会計の基礎知識

融資を受けるのに税理士の存在は必須?融資の相談や費用にまつわるQ&A

公開日:2021/11/29

必要な資金を集めるために、融資を受ける企業は少なくないでしょう。融資関連の相談をした場合のポイントや費用面について税理士の方に聞いてみました。

目次

この記事でご回答いただいたみなさま

リライル会計事務所 税理士 野口五丈さん

リライル会計事務所:公認会計士・税理士 野口五丈さん

クラウド会計freeeの導入実績は300社超!全国トップクラスの導入実績。クラウド会計を活用したベンチャー企業支援に特化した渋谷の会計事務所。 freee5つ星認定アドバイザー。創業融資(累計100社の調達)、VC資金調達(最大5億円の調達)に強いのも特徴。

リライル会計事務所

竹市会計事務所 税理士 竹市真由香さん

竹市会計事務所:税理士 竹市真由香さん

創業50周年・全国対応!freee5つ星認定アドバイザー。親しみやすい気さくな女性中心の会計事務所。法人成り・スタートアップの立ち上げから経営再建のご相談まで。IT導入補助金にも対応(IT業界出身の女性税理士が対応)。デジタル化/DXを目指す方をサポート!

竹市会計事務所

税理士法人あすなろ 税理士 清水昭紀さん

税理士法人あすなろ:税理士 清水昭紀さん

コンサルティング、税理士・行政書士業務、経理代行を行う横浜の税理士事務所。 freee5つ星認定アドバイザー。経営理念は「One for All, All for One」。BPO、入力、監査、決算、相続相談、MAS等に各々分野のエキスパートでチームを組んで「英知」を集め、経営者に寄り添い、変化・発展への道をともに歩む。

税理士法人あすなろ

株式会社Kaeru 代表取締役 大崎弘子さん

株式会社Kaeru:代表取締役 大崎弘子さん

ITや不動産、コミュニティを活用して、ウェブから集客する、サブスクリプション型の事業を複数展開。

株式会社Kaeru

freee株式会社 経理管理部 池嶋真吾さん

freee株式会社:経理管理部 池嶋真吾さん

食品メーカーでの5年間の経理経験を経てfreee株式会社に入社。インサイドセールス、カスタマーサクセスを経験し、2018年10月に経理チームへ異動。異動後に、バックオフィスメンバーとして人生初のIPOを経験する。現在は売上関連業務を中心に経理業務全般に幅広く従事。

Q.融資を受けるために税理士の存在は必須?

A.必須ではないが、融資が得意な税理士ならいた方がスムーズ

融資を受けるために税理士の存在は必須ではありませんが、顧問税理士がいることで信頼度は高まります。

リライル会計事務所:公認会計士・税理士 野口五丈さん

必須ではないですが、もし融資得意な税理士ならいたほうがいいでしょう。なぜなら、他社の融資通過事例を知ることができるからです。

こういった業務を得意にしている会計事務所さんもありますので、いないよりは相談に乗ってもらった方がいいかなと思います。理由は、いろんな会社の融資の通過した事例を知っているので、守秘義務に触れない範囲で手助けしてもらえる価値はあるのかなと思います。

税理士法人あすなろ:税理士 清水昭紀さん

一般的には、融資をする側の金融機関は、融資を希望する事業主の決算書や試算表を見るときに、税理士が顧問を務めていれば一定の信頼を置いています。また、融資をおこなった後においても、税理士が顧問を務めていることで、その後も決算書や試算表を定期的に見せてもらえるという安心感があります。

freee株式会社:経理管理部 池嶋真吾さん

会社の状況によりますが、マストではないと思います。お金を借りやすい財務諸表なのかそうではないのかもありますし、もっと言えば、元銀行員みたいな人が社内にいたら、その人を中心に進めればよいので、マストではないという言い方になると思います。逆にそのような有識者が社内にいない状況では、税理士の方の力を借りることでスムーズに進むことはあるでしょう。

株式会社Kaeru:代表取締役 大崎弘子さん

今回、コロナ禍の影響もあり、初めて融資を受けたのですが、税理士の方がいたほうが楽ではありましたね。常に融資が必要な業務をやられている場合は、当然ながら融資に強い税理士を選んだほうがいいと思います。逆に資金繰りにそこまで苦労しない業種は融資に強いかどうかはあまり見なくてよいでしょう。

例えば、日本公庫から融資を受ける場合、税理士の方が付き合いがあると互いに信用があるので、融資までスムーズになります。新型コロナウイルス感染症特別貸付の際も税理士がいたからこそ楽に受け取れた印象です。

Q.融資の相談は別途報酬がかかるのでしょうか?

A.プラン内に資金繰りの相談を含んでいない場合は別途料金が発生する可能性がある

契約した内容に資金繰りの相談を含まれていない場合は追加で料金が発生するケースが多いです。ほかにも成功報酬を設定している事務所もあります。

リライル会計事務所:公認会計士・税理士 野口五丈さん

弊社の場合、顧問先のみ利用できるメール相談を行っており、融資額の1%を成功報酬として設定しています。

また、メール相談、面談、融資書類の確認を行う「シンプルプラン」は融資額の2%、加えて融資書類の作成も行う「ベーシックプラン」は融資額の3%が成功報酬となります。

竹市会計事務所:税理士 竹市真由香さんん

これは契約の範囲にもよります。月次の顧問契約のプランの中に、資金繰り相談まで含んでいれば、別途の報酬は必要ありません。逆に、そうした資金繰りの相談を含んでいない契約であれば、別途料金がかかります。

その場合の料金は、書類の作成にかかった時間や、お客様の作った書類のチェックなどに、かかった時間によります。目安は事務所によって異なると思いますが、1時間1万円といった料金設定になるのではないでしょうか。

また、少数ですが、成果報酬でやっている税理士事務所もいらっしゃいます。この場合は、基本的にすべてを税理士側が行うというものです。事業計画の作成から、銀行などの融資担当者との直接交渉も税理士が同席して、ディスカッションに参加するなどします。ただし、その場合の報酬は「借り入れに成功したら、そのうちの何%」というような形になって、時間あたりの請求よりも額は大きくなるようです。

税理士法人あすなろ:税理士 清水昭紀さん

融資に際しては、審査に必要な帳簿や経営計画書の作成が必要な場合もあるので、会計事務所によっては、融資を受けられたら10%の成功報酬をいただきますという事務所もあります。

例えば、年に1回申告だけ請け負っているお客様が、融資を受けたいから帳簿を作ってほしいなど、契約外の業務が発生すれば、相談の上で書類作成料をいただくことはありえます。

Q.​​日本政策金融公庫から融資を受ける場合も税理士へ相談した方が良いですか?

A.1,000万円を越える融資を受けたい場合や不安がある場合は相談した方が良い

リライル会計事務所:公認会計士・税理士 野口五丈さん

必ず必要というわけではないですが、相談したほうがスムーズに進められると思います。

ただし、100万円〜200万円の金額であれば、税理士に相談する必要はないかもしれません。1,000万円程度〜の融資を受けたいという場合は、少し慎重になるという意味で、税理士に相談すると良いかなと思います。

いくら程度借りられるか、どんな使途だったら貸してくれるかといった、融資を行ったことのない経営者さんには分かりにくい温度感を知りたい場合は、相談してみましょう。

少し専門的な話をしますと、融資を受ける場合は、経営が黒字か赤字を見られるのはもちろん、貸借対照表を確認して債務超過かどうか、役員貸付金(会社から社長に貸し付けているお金)がないかなども確認されます。役員貸付金があるなら、決済の段階で解消しておくという対策も可能になります。

また、日本政策金融公庫の融資ではないですが、個人事業主が住宅ローンなどの審査を受ける際に、「与信」を見られたりする場合には、節税対策をするより利益を出す確定申告をするといったことは、よくある話ですね。

竹市会計事務所:税理士 竹市真由香さん

もしも不安であるというのであれば、もちろん事業計画を一緒に作るとか、チェックなどを税理士に依頼されてもいいでしょう。でも、公庫などは、利用者の相談に乗ってくれる窓口が用意されてします。ですから、税理士ではなく、そうした公庫側のサービスを利用するのもいいのかなと思います。

また、最近は民間の銀行にも、融資に協力してくださることもあるそうです。そうした担当者さんが手伝っていただけるのであれば、税理士には事後報告でもいいのではないでしょうか。

税理士法人あすなろ:税理士 清水昭紀さん

会計事務所を経由すると金融機関への対応がしやすいというのが、まず大原則としてあります。そうでなければ、個人で飛び込みで窓口に行って「審査を受けたい」と相談することになるので、向こうもどんな事業主なのかわからず審査に手間がかかり、ハードルが高くなります。

会計事務所に顧問を頼んでいるなら、会計事務所にはたいてい日本政策金融公庫に担当がついているので、相談したほうが結果的にはスムーズだと思います。会計事務所がふだんから帳簿を見ているという信頼感もありますし、専門的な質問も会計事務所の担当に聞けるので、話が早いというのが大きいですね。

あなたに合った税理士を紹介!freeeが提供する『税理士紹介サービス』

freeeが提供する税理士紹介サービスとは、あなたの事業の情報を入力いただくだけで、あなたに合った認定アドバイザーをfreeeのコーディネーターが繋げる無料のサービスです。

税理士を探す際には、長期的な付き合いとなることも多々あるため事業に適したスキルを持っているかどうかだけでなく、性格や仕事に対するスタンスなど様々な相性を考慮する必要があります。

税理士紹介サービスの流れ

STEP1:freee会計でアカウント登録を行う

freeeアカウント作成画面

まずはfreee会計の無料アカウントを発行しましょう。

STEP2:申込みフォームに事業の詳細を記入

申込みフォームにご記入のうえ、申請をお願いします。

申し込みフォームの最後に自由記入欄があるので、イメージしている税理士の特徴などを入れていただけるとよりニーズに合う税理士の紹介をすることができます。

STEP3:紹介したアドバイザーから連絡が来ます

紹介を依頼された方には、3人のアドバイザーに紹介したタイミングでメールが届きます。

その後数日間は認定アドバイザーが対応すると、freeeからメールが届きURLを開くと税理士からのメッセージを確認することができ、返信することができます。

連絡が取れましたら、そのままメッセージする、電話する、直接会うなどの連絡を取り、条件面や人柄が合うか等すり合わせのうえ、契約の検討をお願いいたします。

今すぐ税理士紹介サービスを使ってみたい方は、まず、こちらからfreee会計にご登録ください。

freee会計

freee会計

freee会計なら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!