会社設立の基礎知識

学生で起業したいと思ったとき、どのようなことを考えればよい?

最近では学生であっても起業を志す人が増え、在学中に会社を立ち上げて成功するケースもかなり増えてきました。若い経営者が成功していることもあり、多くの学生が起業を目指しているようですが、起業したいと思ったとき、どのようなことを考えればよいのでしょうか。今回は大学生の起業について紹介します。

学生起業のメリット

年長者からの支援を受けやすい

学生での起業は孤独に見えるかもしれませんが、年上の経営者や投資家などの支援が受けやすいのは魅力のひとつだといえるでしょう。

リスクが少ない

社会人が起業する場合、おおよそは自分の生計を自分で建てている方が多いでしょう。そのため、起業が失敗してしまうと自分の収入もほとんどない状態に陥ってしまいます。その分、学生のうちに起業するのであれば、親元をある程度頼ることができます。そういった意味でのリスクは少なくて済むでしょう。

時間と体力が必要な立ち上げ期に有利

立ち上げ期は時間と体力がとにかく必要な時期となります。学生のうちであれば、時間は社会人に比べると取りやすいですし、体力面でも有利に働くことが多いと思いでしょう。

学生起業のデメリット

資金面の問題

学生のうちの起業でぶつかりやすい問題としては、会社の設立に向けての資金不足が挙げられるでしょう。

学業・就職活動との両立を考えなければならない

学生起業でありがちな問題として、学業や就職活動との両立を考えなければならないことが挙げられるでしょう。特に、就職活動をするのか、それとも起業してそのまま卒業を迎えるのかについては多くの学生が悩むポイントでもあります。自分の進みたい道に進めるようにバランスを取っていくことも重要だといえるでしょう。

学生起業のやり方

学生起業のやり方で重要なのは、どういう業種で起業するのかということと、会社設立の際の手続きを把握することではないでしょうか。以下で紹介します。

どのような事業に取り組むのかを考える

起業したいという気持ちがあっても、どのような事業で起業するのかが決まっていないケースが学生起業では多いのではないでしょうか。

気をつけなければいけないのが、自分にとっては非常に良いサービスであっても実現可能性が低い場合や、実現しても会社として成立しないような利益の出ない業態のものがあるということです。起業するのであれば、会社を運営するという覚悟と心構えが必要になります。どのような事業に取り組むのかが決まっていることが起業においてはかなり重要なことだといえるでしょう。

会社設立の仕方

会社設立をするためには様々な手続きが必要となります。まずは会社の決まりとなる定款を作成し、その後、定款を認証してもらって法務局に提出して登記申請をします。

株式会社を設立するためにはおよそ20万円ほどの費用が必要になります。なかなか用意することが難しいという場合は、まず個人事業主として開業し、最終的に法人成りなどでの起業を目指すことになるかと思います。

まとめ

今回は学生起業について紹介しました。リスクなどが気になってなかなか起業できないという人もいると思いますが、学生起業から成功した事例もあります。もし自分のやりたいことが明確に決まっているのであれば、選択肢として学生起業を考えてみてもいいかもしれません。

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、定款や会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る