確定申告の基礎知識

e-Taxのメリットとは?確定申告におけるネット上での医療費控除の手続き

 medical_1.jpg

医療費控除をするには確定申告をしなければなりません。還付を受けるためとはいえ、仕事をしている方にとって平日の昼間に税務署に行くのは難しいことが多く、書類を郵送するにしても意外と手間がかかります。そんな場合は、インターネット上で申告をしてみましょう。
ここでは、国税電子申告・納税システム「e-Tax(イータックス)」で、医療費控除を受ける手続きについてご紹介します。

目次

医療費控除とは何を指すのか

自分や扶養家族などが支払った医療費が一定額を超えたときに、所得控除を受けることができます。この控除のことを「医療費控除」といい、所得税の還付として税金が戻ってきます。
医療費控除を受けるためには、おもに以下のような条件があります。



  • ・納税者自身、もしくは自身と生計をともにする配偶者やその親族の医療費であること
  • ・1年間(1月〜12月)のあいだに支払った医療費であること

これらの条件を満たし、手続きを行えば、適切な控除を受けることができます。

e-Taxで確定申告する上でのメリット・デメリット

e-Taxは、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成し、自宅などからインターネット送信によって提出できるシステムです。

 medical_2.jpg

e-Taxで申請するにあたってのメリットとデメリットは次のとおりです。

<メリット>
・確定申告期間中は24時間いつでも提出可能

税務署窓口で長蛇の列に並ばなければならないことも、確定申告において面倒に感じることのひとつです。しかし、e-Taxなら、申告期間中は土日・祝日を含む全日に利用することができ、24時間いつでも提出することができます(メンテナンス時間を除く)。

申告期間外は、基本的に祝日と年末年始を除く月曜日~金曜日の8:30~24:00に利用可能です。詳しくは以下のページでご確認ください。

e-Taxの運転状況・利用可能時間|e-Tax

・添付書類の提出を省略できる場合がある
窓口や郵送での申告では添付しなければならない社会保険料や生命保険料、地震保険料の控除証明書をはじめとする書類が、e-Taxでは添付を免除されます。

・還付がスピーディー
e-Taxで還付申告が行われた場合は、通常よりも還付金の振込が早くなります。書類の不備等がなければ、3週間程度で処理してもらえます。

参考:
e-Taxならこんないいこと:平成28年分 確定申告特集|国税庁

<デメリット>
・事前準備が少々複雑

e-Taxは、確定申告書作成の準備段階で、いろいろと必要になるものがあります。おもなものは以下となります。

  • ・インターネットに接続できるパソコンを用意
  • ・家電量販店などでICカードリーダライタを購入
  • ・役所に申請してマイナンバーカードを受け取り、電子証明書を取得

電子証明書は、e-Taxによる申告が確かに名義人本人によって行われ、送信のあいだに申告内容が改ざんされていないことを証明するものです。

電子証明書の発行機関としては「公的個人認証サービス」が代表的ですが、日本電子認証株式会社の「AOSign 」や、株式会社NTTネオメイトの「e-Probatio 」など、民間企業が提供しているものもあります。ただし、マイナンバーカードの発行申請と同時に電子証明書(公的個人認証サービス)に申し込むことができますので、現時点でマイナンバーカードを発行していない方は、そちらが便利でしょう。

これらの準備ができたら、e-Taxの開始届出書の作成・提出を行います。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

e-Taxの利用規約等を念のため確認し、ルート証明書・中間証明書のダウンロードとインストールを行い、e-Tax関連のURLがセキュリティソフト等で弾かれないよう、設定した上で作成を開始しましょう。

 medical_3.png

e-Taxの利用開始までの準備は少々たいへんですが、一度用意してしまえば、次回からは簡単に行えます。国税庁の以下のページでは準備の手順が丁寧に説明されていますので、そちらに沿って行いましょう。

e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって|e-Tax

医療費控除を受けるために必要な手続きとは?

医療費控除を受けるには、通常、医療費控除についての特記を記載した確定申告書を提出する必要があります。また、医療費の支出を証明できる領収書などの書類を、確定申告書に添付しなければなりません(申告書提出の際に提示しても問題ありません)。さらに、給与所得が生じている場合は、給与所得に関する源泉徴収票の原本の添付が必須となります。

これだけの作業を手作業で行うのはたいへんですよね。それをインターネット上で行えるようにしたのがe-Taxです。
医療費控除は計算が複雑で、手計算だと入力漏れなどのミスも起こりがちですが、e-Taxを利用すればそんな心配もありません。

e-Taxで医療費控除を完了させるまでの流れ

では実際に、e-Taxで医療費控除の手続きをしてみましょう。

【ステップ1】
インターネット環境が整った状態でブラウザを開き、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」にアクセスします。
確定申告書等作成コーナー│国税庁

【ステップ2】
「医療費集計フォーム」を選択して、Excelファイルをダウンロードします。この医療費集計フォームで医療費の詳細を入力し、デスクトップ等に保存しておきます。領収書が多い人は、予めこの作業を行っておくと、のちの作業がスムーズになります。


 medical_4. png

【ステップ3】

「確定申告書等作成コーナー」から「作成開始」を選択します。

 medical_5.png

【ステップ4】
e-Taxを利用した申請方法を選択し、順にチェックボックスなどを埋めていきます。初めてe-Taxを利用する人は「利用者識別番号」が必要になりますが、この流れで取得することが可能です。

 medical_6.png


 medical_7.jpg

【ステップ5】
次に、何の申告を行うかを選択します。医療費控除の場合は、「所得税の確定申告書作成コーナー」をお選びください。
ここから医療費控除の入力画面に進み、各種入力を進めていきます。

 medical_8.png

【ステップ6】
医療費の「入力方法選択」という画面が表示されますので、「医療費集計フォームに入力したデータを読み込む」を選んでください。

 medical_9.jpg

【ステップ7】
すると、次の画面が表示されます。

 medical_10.jpg

「医療費集計フォーム名」の「参照」から、医療費を入力した「医療費集計フォーム」ファイルを選択すると、読み込みが開始されます。その内容が以下の「医療費の入力内容確認」欄に反映されます。

 medical_11.png

【ステップ8】
あとは、最後まで医療費控除の入力を進めれば完了です。なお、ここでの入力方法については、国税庁のホームページで詳細な手順が紹介されていますのでチェックしてみてください。

医療費控除の入力編│国税庁

また、e-Taxを利用した場合は、税務署へ領収書の提出が不要になりますが、5年間は保管が義務付けられていますので注意しましょう。

なお、確定申告ソフトのfreeeはe-Taxに対応していますので、ソフトを使って作成した確定申告書類をe-Taxを経由して送付することが可能です。ステップに沿って質問事項に答えるだけで書類が完成しますので、手間を省きたい方はぜひご活用ください。

確定申告(電子申告)を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
さらにfreeeは、電子申告にも対応。freeeから直接オンライン上で申告ができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で18個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

freeeから直接オンライン上で電子申告

e-tax_image.png

freeeから直接オンライン上での電子申告も可能です。WindowsだけではなくMacにも対応。こちらもステップに沿って情報を入力していくだけで、自宅にいながら確定申告を完了できます。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識