確定申告の基礎知識

【初心者必見!】そもそも確定申告とは?年末調整との違いについて

毎年2月から3月になると「確定申告をしなくては!」と焦る声が聞こえてきます。税金に関する手続きといえば、会社員が会社で経理に提出して行う「年末調整」もありますが、確定申告とはどう違うのでしょうか?今回は、確定申告の目的や年末調整との違い、青色申告・白色申告のメリットなどについてご紹介します。

アイキャッチ

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

確定申告とは?

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告・納税します。人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合(還付申告)もあります。

確定申告が必要な人

次の条件にあてはまる人は、確定申告を行って税金を納める義務があります。

  • <確定申告が必要な人>
  • ・配当所得があった人
  • ・不動産所得があった人
  • ・事業所得があった人(個人事業主)
  • ・給与所得があった人(サラリーマンでも確定申告が必要な場合も。後述)
  • ・退職所得があった人
  • ・譲渡所得があった人
  • ・山林所得があった人
  • ・一時所得があった人
  • ・雑所得があった人(年金、事業的規模でない副業による所得などがある場合)

個人事業主は、みずからの事業による所得を計算して確定申告を行います。確定申告せずに放っておくと、本来納めるべき税金に「加算税」や「延滞税」がプラスされて納税金額が高くなってしまいます。

ちなみに、「所得」とは収入金額から経費を引いた金額です。例えば事業による売上が900万円、人件費などの経費が600万円だった場合、残りの300万円が事業所得になります。さらに、青色申告の特典などの控除制度をうまく活用して所得を少なくできれば、確定申告の際に節税もできてお得です。

確定申告と年末調整はどう違うの?

年末調整とは、給与から天引きされている所得税の過不足を計算して調整する手続きです。会社員であれば、毎年11月から12月にかけて行われ、通常12月の給与支払い時に精算が完了します。毎月給与から天引きされている所得税はあくまでも概算で、生命保険料控除などが反映されていません。年末調整で正しい所得税額を算出し、足りない人からは追加徴収、支払い過ぎている人には還付します。

本来であれば所得税の納税は確定申告によって行うものですが、年末調整を行うことで納税の精算が済んでいるため、会社員は確定申告が免除されています。ただし、条件によっては会社員でも自分で確定申告をしなければなりません。

サラリーマンでも確定申告が必要な場合

会社員の中でも、高額収入の方やマンション・アパート経営をされている方は、所得の金額により確定申告が必要となります。また、病気やケガで入院・治療した方は、医療費が10万円を超えている場合(一部例外あり)に確定申告を行うと「医療費控除」の対象になります。

  • <会社員向け:確定申告が必要になる条件>
  • ・給与収入が2,000万円を超えている場合
  • ・2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合
  • ・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
  • ・医療費控除、雑損控除などを受ける場合
  • ・住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)
  • ・その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合
  • ・ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合

青色申告?白色申告?いろいろあるけど何が違うの?

確定申告の方法には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

青色申告とは

青色申告とは、特別控除が設けられている確定申告の方法です。これは、1950年に施行された制度で、日々の取引きをすべて帳簿に記して正しく申告すると、さまざまな特典を受けられるしくみになっています。青色申告のおもな特典は以下のとおりです。

  • <青色申告のおもな特典>
  • ・青色申告特別控除(65万円または10万円)
  • ・青色事業専従者給与の必要経費算入
  • ・純損失の繰越し

青色申告では、正規の簿記の原則(複式簿記)に基づいて帳簿を作る場合、所得金額から65万円を控除できます。青色申告特別控除を差し引いて所得金額を減らせるため、申告・納税する金額も小さくなります。簡易帳簿で申告する場合は10万円控除となります。

さらに、青色申告は、家族への給与(青色事業専従者給与)を経費にできたり、赤字を3年先まで繰り越したりすることができます。赤字になった次の年に利益が出ても、そこから前年の赤字(繰越欠損金)を差し引くことができるのです。

白色申告とは

白色申告とは、青色申告と比べて簡単に確定申告ができる方法です。貸借対照表の提出が不要であるほか、帳簿も取引きごとにすべて記載するのではなく、日々の合計金額を一括記載する方法で申告できます。

ただし、白色申告には、青色申告にある家族への給与を経費にできるしくみや、赤字の繰り越しもありませんので、節税メリットは少ないといえるでしょう。

なお、白色申告で例外的に損失の繰越しができる場合もあります。それは、変動所得と被災事業用資金です。変動所得とは、原稿料や著作権使用料、漁業、海苔の養殖など、年によって収入が大きく変動する所得のことです。被災事業用資金とは、地震などの災害によって資産に受けた損害を指します。

青色申告、白色申告の選び方

以前は「青色申告は面倒だから」「帳簿の作り方がわからない」という人が白色申告を選んでいました。しかし、2014年の法改正により白色申告にも帳簿作成が義務付けられたため、青色申告にしたほうがメリットが大きいという意見が増えています。

 beginner_1.png


引用元:国税庁

節税するなら青色申告が有利!

1_2.jpg


同じ所得金額であっても、青色申告で確定申告を行えばさまざまな特典があります。また、特典のひとつである青色申告特別控除により所得金額を抑えられるため、住民税や健康保険料も少なくなるのです。
後ほど詳しくご紹介しますが、会計freee など確定申告ソフトを活用すれば、確定申告も日々の経理作業も、青色申告も白色申告とほぼ変わらない手間で追えることができます。

ちなみに、青色申告を行うには、最初に青色申告承認申請手続が必要です。新規開業の場合は、開業から2ヵ月以内に「所得税の青色申告承認申請書」を所轄税務署に提出します。1月1日から1月15日に開業した場合は、確定申告期間の3月15日までに届け出が必要となりますので、早めに準備しておきましょう。なお、事業の種類や規模によっては、青色申告を選択することができない場合もありますので、国税庁のサイトなどでご確認ください。
届出を作成する際は、開業freee の活用がおすすめです。青色申告を始めるために必要な届出を、無料で簡単に作成することができます。

 beginner_2.jpg


引用元:国税庁

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で18個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

しかし、会計freeeを活用すれば、小中規模の個人事業であれば月額980円のプランで充分、経理活動や確定申告を行うことができます。

まとめ

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識