会社設立の基礎知識

「起業したい」と思う人はどういうことをするべき?

起業したいと思っているけど、起業まで踏み切れない人は意外と多いと思います。アイデア不足や資金不足、または起業するためにすべきことが不明瞭すぎる点がこうした起業したいけどできない人の悩みだと思います。今回は、それらの悩みにそれぞれフォーカスしてお送りしようと思います。

起業したいけどアイデアがない場合の対処法

起業したいけどアイデアがないという人は、起業をするのであれば、大きなビジネスモデルを考えてから起業しなければならないと思っているのではないでしょうか。実際のところ、独自の視点を持っているようなビジネスモデルやサービスなどはなかなか思いつくものではありませんし、世の中に出回っていないもので起業するのはそれだけリスクも高くなります。

「こういう会社をつくりたい」というビジョンがなく、起業をするのは非常にリスクが高いです。しっかりとビジョンを作った上で、会社の運営が起業後も問題なくできるかどうかを確認するようにしましょう。

起業したいけど資金がないという場合の対処法

起業には多額のお金がかかります。会社を設立するだけでも20万円ほど必要になりますし、実際はオフィス代や資本金などを考えると数百万円単位で起業のコストを考えなければなりません。

最近では、創業時に利用することができる補助金や助成金も多いです。これらの補助金や助成金を利用してみるという手があります。また、インターネットのサービスを利用した起業はコストが低く済みます。例えばECサイトなどであれば、サイトの運営費など、コストが低く済むでしょう。

起業したいけどやるべきことがわからない場合の対処法

起業したいが、どのようなことをすべきなのかがわからないという人は、まず会社設立に向けて手順などを確認してみてはいかがでしょうか。実際に行動することで、自分がどういう気持ちで起業したいと思ったのか、そしてどのように起業までのスケジュールとタスクを決めればいいのかがわかると思います。

まとめ

「起業したいけど…」と思っていても行動しなければ起業をすることができません。実際にどのような悩みを抱えているのかを明らかにしていくことで、自分が本当に起業をするべきなのか、そして起業した際に成功することができるのかを整理して判断することができるのではないでしょうか。

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、定款や会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る