会計の基礎知識

知っているようで意外と知らない?出納帳の種類と基礎知識

出納帳とは

出納帳とは会社組織や個人事業において、お金の入出金を記録した帳簿のことです。出納帳には入出金を現金で行う「現金出納帳」、銀行預金で行う「預金出納帳」、売掛・買掛を記録した「売掛・買掛帳」などがあります。

出納帳を正確に記録することで、いつ・どこで・何のために・入ってきた(くる)お金なのかを可視化することができます。会社でも個人でもお金の流れを把握しておくことは商売の基本であり、経営判断の要因になる重要なものです。

出納帳の種類

出納帳にはさまざまな種類があります。中でも重要な「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛・買掛帳」について解説していきます。

現金出納帳

現金出納帳とは記録したお金の入出金と現金残高が一致しているかどうかを確認できる帳簿です。お金というのは「現金」のことで、いつ・どこで・何のために・入ってきた(くる)現金なのかが見てわかるようにすることができます。

現金出納帳をつける必要性は、先に述べた「お金の流れの把握」をすることです。正確に記録をし、差引残高との照合を日次、月次、年次単位で行っていきます。

現金出納帳の記録や保管は特に義務付けられているものではありませんが、会社組織においては1つの経理業務となっていることがほとんどです。

現金出納帳に記録する内容としては「日付」「勘定科目」「摘要」「収入・支出金額」「差引残高」があります。

  • 日付 → 現金の入出金があった日付を上から順に記録していきます。
  • 勘定科目 → 何に対する現金の入出金があったのか、分類分けした勘定科目を記載します。
    例:「雑費」「光熱費」など
  • 摘要 → 現金の入手金について、取引の内容を記載します。
  • 収入・支出金額 → 入出金の金額を税込金額で記載します。
  • 差引残高 → 前日(先月・前年)の差引残高+当日(今月・今年)の収入金額-
    当日(今月・今年)の支出金額を記載します。

例として以下の現金出納帳のサンプル表をご覧ください。

日付 勘定科目 摘要 収入金額 支出金額 差引残高
7月1日 前月繰越金額 - ○○円 - ○○円
7月2日 事務用品費 切手代 - △△円 ○○-△△円
7月3日 交際費 手土産代 - □□円 ○○-△△-□□円

現金出納帳を正確に記録することによって正確な現金の入出金・現金残高を確認出来ます。

預金出納帳

現金出納帳は現金での入出金を記録する帳簿ですが、預金出納帳は銀行口座への入出金を記録する帳簿です。

記録する項目は現金出納帳と変わりないので、現金出納帳の記載方法を参考に預金通帳の通帳記載通りに各項目を記録すれば問題ありません。

預金出納帳を記録する注意点としては、銀行口座が複数ある場合、口座別に預金出納帳の管理を行うことです。口座別に出納帳をつけることで、口座ごとの残高管理を行うことができ、わかりやすく管理することができます。

売掛・買掛帳

売掛帳・買掛帳は売掛金・買掛金がある場合にどのくらいの入金・出金があるのかを記録する帳簿のことです。

売掛とは自社の商品を販売しても、販売時点では取引先などからの代金は受けず、例えば1カ月後など決められた期日に回収するものです。反対に買掛とは取引先などから商品の仕入れを行っても、代金を支払わず、決められた期日に支払をするものです。売掛金・買掛金は掛け取引といい、昔からある「ツケ」という言葉に近いかも知れません。

掛け取引を行っている企業は基本的に得意先のことが多く、1カ月分の売掛金・買掛金を一括で請求書を発行したり、逆に請求書の支払いをしたりします。お金の入出金が企業間で行われた時点で取引が終了します。

売掛・買掛帳の記載例は以下のとおりで、取引先ごとに作成します。

売掛帳
日付 科目 明細 金額 備考 支払いの有無
7月5日 売上 商品1 ○○円 7月25日請求
7月10日 売上 商品2 △△円 7月25日請求
8月5日 入金 売掛金 ○○+△△円
買掛帳
日付 科目 明細 金額 備考 支払いの有無
7月5日 仕入れ 商品1 ○○円 7月25日請求
7月10日 仕入れ 商品2 △△円 7月25日請求
8月5日 出金 売掛金 ○○+△△円

売掛・買掛帳共に取引が行われた日付順に記録していき、科目や明細に取引の内容を記入します。売掛・買掛帳をつけるポイントとしては得意先や仕入先ごとに帳簿を分けて管理すると取引先ごとの債権債務関係が明確になるので便利です。

また、ここでも正確に取引内容の記録をしていないと、支払い・請求の際に企業間での信用を失われてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

今回は「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛・買掛帳」について解説しました。出納帳といっても種類はさまざまで、それぞれ扱っているお金の種類が違うので、出納帳ごとの意味の違い、記録方法の違いを理解しておく必要があります。

しかし、いずれも会社のお金の入出金を管理するためであり、会社経営において重要な帳簿であることに変わりはありません。正しい経営に正しい出納帳は必要不可欠なのです。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識