会社設立の基礎知識

事業計画書の書き方は?事業計画書は必ずつくろう

起業したら事業計画を作りましょう

このページでは事業計画について解説します。事業計画は会社を経営していくにあたって必要なものなので、起業のタイミングで作成するようにしましょう。

なぜ事業計画が必要なのか?

「事業計画なんて必要ない。できる限り多く売上を伸ばして、できる限り出費を抑えればいいんでしょ。」と思われている方もいるかと思います。
しかし、売上を予想しなければ、節税をうまく行っていくこともできませんし、将来どうなるかわからない会社にお金を貸す銀行なんてないでしょう。なので、しっかりと他人に見せても納得のいく事業計画をつくることが必要になります。

事業計画って何を書けばいいの?

事業計画の作り方ですが、まず事業の目的や内容、戦略を書いていきます。基本的に文章で説明する必要がありますが、図なども使うと効果的に説明できるでしょう。その上で、売上や利益の予測、資金繰りの予測をスプレッドシート等で立てていきます。この予測を基に、開業時にいくらお金が必要なのか、自分だけでお金を出資できそうなのかを考えてきます。
もし、資金を借りたり、出資を受ける必要があれば、この事業計画を基に、銀行や投資家に自分の事業を説明し、お金を出してもらいます。○年間でこれだけ利益が出て、お金を返せそう、配当を出せそうと説明することが重要になります。
以下に事業計画に盛り込む内容をまとめておきます。これらすべてを盛り込む必要はありませんので、取捨選択し使ってください。

事業計画に盛り込む内容

  • ・企業の概要
  • ・創業者のプロフィール(創業メンバーも)
  • ・ビジョン・理念・目的
  • ・事業の概要
  • ・自社のサービスや商品の強みや特徴
  • ・市場環境、競合について
  • ・販売やマーケティング戦略
  • ・生産方法、仕入れ先等
  • ・売上予想…上で説明した自社の製品やサービスの特徴、市場環境、競合の状況から、これだけ売れそうといったことを基に数字をつくっていきます。
  • ・損益計算書予想…最初の1年~数年の損益計算書、つまり、利益の予想を行ってみましょう。売上の予想に加えて、自社の組織形態や仕入れ方法からこれだけコストがかかりそうといった予想が必要になります。
  • ・開業資金…この事業計画をやるには、いくらお金が必要なのかを計算します。

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る