会社設立の基礎知識

ファーストチェアを選ぶ人に教えたい。高機能なオフィスチェアを選ぶためのポイントとコストを抑えて手に入れる方法まとめ

デスクワークの時間が長いと、腰や背中への負担が気になりますよね。

エンジニアやデザイナーにとってみれば、いい椅子を用意することがその会社で働く大きなメリットになることもあります。

今回はオフィスチェア選びのポイントから安く手に入れる方法まで、ファーストチェアの選び方のイロハをご紹介します!

いい椅子の基準とは?選ぶときに注目すべき8ポイント

自分にとってもっとも座りやすい椅子というのは用途・身長など条件によって人それぞれ。とはいえ、いい椅子を選ぶ際のポイントはほぼ同じです。以下でご紹介するポイントを確認して、自分にはどのような椅子がフィットするのか確かめてみましょう。

1. 上下昇降調整

いわゆる座る位置の高さを調節する機能のこと。
自分の体やデスクの高さに、椅子の高さが合っていないと、姿勢が悪くなり肩こりや疲労の原因になります。
理想的な高さは、深く腰掛けた時に足が床につくくらい。その高さに調節できるような椅子がオススメです。

2. 奥行調節機能

座る部分の奥行きを調節できる機能があることもポイントの一つです。
一般的には椅子に深く腰掛けるように座ると、むくみが防止できるといわれています。しかし奥行きが深すぎる椅子では、膝裏が圧迫されかえってむくみを促進してしまうことに。一方で奥行きが浅すぎると足が疲れやすくなります。

身体にフィットする奥行きは、身長や足の長さによって人それぞれ。調節機能があるとどのスタッフも自分にあう奥行きに調整ができるので便利です。

3. 座面の素材

1日中座っていたり、長期間使用したりする椅子は素材にもこだわりたいところ。座面の素材は以下のようなものがあります。

メッシュ

通気性がいいので蒸れにくい

合皮(PVCレザー)

手入れしやすい。汚れてもすぐにとれる。通気性はあまりよくない

ファブリック

綿、綿、ウール、ポリエステル、アクリルなど。色や手触りなどバリエーション豊か

ポリウレタン

通気性・肌触りともに良い

この中で特にオススメなのはポリウレタン素材。通気性がいいので長時間座っていても蒸れにくく、ツルツルな質感が高級に見えます。

4. 前傾・後傾

読み書きには前傾、パソコン作業には後傾の椅子が適しているとされています。デスクトップを使用する時は110度ほどの後傾が理想的。
前傾後傾どちらでも調節できる椅子もありますが、基本的に前傾が得意、後傾が得意というのは椅子によってそれぞれ。どちらも100%サポートしている椅子はありませんので、その椅子の使いみちを考えて選ぶようにしましょう。

5. ロッキング機能

背もたれに体重をかけると、その分背もたれが倒れるのがロッキング機能の特徴です。
以下3つのタイプに分けられます。

①背もたれのみロッキングする

多くのオフィスチェアに搭載されているのが背もたれのロッキング機能。思い切り背伸びしたときなどに背中がぐんと伸びるようなストレッチ効果を感じることができます。

②椅子全体がロッキングする

背もたれと座面が同時にロッキングするので、リラックス効果も高まります。
しかしパソコンでの作業中や仕事中は、足が浮き体全体が後ろに傾いてしまうので集中できなくなってしまう恐れも。読書やTVを見る、映画鑑賞などのリラックス時に向いています。

③背もたれと座面部分が別々にロッキングする

最も機能性が高いのは、背もたれと座面部分が別々の角度でロッキングするもの(シンクロロッキング)です。背もたれと座面の角度がおよそ2:1になるように調整されており、体に無理なく一番自然な体型でリラックスできます。その分価格も高め。

椅子に座っている時間が長いほど、短時間の休憩が重要になってきますよね。ロッキング機能が優秀だと、リラックス効果も高いので数分でも十分に効果が得られます。

6. ランバーサポート

椅子の背面に入れられているクッションをランバーサポートといいます。
一般的に車の座席にも搭載されています。腰と椅子の間に隙間を作らないことで腰痛を防いでくれます。

ランバーサポート付きは少し値段が張る傾向にあります。後付けができるタイプを別途購入しても◎。

7. アームレスト

アームレストは肘かけのこと。人間の両腕は体全体の12〜15%程度の重さがあるといわれていますが、アームレストはその重さを分散。長時間のデスクワークによる腕や手首の疲れを予防する効果が見込めます。また肩こりのを緩和にも期待できますしてくれるかもしれません。

ただしアームレストがあることによって、少し窮屈に感じる人もいますので、一概にアームレストがついていると良い、ということではありませんのでご注意を。

8. ヘッドレスト

ヘッドレストは背もたれならぬ頭もたれといったところ。頭を寄りかからせることができる箇所です。リラックスのときにあると便利な一方で、作業中にはあまり使う機会はありません。

ヘッドレスト付きの椅子を選ぶときは、自分の頭の位置にあっているか確認しましょう。高すぎたり低すぎたりして頭の位置と合っていないと意味がありません。

高品質の椅子を安く仕入れるなら、中古×試座がポイント

長時間座るオフィスチェアは、仕事の質や集中度にも影響します。機能や質がいいものを選んで快適に過ごしたいものですが、ネックなのはその価格。質が良いとされるオフィスチェアは10万円以上するものもザラにあります。

そこでおすすめなのが、中古品。
ほぼ新品のものもありますし、少し汚れはあっても新品の3分の1以下の格安価格で買えるケースも。中古とはいえ、その機能や素材は良質です。新品にこだわって格安のチェアを買うよりも、中古で質が良いものを選ぶほうが断然おすすめです。

また、オフィスチェアを買う時は、絶対に試座しましょう。
どんなに高品質なチェアでも用途や体型に合ったものを選ばないと意味がありません。中古屋でも実店舗があるお店も多いので、少し面倒でも直接出向いてみてください。

また試座をする時は、なるべく実際に使用するシチュエーションを再現すると◎。服装や靴はもちろん、デスクの高さがわかるものや通常の作業で使っているもの(ノートPCなど)も持ち込むとよいでしょう。

中古なら手が伸ばせるオススメの高機能チェア

中古だからこそ試してほしい、オススメのオフィスチェアを3つご紹介します。
どのチェアも人気の商品なので、聞いたことがあるという人も多いかもしれません。新品では手が出なくても、中古なら少しお手頃価格になるのも嬉しいところです。

Baron(バロン) / 株式会社 岡村製作所

岡村製作所のバロンは日本製オフィスチェアとして人気を誇っています。この椅子のポイントは、ヘッドレストの高さを調整できることと、リクライニングが好みの角度に調節可能なこと。長時間PCを使用する人にオススメのチェアです。
公式サイトへ

Aeron Chairs(アーロンチェア) / ハーマンミラー

アメリカの会社、ハーマンミラー製のアーロンチェアはオフィスチェアのパイオニアともううべき存在。座り心地が良く、長時間座っていても疲れを感じさせません。また、ペリクルと呼ばれる特殊なメッシュ素材を使用しているので、通気性が抜群なのもポイントです。
公式サイトへ

Ergohuman PRO(エルゴヒューマンプロ) / エルゴヒューマン

エルゴヒューマンプロの一番の特徴は腰をサポートする機能。
座面を20mmまで調整する機能があり、角度を簡単に変えることができます。カラーもベーシックなものから赤やオレンジなど、オフィスチェアではあまりないようなカラーバリエーションがあるのも魅力です。
公式サイトへ

東京近郊で中古オフィスチェアが試座できて購入できるお店

それでは実際に中古のオフィスチェアを試座できるお店をご紹介します。
それぞれ異なった魅力があるので、何店か訪れて決めてみるのもいいでしょう。同じ商品でも値段に開きがあるので、注意深くチェックを。

オフィスバスターズ

国内で28店舗展開しているオフィスバスターズでは新品と中古品の両方を販売しています。業界の中でもトップクラスの安さを誇っており、半額〜3分の1程度の価格で購入できるそうです。
店舗数が多いので、最寄りの店舗で気軽に試座できるのもポイント。最寄り店に在庫がなくても、商品によっては最寄り店へ商品を配送するサービスもおこなっています。
公式サイトへ

ありがとう屋

オフィスの中古用品全般を取り扱っているありがとう屋。東京近郊を中心に展開しています。
ありがとう屋のポイントは徹底したクリーニング。これ以上したら傷んでしまうというくらいの「限界クリーニング」をウリにしており、チェアの座面を特別な洗浄液でクリーニングしています。中古品だから傷や汚れは仕方ないと思う人の予想をいい意味で裏切るくらい、新品同様のきれいな商品が手に入ります。
公式サイトへ

無限堂

東京・大阪・愛知(本店)に店舗のある無限堂。1969年創業の長い歴史を誇るだけあって、商品の値段はかなり抑えられています。
非常に安いだけあって、商品の中には「傷あり」「汚れあり」というものもあります。店舗があるので、自分の目で傷の度合いを確認できるのは嬉しいところです。豊富な品揃えも魅力でバロン一つをとっても8つほどのタイプを在庫として持っています。もちろん試座ができるので、座り心地も確認してみましょう。
公式サイトへ

119 Happy

東京近辺を中心に店舗を構え、タイにも支店を持つ119 Happy。
商品をS(極上品)、A(新品同様)、B(一般的な中古品)、C(汚れや傷あり)で分けており、商品選びの目安になりそうです。
また会員登録をして購入すると、還元ポイントをゲットできるサービスを導入。大量にビジネス家具を揃えなければいけない人は、ポイントを一気に獲得できるのでおすすめです。

おわりに

中古品でも、機能は新品と同様。少しでも安く良質なものを手に入れるために、是非ご紹介したお店へ訪れてみてください。

椅子を選ぶ上で重視するポイントは人それぞれ。自分にぴったりのオフィスチェアを見つけるために、いくつかのチェアを試座してみてくださいね。

あなたにフィットしたチェアが見つかれば、作業効率も劇的に改善されるかもしれません。

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る