会計の基礎知識

農業簿記とは?農家さんの会計の基本知識を徹底解説!

農業簿記とは、農業を営む方が利用する会計の手法です。一般的な簿記とは異なる点があるため、農家さんが簿記をつけるときには注意が必要です。こちらの記事では、農業簿記に特有のポイントを紹介します。

農業対応の申告ソフト freee


freeeなら、農業所得用の青色申告・白色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

目次

農業簿記をつける対象となる人は?

農業簿記をつける対象になるのは、個人事業主として農業所得を得ている農家さんや、農業法人などです。品目に関わらず、農産物を生産/販売している事業主がつける会計は、基本的に農業簿記を選択することになると理解しましょう。

農業簿記と一般的な簿記との違い

農業簿記と一般的な簿記の主な違いについて、整理しました。初めて農業簿記をつける方は参考にしてみてください。

1. 専用の勘定科目

農業簿記では、一般的な簿記では利用しない専用の勘定科目を用いて帳簿付けを行います。
たとえば、生産資材に要した経費は「種苗費」「素畜費」「農薬衛生費」といった名称を用います。その他にも、お金の流れの種類によって「土地改良費」「生物」「農産物」といった勘定科目を利用することもあります。

2. 年度末の棚卸の方法

毎年度末に手元に残っている資材や商品の在庫は、「棚卸(たなおろし)」という作業でその金額を計算し、帳簿付けを行います。一般的な簿記(商業簿記)は物品の売買などを事業の前提にしているため、棚卸の際には「商品」といった勘定科目を利用します。
一方、農業においては、生産資材や収穫前後の農産物など、様々な種類の在庫が発生するため、それぞれ種類に分けて棚卸を行う必要があります。

農業簿記の棚卸に際しては、一般的に以下の4つの種類別に帳簿付けを行います。

勘定科目 内容 備考・例
農産物 販売目的で生産した物品 収穫済みの農産物の内、未販売で在庫となっているものなど
仕掛品 農産物生産のため栽培・育成中のもの 栽培中・未収穫の農産物や、販売目的で飼育途中の動物など
原材料 生産目的で費消される物品 種子・肥料・飼料・農薬・冷凍精液など
貯蔵品 生産・販売以外の目的で貯蔵される物品 燃料・包装材料・収入印紙など

3. 生物資産の管理(果樹/牧畜)

成熟した果樹・搾乳牛・繁殖豚など、生産活動を行っている状態の果樹や家畜は「生物」という勘定科目を用いて、固定資産として減価償却を行います。これらの果樹・家畜は、生産活動を開始するまでに要した育成費用を積み上げた金額を、固定資産の取得価額として計算します。

この処理を行うために、毎年度末に育成期間中の果樹・家畜にかかった肥料費・飼料費などの総計を「育成仮勘定」といういわば仮置きの固定資産に振り替える処理を行います。また、年度中に生産活動を開始した果樹・家畜は「育成仮勘定」から「生物」という固定資産に振り替えた上で、減価償却の対象として管理を開始します。

生物資産の管理(果樹/牧畜)
詳しくはこちら:会計freeeマニュアル【農業(個人事業主)の経理編:記帳】[生物の固定資産管理(果樹・搾乳牛・繁殖豚など)]

4. 確定申告で利用する専用の書類様式

個人事業主の農家さんが確定申告を行う際、税務署に提出する書類の一部(決算書/収支内訳書)は、農業専用の書類様式を利用します。
農業を通じて得た所得(農業所得)については、それ以外の所得とは切り分けて、その売上や経費をまとめることになります。

詳しくはこちら:農業所得を得た場合は?白色申告と青色申告での確定申告について

農業でよくあるお金の流れに関するポイント

農業簿記の知識とは別に、農業を通じて普段から生じるお金の流れの中でも、いくつか注意する必要があるポイントを紹介します。

詳しくはこちら:会計freeeマニュアル【農業(個人事業主)の経理編:記帳】[日々の登録方法]

1. JA(農協)への委託による農産物の販売

JAへの委託販売の形式で売り上げを得ている場合、最初にJAから契約金を受け取った後、実際に農産物の出荷をしたタイミングで契約金を相殺した残金が支払われることがあります。このような場合、厳密に帳簿付けを行う際には、契約金は「前受金」として管理します。

2. 外部から委託による農作業の売上

自身で栽培・育成した農産物の販売収入とは別に、外部から農作業の委託を受けて得た収入は「作業受託収入」として帳簿付けします。

3. 補助金や助成金などの収入

国や地方自治体から得た補助金や助成金の収入は「作付助成収入」などとして帳簿付けします。

4. 自家用/贈答用に利用した農産物

生産した農産物を自家用に使用したり、親戚などに贈答用として送ったりした場合、農産物の代金をもらわずに現物をそのまま消費することになります。代金の受け取りがなくても事業として収益が上がったことになるため、「家事消費等」という勘定科目で帳簿付けします。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

まとめ

普段のお金の流れを把握するために、農業簿記を身に付けることはとても大切です。ですが、帳簿付けの作業に時間を必要以上に割くことになってしまっては、農作業など本当に大切な仕事に集中することができなくなります。会計ソフトを利用することで、手間なく簡単に簿記を付けられるようになります。ぜひチャレンジしてみてください。

クラウド会計ソフト freee

会計freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識