確定申告の基礎知識

個人事業主は必読!確定申告の必須記事まとめ

会社員であれば、基本的に税金のことは会社の経理担当に任せるしか選択肢がなく、自分で裁量できる範囲はほとんどありません。しかし、個人事業主は経理業務も自分でやらなければなりません。レシートをまとめ、記帳や確定申告まで自分で行っている人が多いでしょう。会計作業は面倒という人が多いですが、逆にいえば、工夫次第で会社員よりも節税できるということでもあります。

個人事業主が確定申告をするにあたって、税金の知識は不可欠です。そこで、個人事業主やフリーランスの方が知っておくべき税金関連記事をまとめました。

 matome-kojin_1.jpg

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

個人事業主にとって確定申告は「義務」です

最初に質問です。確定申告の「確定」とはどういう意味かご存じでしょうか?

一年間の金銭の流れを記帳して、税金を確定させるという意味です。なお、所得が多い場合、半期決算時に中間申告をしなければなりません。

「税金を確定させた申告書を作成後、税務署に申告し、税金を納付する」、ここまでがセットになっています。会社員から独立した方は軽く考えがちですが、個人事業主にとって確定申告は義務です。

確定申告を期日(通常、2月16日~3月15日)内に行い、納税を期限まで(所得税は3月15日、消費税は3月31日)に行うことは法律で定められています。この期日を守らないと、無申告加算税や延滞税といったペナルティが課せられます。

また、節税メリットの大きい青色申告の承認を取り消されることもあります。そういったペナルティは事業の信用を毀損し、金融機関の融資の際などにデメリットとなります。

そういうきびしい面がある一方で、確定申告は税務上、各種控除や経費が認められるなど、メリットが大きいのも事実です。設備投資を計画的に行ったり、資産の計算方法を選んだりといった選択を行うことで節税し、事業を安定させることもできます。前向きに確定申告と向き合ってください。

所得税だけでない!個人事業主が納める税金の種類とは?

個人事業主が納める税金は、所得税だけではなくさまざまな種類があります。
白色申告、青色申告のどちらを選ぶかで税額に違いもあります。まずは全体像を把握しておきましょう。

  • <おもな内容>
  • 個人事業主が納める税金
  • 所得税とは
  • 所得控除
  • 税額控除
  • 青色申告と所得税
  • 住民税とは
  • 住民税の均等割
  • 住民税の所得割
  • 青色申告と住民税
  • 消費税及び地方消費税について
  • 消費税及び地方消費税の計算
  • 対象となる期間について
  • 個人事業税
  • 個人事業税と青色申告

起業する前に知っておきたい!個人事業主が納めるべき税金と税率

個人事業主が納める税金の全体像を把握したら、各々の税率を見てみましょう。
青色申告の場合は、一定の控除を受けることが可能です。まだ確定申告の種類を決めかねている方は、青色申告か白色申告かを選択する際の参考にしてください。

  • <おもな内容>
  • 個人事業主が納める「国税」と税率
  • 所得税
  • 消費税
  • 個人事業主が納める「地方税」と税率
  • 個人事業税
  • 住民税
  • 知っておきたい!個人事業主が受けられる税金控除とは
  • 青色申告特別控除
  • 事業主控除

青色申告をする前に要確認!確定申告での所得税の計算方法と税率

青色申告を選択した方は、予め所得税の計算方法やしくみを知っておきましょう。
所得が増えれば、適用税率も高くなるため、支払うべき税金の心づもりをしておくためにも、自分で大まかな計算はできるようにしておくと安心です。

個人事業主の住民税の計算方法、納付時期、均等割・所得割について

所得税を支払ったあとにやってくるのが住民税の納付です。
確定申告の書類を作成した際に所得税の金額はわかりますが、住民税は確定申告データをもとに各市区町村が計算します。
こちらの記事では、自分で計算する機会があまりない住民税の計算方法についてご説明します。

  • <おもな内容>
  • 住民税の納付時期
  • 住民税の納付方法・納税窓口
  • 均等割の金額について
  • 所得割の税率と計算方法
  • 均等割額 + 所得割額 = 住民税の金額
  • 住民税の仕訳について

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

しかし、会計freeeを活用すれば、小中規模の個人事業であれば月額980円のプランで充分、経理活動や確定申告を行うことができます。

まとめ

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識