確定申告の基礎知識

あなたの寄付は控除の対象?確定申告と寄付金控除

確定申告をする上でぜひ活用したいのが控除です。総所得から一定金額を差し引くことで、課税対象となる所得が減り、節税効果が見込めます。しかし、そもそも自分が行った寄付が寄附金控除に該当するのか、また計算方法などを考えて億劫に思う方もいらっしゃるようです。今回の記事では、寄付をすることで対象になる寄附金控除について詳しくご説明していきます。

あなたの寄付は控除の対象?確定申告と寄付金控除

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

寄附金控除とは

まずは、寄附金控除とは何なのかについてご説明します。

都道府県・市区町村・認定NPO法人などに寄付をした場合、その金額に応じて確定申告の際に控除が受けられる制度を寄附金控除といいます。
国税庁は、寄附金控除について下記のように定義しています。

納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄附金控除といいます。
参照:国税庁『No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)

もしこの記事をご覧になっている方が寄付を行った場合、寄附金控除の対象となる可能性があります。

寄附金控除と確定申告の関係

次に、寄附金控除と所得税の関係について見ていきます。
そもそも控除とは、「ある金額から、一定額を差し引くこと」です。日本ではその人の所得に応じて課税される税金が決まり、確定申告によって一年の所得を申告・納税します。確定申告をする際に、各控除によって所得から一定金額を差し引けるのです。 寄附金控除は、所得から差し引くことができる控除の一つ。控除の金額が多ければ多いほど、納税金額も少なくなりますので是非活用したいところです。

確定申告で寄附金控除の対象となる人とは?

寄附金控除の対象になる方は、具体的には以下に寄付をした方々です。

  • 都道府県、市区町村
  • 政党、政治資金団体★
  • 住所地にある日本赤十字社の支部
  • 公益財団法人、公益社団法人、学校法人など★
  • 認定NPO法人★
  • 震災関連の寄付金

参照:国税庁『No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)

上記の中で★マークがついている寄付に関しては寄附金控除ではなく、寄付金特別控除を適用することもできます。寄付金特別控除には以下の種類があり、申告内容にもよりますが寄附金控除よりも節税効果が高い場合もあります。

寄付金特別控除

  • 政党等寄附金特別控除
  • 公益社団法人等寄附金特別控除
  • 認定NPO法人等寄附金特別控除

「認定NPO法人等」とは、所轄庁(都道府県知事や指定都市の長)の認定を受けたNPO法人を指します。認定NPO法人の一覧は、内閣府NPO法人ホームページから確認できます。

寄附金控除とふるさと納税

最近話題のふるさと納税も寄附金控除の一つ。寄付先が都道府県・市区町村の場合の寄付はふるさと納税に該当します。
ふるさと納税は寄付をすることで、地域を代表する特産品などが送られてくる上に、寄付金額から自己負担の約2,000円を差し引いた金額を税金から控除できます。

確定申告での寄附金控除に必要な書類

寄附金控除の対象となる寄付先へ寄付した場合、寄付金額を証明する書類が必要です。
金額を確定申告書類に記入するためだけではなく、提出時に添付も必要なので注意しましょう。
書類は寄付先から送られてきますが、届かない場合は「寄附金控除を受けるために必要な書類を受け取りたい」と連絡をしましょう。

寄附金控除の計算を簡単に

寄附金控除には計算方法があります。高額な寄付をのぞき、寄付金額合計から2000円を差し引いた金額が控除額になります。

  • その年の寄付総額
  • その年の総所得金額などの40%

上記のいずれか低い金額から2000円を引いた金額が寄附金控除額です。
もし計算に不安がある方は、確定申告ソフトfreeeの活用がおすすめです。後ほど詳しくご説明しますが、ステップに沿って記入をするだけで簡単に確定申告書類の作成が完了します。

寄附金(特別)控除の内容を記入する
画像の出典:freeeヘルプセンター『寄附金(特別)控除の内容を記入する


例えば、上記の図のように寄付の分類、名称、金額を入れるだけでOK。各項目横の「?」マークをクリックすれば、その項目に関する詳しい説明を読むこともできます。


【確定申告書B 第一表/第二表】

確定申告書B 第一表 確定申告書B 第二表
画像の出典:freeeヘルプセンター『寄附金(特別)控除の内容を記入する


記入した内容は、上記の図のように確定申告書Bに反映されます。プリントアウトするだけで申告書類が完成です。

また、寄附金控除の他にも、確定申告書は様々な記入が必要です。それらの記入に関しても、下記のように簡単に行うことができます。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識