確定申告の基礎知識

スマホでe-Taxするには?電子申告をスマートフォンで完了しよう

e-Tax(電子申告)はスマートフォンやタブレットからできるのでしょうか。結論から言うと、2019年(2018年度分)からスマホからの申告が可能になります。昨年度までは、書類の作成までが可能でした。今回の記事では、スマホからe-Tax(電子申告)を簡単に行う方法についてご紹介していきます。

スマホでe-Taxするには?電子申告をスマートフォンで完了しよう

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

スマホでe-Taxとは?

「スマホでe-Tax」とは、スマートフォンやタブレット端末で確定申告書類を作成し、電子申告(e-Tax)をすることです。スマートフォンで作成から提出まで全てが完結すれば、とても便利ですね。

しかし、昨年度までは確定申告書類の作成はできても提出までは対応していませんでした。

2018年(2017年度分)まではスマホからの提出はできない

2018年時点では、スマホを使ってのe-Taxは、確定申告書類の作成はできても提出はできませんでした。2018年(2017年度分)まででできることは以下の7つです。

  1. 利用者情報の登録・確認・変更
  2. 納税手続
  3. メッセージボックスの確認
  4. 還付金処理状況の確認
  5. 納税証明書の交付請求
  6. 徴収高計算書の提出
  7. 振替納税結果の確認

参照:国税庁『e-Taxソフト(SP版)のご利用に当たって

この「できること」のなかにスマホからの確定申告の提出は含まれていません。
これはスマホがマイナンバーを認識できないためです。マイナンバーカードには電子証明が含まれているため、マイナンバーを認識できないと本人確認ができないのです。

2019年(2018年度分)からのスマホのe-Taxは?

しかし2019年(2018年度分)からは、スマホでのe-Tax提出が可能になります。スマートフォンから「所得税(確定申告書等作成コーナー)」にアクセスし、画面の指示に従って入力していくと、確定申告書類の作成・提出が可能です。ただし、利用できるのは2019年1月からで、事前に税務署でのID・パスワード取得が必要になります。

いつでもどこでもスマホで申告
参照:『いつでもどこでもスマホで申告

提出方法の選択

IDとパスワードの発行を希望される場合は、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、税務署で手続きをしましょう。後日「ID・パスワード方式の届出完了通知」が届きますので、記載されたIDとパスワードを入力しましょう。

いつでもどこでもスマホで申告
参照:『いつでもどこでもスマホで申告

ID・パスワードの入力後、収入・控除などを入力すると、スマホからのe-Tax(電子申告)は完了です。

通常、確定申告の手続きにはマイナンバーの記載と本人確認証の写しの添付が毎回必要ですが、このようにe-Taxを利用すれば本人確認証類の添付は不要になります。

スマホでe-Taxを利用する際の注意点

スマホからのe-Taxについての一連のことを「ID・パスワード方式」と呼んでいます。昨年までと比較して便利になりましたが、できないこともあります。まず、メッセージボックスの閲覧ができないため、還付金の処理状況や、過去の申告履歴を見ることができません。もし過去の申告を振り返りたい場合は、手元に控えを持っておきましょう。また、確定申告書類は作成できますが、決算書の作成は未対応です。

スマホで確定申告を簡単に行うには?

これまでみてきたように、スマホで確定申告を行う方法には注意点もあり、まだ過渡期と言えるかもしれません。
しかし、スマホを使って手軽に確定申告ができたら便利です。

スマホを利用して確定申告をする1つの方法として、会計ソフトの活用があります。
例えば、会計ソフトのfreeeには下記のような機能があり、スマホからも利用できます。

  • インターネットバンキングやクレジットカードの口座と連動
  • 仕訳で勘定科目を自動提案(手動での登録も可能)
  • メールやチャットのサポートあり

スマホでかんたん確定申告 参照:ハウツー本も発売中!

アプリから確定申告

会計ソフトのfreeeは、アプリもあります。
確定申告作業もステップ形式でナビゲートしてくれるため、質問に答えていくだけで確定申告が完了します。
面倒な領収書管理も、スマホで撮影した画像をアップロードするだけなので、紛失などの心配もいりません。空き時間を活用し、効率よく確定申告をしてみませんか?

アプリのダウンロードはこちらから

また、次の項目ではPCからの確定申告方法をご紹介します。スマホも下記と同様に簡単ですので、ぜひ参考にしてみてください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識