確定申告の基礎知識

個人事業主と確定申告

確定申告の基本的な知識を身に着けたら、次に個人事業主と確定申告の関係について考えていきましょう。
個人事業主が確定申告をするにあたって、税金の知識は不可欠です。個人事業主、フリーランスの方が知っておきたい税金のまとめ記事をお届けします。

目次

個人事業主と確定申告

所得税だけでない!個人事業主が納める税金の種類とは?

個人事業主が納める税金は、所得税だけではなく様々な種類があります。
白色申告、青色申告のどちらを選ぶかで税額に違いもあります。まずは全体像を把握しておきましょう。

起業する前に知っておきたい!個人事業主が納めるべき税金と税率

個人事業主が納める税金の全体像を把握したら、各々の税率をみてみましょう。
青色申告の場合は、一定の控除を受けることも可能です。まだ確定申告の種類を決め兼ねている方は、青色か白色か選択する際のご参考にも。

青色申告をする前に要確認!確定申告での所得税の計算方法と税率

青色申告を選択した方は、あらかじめ所得税の計算方法や仕組みを知っておきましょう。
所得が増えれば、適用税率も高くなるため、支払うべき税金の心づもりをしておくためにも自分で大まかな計算はできるようにしておくと安心です。

個人事業主の住民税の計算方法、納付時期、均等割・所得割について

所得税を支払ったあとにやってくるのが住民税の納付です。
確定申告の書類を作成した際に、所得税の金額はわかりますが、住民税は確定申告データをもとに市区町村が計算します。
こちらの記事では自分で計算する機会があまりない住民税についてご説明します。

いかがでしょう。
個人事業を開業する場合は、税金の知識をあらかじめ持っておくと確定申告の際に理解が早いです。
さらに、クラウド会計ソフトを使用すれば、税金の概要を把握するだけで十分です。開業前、独立前は確定申告が憂鬱だった方が、会計freeeを活用することで簡単に確定申告を終えたケースも少なくありません。
また、青色申告を選択したい方は開業届の提出が必須です。開業時に必要な書類を無料で、簡単に作成できる開業freeeもぜひご活用ください。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識