会社設立の基礎知識

取締役・役員はどう決める?

取締役はどうやって選べばいいの?

このページでは、取締役や役員の決め方を解説します。取締役や役員というと、「社長、副社長、専務、常務、顧問、監査役…とたくさんいて複雑」「どうやって決めればいいの?」とパニックになる方もいらっしゃるかと思います。しかし、それは全部大企業の話です。
ここでは、会社設立の際に役立つスモールビジネスの話にフォーカスしてご説明します。小さな会社の場合は、基本的に取締役・役員の決め方は、2つあります。

1:取締役会を置かない場合

取締役会を置かない場合は一人以上の取締役を決めれば終わりです。一人で会社を設立する場合は、あなたが代表取締役とすれば良いです。
監査役は置かなくて大丈夫です。
この形態で二人以上で会社を設立し、二人以上の人を取締役とする場合は、全員が代表権のある取締役となります。(もちろん、自分以外を取締役とせず、社員とする場合もあります。)

2:取締役会を置いた場合

次に取締役会を置いた場合についてです。取締役会を置いた場合、3人の取締役と監査役が最低必要となります。(いきなり取締役会を置く形にする場合は少ないですが、一応解説しておきます。)
当然、取締役は3人必要です。また、監査役は当然、取締役や使用人(社員)を兼務することができませんので、もう一人必要となります。

取締役の責任について

「取締役」というとかっこいいかもしれませんが、当然責任も負います。取締役の責任としては、善管注意義務や競業禁止等があります。一緒に会社を設立したりする場合は、取締役になってくれる共同創業者がそうした責任について理解しているかを確認し、理解していなければ、説明する必要があるでしょう。
取締役の責任は、会社法で決まっています。

*リンク:会社法(e-Gov)

会社設立 freee

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

知識総合トップへ戻る