会社設立の基礎知識

定款の認証方法のやり方〜紙でやる場合の定款作成・認証方法まとめ

定款を公証役場で認証してもらう

紙で定款を認証する方法をご紹介しておきます。
紙で定款を認証すると電子定款での認証に比べ、4万円以上費用に差が出るので、電子定款をおすすめします。

定款を3通、紙で用意しよう

まず、作った定款を3通プリントアウトしましょう。プリントアウトしたら、左側2箇所をホチキスで留めて、各ページの見開きのところに割印を押します。

公証役場に行く

次に公証役場に行きます。公証役場に行く前に予約を取りましょう。下のリンクで管轄の役場を確認することができます。
またこの際に、お金がかかります。その場で定款をチェックしてもらい、手続きを完了させます。

持ち物

  • ・紙の定款3通
  • ・発起人(出資者)全員の印鑑証明書
  • ・収入印紙4万円分
  • ・公証人へ払う手数料5万円
  • ・定款の謄本交付手数料→250円×ページ数
  • ・委任状(代理人が定款認証を行う場合)

リンク:全国公証人役場所在地一覧
渋谷公証役場(委任状をダウンロードできます。)

定款の認証が終われば、次は登記です。

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る