確定申告の基礎知識

確定申告書「税金の計算」欄の計算と記入

確定申告書にはA・Bの2種類があり、それぞれ「税金の計算」欄があります。
こちらの欄に記入するのは、あなたが「納税する税金」です。この記事では、確定申告の税金の計算について詳しくご紹介していきます。

確定申告書「税金の計算」欄の計算と記入

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

確定申告の税金をすぐに計算したい場合

確定申告の税金計算について詳しくご紹介する前に、税額がいくらになるのか診断できるページをご紹介します。

青色申告の税額診断 | 最短1分で個人事業主の税額を算出』では、所得税、住民税、社会保険料、個人事業税がどれくらいかかるのかが自動で算出されます。青色申告だけではなく、白色申告の納税額も算出されるため、青色と白色どちらがお得かも比べることができるでしょう。

副業の税額診断 | 1分で所得税・住民税・社会保険料を算出』は会社員で確定申告をする方向けの診断ページです。こちらも所得税・住民税・社会保険料が算出されます。

これらの金額を確定申告書にそのまま記入することはできませんが、青色申告と白色申告を比較したり、どれくらいの納税額になるのか事前に心づもりをすることができます。

確定申告書Aの計算

ここからは実際に確定申告の計算について見ていきましょう。まずは確定申告書Aです。
確定申告書Aは、主に会社員の方が使用する用紙です。記入の際は源泉徴収票が必要ですので、手元に用意しておきましょう。

確定申告書A
確定申告書Aの全体像

確定申告書A 第一表の記入欄は主に5つのブロックに分けられます。税金の計算欄は、右上のエリアです。

①収入金額等

給与がある方は、源泉徴収票を参照しながら記入をしていきましょう。一年に支払われた給与合計額「支払金額」を「㋐給与」の項目に記入します。

②所得金額

源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を「所得金額」内の「①給与」欄に記入しましょう。その他、雑所得、配当所得、一時所得の記入欄もありますので、これらの所得がある場合は記入、合計した金額を「⑤合計」に記入します。

③所得から差し引かれる金額

「所得から差し引かれる金額」欄には、各種控除額を記載します。具体的には、源泉徴収票に記載されている社会保険料や生命保険料の控除額や、すべての人を対象に適用される基礎控除・38万円などです。

すべての控除額を記入後、合計金額を「⑳合計」に記入しましょう。

④税金の計算

「所得金額の合計⑤」から「各種控除金額の合計⑳」を差し引いた額を「課税される所得金額㉑」に記入します。さらに、「課税される所得金額㉑」に所得税率をかけ、「上の㉑に対する税額㉒」の欄に記入をしましょう。所得税率は、国税庁ホームページ「No.2260 所得税の税率」で参照できます。

その他、「配当控除」や「政党等寄付金等特別控除」、「住宅耐震改修特別控除」などがある場合は、計算した「税額㉒」から差し引いていきます。

全ての控除や減免額を差し引いて算出した「㉞再差引所得税額」に2.1%をかけたのが「㉟復興特別所得税額」です。「㉞再差引所得税額」と「㉟復興特別所得税額」の金額を合計し㊱へ記入後、そこから㊲と源泉徴収票に記載されている「㊳源泉徴収税額」を差し引いた金額が黒字の場合は㊴へ、赤字の場合は㊵に記入をします。

⑤その他

最後は「その他」の記入欄です。まず、配偶者に所得があった場合は、前年度の合計所得金額を「㊶配偶者の合計所得金額」に記入します。
㊷については、㊳で記入した税額のうち、雑所得、一時所得の金額に対する源泉徴収税額の合計額です。㊸には、未納付の所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額を記入します。

確定申告書Bの計算

確定申告書Bは、個人事業主やフリーランスなど、事業所得がある方を対象とした申告書です。A同様に、収入、所得金額、控除を計算したのち、税金やその他の項目を記入していきます。

①収入金額等

収入金額等

「収入金額等」の欄では、申告する年度の収入を記載します。フリーランスや個人事業の収入は「営業等(ア)」、従業員として給与を受け取った場合は「給与(カ)」に記入します。
不動産収入があった場合は「不動産(ウ)」に、株式などで配当があった場合は「配当(オ)」に記入しましょう。

②所得金額

収入金額等

所得金額とは、①の「収入金額等」から経費と控除を差し引いた金額です。最後に、「営業等(1)」から「総合譲渡・一時(8)」までの合計金額を「合計(9)」に記載しましょう。

③所得から差し引かれる金額

所得から差し引かれる金額

生命保険料や地震保険料の控除を受けている場合や、配偶者控除を申請する場合はこちらに記入をします。
確定申告の時期になると各控除証明書や源泉徴収票が届きますので、それらを見ながら記入しましょう。医療費控除や寄附金控除は源泉徴収票上に記載されていないので、別途、領収書や明細書を用意する必要があります。

「基礎控除(24)」は、誰でも38万円分受けられますので、忘れずに「38」と記載しましょう。最後に「雑損控除(10)」~「基礎控除(24)」までの合計金額を「合計(25)」に記載します。

④税金の計算

税金の計算

納税する税金の計算をしていきます。まずは「課税される所得金額(26)」の欄に、3の「所得金額」の「合計(9)」から、4の「所得から差し引かれる金額」の「合計(25)」の金額を差し引いたものを記入します。

その上で、「上の(26)に対する税額(27)」に、「No.2260 所得税の税率」をかけて計算します。なお、第三表を提出する人(分離課税の所得を申告する人)は、第三表の「税額(84)」の金額を記載します。

⑤その他の欄の記入

その他の欄の記入

その他の欄は、青色申告や専従者がある場合などに控除額を記入します。

確定申告書の計算を不安に感じたら

これまで見てきたように、確定申告書には収入と所得、控除を記載する欄があります。一つ一つ、ご自身で記入していくのも良いですが、計算ミスなどが起こらないか不安なところです。

さらに、控除の欄では自分が利用できる控除を記入していく必要があります。控除は節税にも影響しますので、できる限り活用したいところ。

別途収支内訳書などを提出する場合もあるので、日々の事業活動や所得状況に動きがある場合は会計ソフトを利用して帳簿をつけておくのがお勧めです。

自動で集計を行ってくれるため、計算ミスも減ります。確定申告書の作成も楽でしょう。さらに、チャットやメールで申告書の書き方や計算について質問することもできます。

ここから先は、確定申告ソフトを使って簡単に計算を行う方法をご紹介していきます。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

確定申告ソフト freee


確定申告

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識