確定申告の基礎知識

【令和最新】確定申告書等作成の徹底ガイド:作成の流れから申告まで

確定申告の時期が近づいてくると、ため息が出る方も多いのではないでしょうか。特に初めて確定申告をされる方は分からないことが多いはずです。毎年行っている方でも年に1度のことのため、忘れてしまっていることもあるでしょう。
そこでこの記事では、確定申告書作成の流れから申告までを詳しくご紹介していきます。

【令和最新】確定申告書等作成の徹底ガイド:作成の流れから申告まで

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

確定申告とは

まずは、確定申告について簡単にご説明します。
確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得を計算・申告し、納税する作業を言います。確定申告が必要な方は、法人経営者、個人事業主、フリーランスなどのほか、会社員の方でも一定の条件を満たす方は確定申告をしなければなりません。

ご自身の所得の種類に合わせた確定申告書類を選び、記入し、所轄の税務署に提出をしましょう。そして、期限までに納税を行う必要があります。
確定申告は、原則として申告年度の翌年2月16日から3月15日までに行います。3月15日が土日祝日の場合は、翌平日である3月16日が期限です。2019年度は「2020年2月17日から3月16日」の間に提出する必要があります。

確定申告が必要な人
個人事業主やフリーランス 自営業やフリーランスは事業所得にあたり、控除額を差し引いた金額よりも所得がある場合は確定申告の必要があります。控除額とは基本的に基礎控除の38万円のこと。所得が38万円を超えると申告が必要です。
一定額の公的年金を受け取っている場合 公的年金受給額から生命保険や扶養などの所得控除を差し引いて金額が余るようであれば、確定申告の必要があります。また、公的年金の源泉徴収が行われていても、公的年金等の年間の収入金額が400万円を超えれば申告が必要なので注意しましょう。
株取引で一定の利益を得た場合 株取引やFXなどの譲渡で利益を得た場合も確定申告を行わなければなりません。目安となる所得は、自営業などと同じ38万円。ただし、自動的に源泉徴収が行われる源泉徴収口座で取引があった場合や、税金の優遇が行われているNISA口座での利益が120万円までであれば申告は不要です。
不動産所得がある場合 土地や家などの不動産の譲渡や、貸付けて収入を得ている場合も確定申告が必要です。
会社員で2000万円以上の所得がある場合や、副業をしている場合 年間の給与が2,000万円を超えると年末調整の対象者となりません。別途確定申告をする必要があります。
本業以外にも仕事をしている場合、副業で年間20万円以上の所得がある場合は、確定申告が必要です。また、2か所以上の会社で給与を受けており、かつ年末調整が行われない方の収入が20万円を超える場合も確定申告が必要です。

上記のいずれかに当てはまる場合は、確定申告が必要です。

さらに詳しく知りたい方はこちら
確定申告するべき?確定申告が必要なケースと不要なケースとは
確定申告はいつからいつまで?申告期間やスマホでのやり方、提出方法をおさらい

青色申告と白色申告

確定申告の方法には青色と白色の2種類があり、どちらかを選んで確定申告する必要があります。
一般的に、青色申告は白色申告と比較すると詳しい帳簿付けをして提出する書類も多く、煩雑で大変なイメージを抱かれがちです。しかし、そのぶん節税効果も高く、様々なメリットを享受できます。

どれくらいの節税になるのか知りたい方は、ぜひ以下の診断をご活用ください。

青色申告の税額診断 | 最短1分で個人事業主の税額を算出
副業の税額診断 | 1分で所得税・住民税・社会保険料を算出

さらに詳しく知りたい方はこちら
青色申告と白色申告は何が違う?メリットとデメリットとは

確定申告書の作成方法と流れ

確定申告書の作成方法には、主に以下の3つがあります。

  • 手書きで確定申告書を作成する
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーを活用する
  • 確定申告ソフトを活用する

手書きで確定申告書を作成する場合は、所轄の税務署で確定申告書をもらうか国税庁のホームページからダウンロードをします。
所轄の税務署は、『国税局・税務署を調べる』から検索できます。直接足を運んで税務署の方に相談してみてもいいでしょう。ダウンロードをする場合は、『確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等』から行います。

確定申告書の作成①確定申告書等作成コーナーとは

確定申告書等作成コーナーとは、国税庁が提供する確定申告書の作成サービスです。
画面の案内に従い項目を埋めていくだけで、確定申告書等の書類を作成することが可能です。手書きと異なり計算も自動で行ってくれます。

提出方法は2通りあり、1つは書類を印刷して持参もしくは郵送で提出する方法、もう1つはe-Tax(イータックス)を利用した電子申告です。

確定申告書等作成コーナーのメリット

確定申告書等作成コーナーを使用する上で、知っておくと役立つ点を紹介します。

①途中保存が可能
確定申告書等作成コーナーでは、途中までデータを入力していれば保存が可能で、保存した続きから再開することができます。

②過去の年分のデータの蓄積が可能
住所や氏名等に変更がない場合、過去のデータを利用できます。また、昨年の確定申告書を確認したいという場合にも、過去のデータを確認することができます。
文書で保管していると、どこにしまったか忘れてしまったり紛失したりといったこともありますので、データで情報を蓄積してくれるのは安心です。

③確定申告書以外の書類の作成も可能
個人事業主の方が青色申告決算書や収支内訳書を作成する際にはもちろん、青色申告で65万円の特別控除を受けるための貸借対照表も作成が可能です。その他にも、特例を受けられるかどうかのチェックシートなどの書類も用意されています。

④誤りを指摘してくれる
金額を入力していく際に、不整合があると指摘をしてくれます。源泉徴収票通りに入力していけばあまり誤ることもないですが、それでも何か不整合がある際には、「入力した内容が正しい場合は、年末調整が誤っている可能性がありますので、給与の支払元に確認してください」というような表示もしてくれます。

確定申告書等作成コーナーで作成できる書類

ここからは確定申告書等作成コーナーで作成できる書類についてご紹介します。

①所得税及び復興特別所得税の確定申告書
まずは、一般的な確定申告書。確定申告書にはAとBの2種類があり、給与所得や年金所得のみを得ている方は「確定申告書A」を、それ以外の所得を得ている方は「確定申告書B」を選びます。

②青色申告決算書・収支内訳書
青色申告決算書と収支内訳書(いずれも所得の計算根拠の詳細について記載した書類)を作成できます。青色申告の方は青色申告決算書を、白色申告の方は収支内訳書を作成します。青色申告決算書と収支内訳書は、いずれも「営業などの事業所得」「農業の事業所得」「不動産所得」のそれぞれに関して作成が必要です。

③消費税及び地方消費税の確定申告書
消費税及び地方消費税の確定申告書を作成できます。消費税額を申告して納付する必要のある事業者(納税義務者)は、ある程度売上規模の大きい事業者のみです。ご自身が消費税の納税義務者かどうかは、こちらのページのフローチャートで簡易的に判断することができます。

④贈与税の申告書
贈与税の申告書を作成できます。贈与を受けた財産の評価を事前に済ませた上で、確定申告書等作成コーナーを利用しましょう。

確定申告書等作成コーナーで確定申告する流れ

確定申告書等作成コーナーで書類を作成して税務署に提出するまでには、大きく分けて3つのステップがあります。

①作成コーナーにアクセスする
国税庁のホームページから、確定申告書等作成コーナーにアクセスします。

②申告書等の作成
画面の案内に従って金額等を入力すると、税額などが自動計算され、申告書等が作成されます。

③税務署へ提出
作成した申告書等を税務署に提出します。印刷して紙の原本で提出するか、後述するe-Taxで送信するか、いずれかの方法を選べます。

e-Tax(イータックス)とは

e-Taxとは、確定申告などの各種納税の手続き及び国税に関する申請・届出を、インターネットを使用して電子的に行うシステムです。税務署に行かずとも確定申告をすることができ、生命保険料控除の証明書や医療費控除の領収書などの添付書類を省くことが出来るメリットがあります。
ただし、利用するためには、事前に以下の環境の準備をする必要があります。

  • 使用するパソコンが推奨環境を満たしているか
  • 電子証明書が組み込まれたマイナンバー、もしくは住民基本台帳カードを持っているか
  • 電子申告等開始届出書を所轄の税務署に提出し、利用者識別番号を取得しているか
  • ICカードリーダライタを持ち、それが電子証明書が組み込まれたマイナンバーか住民基本台帳カードに対応しているか
  • パソコンの環境に応じてセットアップを行っているか

これらをすべてクリアして、初めてe-Taxを利用することが出来ます。

e-Taxに関して詳しく知りたい方はこちら
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ

確定申告書等作成コーナーをスマホで利用する方法

平成31年1月から「確定申告書等作成コーナー」は、スマホでも所得税の確定申告書が作成できるようになりました。スマートフォン・タブレットに最適化したデザインの画面を利用して、所得税の確定申告書が作成できるようになります。
ただし、スマホ向けのデザインを利用できるのは、給与所得者(年末調整済み)で、医療費控除又はふるさと納税などの寄附金控除を適用して申告する方に限定されます。

確定申告書の作成②確定申告ソフトの利用

確定申告ソフトで確定申告書を作成する方法もおすすめです。
「確定申告書等作成コーナーのメリット」でご紹介した4つのメリットもカバーしていますし、e-Taxに対応した確定申告ソフトを使えば電子申請も可能です。

確定申告ソフトfreeeも電子申告対応

さらに確定申告ソフトfreeeでは、 青色決算書・白色申告の収支内訳書・確定申告書Bの e-Tax用データを作成することも可能です。
質問に沿って答えていくだけで、確定申告書類を作成できるため、会計や経理の知識がなくて不安だという方にも確定申告ソフトfreeeはおすすめです。

会計ソフトで確定申告書を作成するメリット

確定申告ソフトには様々な種類がありますが、ここでは確定申告ソフトfreeeを例にメリットをご紹介していきます。

銀行口座やクレジットカードの口座と連携
事業用の銀行口座やクレジットカードの口座と連携し、取引履歴を自動で取り込めます。いちいち領収書を見ながら経費を入力する必要はありません。さらに、スマホのアプリを利用すれば写真で撮影した領収書を読み取り金額や項目が自動入力される機能も。

メール・チャットでのサポートあり
確定申告書を作成しながら、メールやチャットでのサポートも受けられます。確定申告を自宅で行いながら専門家に質問できる点も大きな魅力です。

タブレット・スマートフォンからも利用可能
タブレットやスマートフォンを利用してデータを作成したいという方にもおすすめです。確定申告書等作成コーナーもタブレット端末による利用が可能ですが、作成出来る書類の種類が限られます。

また、複数人で共有して利用したいという方にはクラウド型の会計ソフトが適しています。例えば、税理士さん専用のアカウントを作成し、招待することもできます。

確定申告ソフトfreeeも電子申告対応

さらに確定申告ソフトfreeeでは、 青色決算書・白色申告の収支内訳書・確定申告書Bの e-Tax用データを作成することも可能です。
質問に沿って答えていくだけで、確定申告書類を作成できるため、会計や経理の知識がなくて不安だという方にも確定申告ソフトfreeeはおすすめです。

ここから先は、確定申告ソフトfreeeを使った具体的な確定申告のステップをご紹介します。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee


確定申告

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識