確定申告の基礎知識

電子申告で添付が必要な書類を解説

いまや主流となった電子申告。国税電子申告・納税システム(通称e-Tax)を利用して確定申告を終える法人や個人事業主も増えてきました。 e-Taxを利用することによって、所得税や消費税、法人税の申告書類を作成し提出できます。またe-Taxで申告すれば、通常確定申告書と共に提出が必要な書類の添付作業を削減できます。今回は電子申告の際の添付書類について解説します。

pixta_19548997_S

確定申告に必要な添付書類って何?

確定申告を行う際には添付が必要な書類が数多く存在します。具体的には、社会保険料控除証明書、医療費の領収書などです。申告書と共に添付が必要な書類の一覧に関しては、国税庁のこちらのページをご覧ください。

1年間事業を進めてきた中で生じたこれらの書類を整理した上で、確定申告書と共に提出します。提出する際は添付書類台紙などに貼り付ける必要があります。書類の整理や準備、提出がかなり手間だということはイメージできると思います。

つまり、添付書類の提出作業が削減できるe-Taxを利用すると、申告作業が効率化されるのです。e-Taxを利用して作成でき、別途提出が不要となる添付書類一覧はこちらです。すべての添付書類の提出がe-Taxで完結できるわけではありませんので、ご了承ください(電子的に提出できない書類の作成についてはこちら)。

このようにe-Taxの利用によって、スムーズに申告作業を進められます。(申告の期限から5年間は税務署などから提出を求められることもあります)。

添付書類を含めた申告までの流れ

では次に、e-Taxを利用し、添付書類も含めた電子申告を終えるために必要な準備について解説します。 まず不可欠なのがインターネット環境です。お使いのパソコンのネット環境をご確認ください。次に必要なのが本人確認です。手続きを本人が行っているかを精査するため、申告・納税の際には電子証明書の取得が必要になります。

電子証明書は、法務省運営の商業登記認証局や地方公共団体システム機構などが発行するものになります。電子証明書の取得によって、①データの作成者が本人であること、②データに改ざんされていないこと、の2点が証明されます。

その次に必要なのが、電子申告・納税等開始届出書です。この届出書を納税地を管轄する税務署へ提出しなければいけません。提出後は申告・手続きごとに届出書の作成をする必要はありません。

最後に必要なのが、利用者識別番号の取得です。ただし、これは先程の開始届出書を作成すれば税務署から送付されるため、特別な手続きは必要ありません。利用者識別番号などが記載された通知書が届くのを待ちましょう。 これでe-Taxを利用するための準備は完了です。

提出して申告を終えよう

準備が整ったあとは、書類を作成し提出するのみです。e-Taxにログインし、行いたい申告はどれかを選択し、案内に従って書類データを作成しましょう。そして作成したデータを利用者識別番号等と共にe-Tax上で送信します。受付に時間がかかる可能性がありますので、期限に余裕を持って提出しましょう。

以上が申告までの一連の流れとなります。今まで確定申告の際に億劫だった添付書類の整理や提出が削減できることがお分かりいただけたと思います。ぜひe-Taxを利用しスムーズに確定申告を終えましょう。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識