確定申告の基礎知識

確定申告の際に必要な5つの書類

確定申告のに必要な書類は主に5種類あります。今回の記事では、確定申告に必要な書類についてご紹介していきます。

目次

1)申告書(確定申告書Aまたは確定申告書B)

確定申告書A:主にサラリーマンや年金所得者である人
確定申告書B:主に個人事業者や分離課税対象の所得がある人
※分離課税対象の所得がある人や、所得金額が赤字になる人は、別に書類が必要となります。

また、申告書を印刷する場合、こちらのサイトからダウンロードできます。

確定申告書

2)青色申告決算書

青色申告:細かい帳簿付けが求められるが、特別控除により節税(最大65万円)ができるなど、様々な特典がある申告方法。会計ソフトを活用すれば負担は軽減可能。

青色申告決算書:青色申告に必要な書類。青色申告用の会計ソフトを使っている人は、最終的に出力されたデータを書き写すだけの作業になります。

※ 青色申告決算書は、『一般用・農業所得用・不動産所得用』の3種類があります。通常は一般用の青色申告決算書でOKです。
また、申告書を印刷する場合、こちらのサイトからダウンロードできます。

青色申告決算書

3)各種控除を受けるための証明書

例えば以下のような例が挙げられます。

【医療費が年間10万円を超えた人】
・医療費の明細書
・交通費明細書など

【住宅ローン控除を初めて受ける人(2年目以降は年末調整で可能)】
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・住民票の写し
・売買契約書の写し
・登記事項証明書の原本
・金融機関の住宅ローンの「残高証明書」

【寄附をした人】
・寄附した団体などから交付された寄附金の受領証
・法人や信託が適格であることなどの証明書又は認定証の写し

4)必要経費の領収書

所得控除を申請する際に必要となります。 つまり、今までみたいにいちいち領収書やレシートを保存しておく必要が無くなるんです! 近い将来、世界で紙の領収書がなくなるかもしれませんね。 詳しくはこちらをご覧ください。

領収書

5)源泉徴収票

源泉徴収票:その年の年収と、国に支払った税金額が記載してある書類

※個人事業主の方でも必要な場合があります!
源泉徴収票は給与を支払った者が、給与の支払いを受けた者に発行するものです。
個人事業主であっても、どこかに勤務してる場合や、法人の役員になっていて、給与や報酬をもらっている場合、発行されます。

※ 個人事業主が自分に給与を払うということは、税制では認められていないため、自分が自分に支払った給与の源泉徴収票の発行を受けることはできません。

源泉徴収

いかがでしょう。確定申告をする際に必要な書類をご紹介してきましたが、会計ソフトを使用すれば、1・2でご紹介した申請書や決算書は簡単に作成することができます。
確定申告をスムーズに乗り切るためにも、ぜひ会計ソフトをご活用ください。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をした方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識