会社設立の基礎知識

会社の種類は?4つの形態の違いを比較

会社の種類は?

会社を設立するといっても、会社には主に4種類あります。合名会社、合資会社、合同会社、株式会社です。
このうち、合名会社、合資会社を設立することはまれですので、実質的には合同会社にするか、株式会社にするかという選択になります。

合名会社と合資会社とは

合名会社と合資会社は、一般的に、設立されることがありません。理由としては、合同会社や株式会社よりも、大きな責任を負うからです。出資した額を超えて責任を負うことがあります。

株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社をどちらを設立するかというのが、会社設立時の実質的な迷いどころです。
合同会社のほうが、基本的に手続きがカンタンです。株式でお金を調達したり、上場したりといった予定がない人は、合同会社でいいでしょう。(合同会社を後から株式会社に変更することもできます。)
以下、一つ一つ両者のメリット・デメリットを解説していきます。

設立費用・手続き

合同会社は6万円で設立可能です。(登録免許税6万円のみ)
一方、株式会社の場合、登録免許税(15万円)と定款承認(5万円)で、20万円もの費用が掛かりますので、合同会社のほうが、約14万円も安く設立できます。
また、登記に必要な書類も少ないため、早く簡単に設立できます。

経営上の事務作業

事務作業も合同会社のほうがカンタンです。まず、合同会社では株主総会の必要もありません。更に、決算公告義務がありません。(つまり、官報掲載費6万円が掛かりません。)また、合同会社の役員には、任期がありません。(役員の任期が切れる度に、重任登記で1万円掛かります。資本金が1億円以上の場合には、3万円です。)

株式の発行

一方、資金調達の面では、株式会社のほうが有利です。株式会社は、銀行からのローンや債券以外にも、株式の発行もできます。つまり、株式による資金調達を考えている方、上場を考えている方は、株式会社のほうがいいでしょう。

経営の自由度・意思決定

経営の自由度・意思決定という面に関しては、どちらがいい悪いとは言えません。合同会社では利益の配分を、出資比率に関係なく社員間で自由に決めることができます。また、株主総会も必要ないため、迅速かつ簡単に経営上の意思決定が行えます。しかし、その一方で、利益を出資額と無関係に配分できるということは、裏を返すと、利益配分を巡る対立が起きやすいということです。その意味では、株式会社のほうがルールがきっちり決まっているので、意思決定を行いやすいといえるかもしれません。

経費に関する扱いは、両方とも法人としての扱いですので、合同会社も株式会社も大きな違いはありません。

結論

まとめとして、以下の方に合同会社がオススメです。

  • ・安く会社を設立したい方
  • ・許認可など何らかの理由で法人格が必要な方
  • ・株主総会や決算公告など煩わしい作業をしたくない方


逆に以下の方に株式会社がオススメです。
  • ・投資家からの増資による資金調達などを検討している方
  • ・上場したい方

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る