには1円だけでは足りません。
会社を設立するためには資本金だけでなく、定款の作成や登記に必要な創立費と、登記完了から事業がはじまるまでにかかる開業費も必要になってきます。
今回は実際に法人として事業をスタートさせるまでにフォーカスして必要な費用をご紹介します。

会社設立の手続きに必要な費用(創立費)

会社を設立するためには、まずは登記をしなければなりません。
この登記までにかかる費用は、株式会社の場合は約25万円。合同会社では約10万円が必要です。

株式会社の場合に必要な手数料

  • ・収入印紙代 ー 40,000円
  • ・認証手数料 ー 50,000円
  • ・謄本手数料 ー 2,000円
  • ・登録免許税 ー 150,000円〜


※収入印紙代は電子定款を作成する場合は無料
※登録免許税は15万円を下限として、資本金額×0.7%

合同会社の場合に必要な手数料

  • ・収入印紙代 ー 40,000円
  • ・謄本手数料 ー 2,000円
  • ・登録免許税 ー 60,000円〜


※収入印紙代電子定款を作成する場合は無料
※登録免許税は6万円を下限として、資本金額×0.7%

ちなみに会社設立までは用意する書類や必要な手続きが多く、一人ですべて行うとなると1週間はかかってしまいます。自分の労働力を手続きにではなく、事業を立ち上げる方に費やしたいという方は、司法書士の方に依頼することも可能です。
司法書士に会社設立の手続きをお任せする場合には、上記の金額に加えて20万〜30万程度は用意する必要があります。

一人でスモールスタートする場合にかかる開業費

創立費は法律で定められた費用で節約ができませんので、会社設立の際の費用を抑えるには開業費の出費を見直していく必要があります。
まずは一人社長が自宅で開業する場合の最低コストをまとめました。

  • ・PC代(10万〜)
  • ・Microsoftオフィス(6480円 / 年〜)
  • ・文具(5,000円〜)
  • ・インターネット(5,000円〜)
  • ・名刺(2,000円〜)


インターネットを中心に仕事をすると仮定して、設備投資や仕入れが必要のない状況では、およそ12万円が最低コストとなりそうです。
このほか、業務によっては専用のソフトウエアが必要になる可能性もありますし、自宅に仕事用のスペースがない場合はデスクや椅子を用意する場合も。

複数人でしっかり起業する時にかかる開業費

最初からある程度の成長を見越して複数人で起業する場合は、出資の分担ができるので1人あたりの金銭的な負担は少なめです。
しかし社員が増えれば増える分だけ設備投資が必要になりますし、一気にドライブをかけるとなると広告・宣伝するための費用も用意しておいた方が良いです。
ここでは3人で起業した場合に最低限、必要なコストをまとめました。

  • ・PC代(10万 × 3名分 = 30万円)
  • ・Microsoftオフィス(6480円 / 年 × 3名分 = 19,440円)
  • ・文具(5,000円 × 3名分 = 15,000円)
  • ・インターネット(5,000円 × 3名分 = 15,000円)
  • ・名刺(2,000円 × 3名分 = 6,000円)
  • ・レンタルオフィス(84万円 / 年〜)
  • ・デスク(2万円 × 3名分 = 6万円)
  • ・椅子(2万円 × 3名分 = 6万円)
  • ・企業ロゴ(5万円〜)
  • ・ホームページ(20万円〜)
  • ・サーバ代(2万円〜)


こちらもインターネット中心に事業を展開する場合を仮定すると、最低でも200万円程度は用意しておいた方が良さそうです。

また開業する業界によっては、設備投資や仕入れが必要になる事業もあります。例えば飲食店の場合は、小規模の店舗であっても700万円以上はかかるといわれています。自分が開業したいと思っている業界では何が必要で相場はどのくらいか。事前に想定されるコストを調べてビジネスプランを立てることがベストです。

法的な資本金の制限がほぼなくなった現在でも、総務省の統計では会社設立の準備金は平均500万円。資本金の平均額は約300万円で、その他の200万円が創立費と開業費となります。
会社を設立してしっかりとビジネスを育てていきたい人は、起業する前から貯金や資金調達、融資のプランを立てていきたいですね。

会社設立を簡単に行う方法

起業したいけど準備が煩雑で用意ができない、販路の確保や売り上げを上げることに集中することができないなど、起業時の手続きにお悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立 freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

会社設立freee イメージ図

入力するだけで書類作成

社名や取締役名などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な定款などの書類が作成できます。

1度入力するだけで、転記が面倒な11種類の書類の出力が可能です。

会社設立freee 入力画面

会社設立 freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

各専門業界にも対応

さまざまな業界での設立サポートも可能です。
詳細は各業界のイラストをクリックしてください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで無料に

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

会社設立 freeeは電子定款の作成にも対応。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストが軽減されます。

今ならクラウド会計ソフト freeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

ガイドに沿って提出もサポート

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所などいくつかの場所へ書類を提出しなければなりません。どの書類をどこに提出か調べるだけでも大きなコストがかかります。

会社設立freee ガイド画面 会社設立 freeeでは、書類の提出場所も地図で案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

設立後の準備も会社設立 freeeで

会社設立後も提出が必要な書類は多く、さらにオフィスや銀行口座の準備などのタスクが起業家の負担になります。

会社設立 freeeは、設立の書類提出後のサポートも充実しています。

例えば、以下の準備が会社設立 freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト
  • 法人設立届出書など、会社設立後に提出が必要な書類の作成

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立 freeeを是非お試しください

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識