確定申告の基礎知識

e-Taxの利用に必要な住民基本台帳カードとは?

確定申告を行う際にe-Taxの利用を考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用してインターネット上で申告を終えられる方も増えています。

ですが、事前にどういった準備が必要か把握するのは難しいですよね。そこで今回は、住民基本台帳カードなど、e-Taxを利用する際に必要な準備を解説します。

e-Taxの利用に必要な住民基本台帳カードとは?

e-Taxを利用する前の準備

先述のとおり、所得税や法人税の申告はインターネット上で行うことができます。e-Taxを利用すると、紙で書くなどの煩雑な業務が削減でき、税務署への持参や送付などが不要になります。 さらに、ご利用の会計ソフト上の会計・決算データをe-Taxと連携し、e-taxへ入力する手間を省くことも可能です(ご利用のソフトが連携可能かご確認ください)。

では、e-Taxのご利用にあたり必要な準備について解説します。

まず必要なのが本人確認です。手続きを本人が行っているか否かを精査するため、申告・納税の際には電子証明書の取得が必要になります。この際、住民基本台帳カードの準備も必要です。電子証明書は、法務省運営の商業登記認証局や地方公共団体システム機構などが発行するものになります。電子証明書の取得によって、①データの作成者が本人であること、②データに改ざんされていないこと、の2点が証明されます。

電子証明書の取得後、ICカードリーダーライタを利用します。

電子証明書の取得に使うのが住民基本台帳カード

次に、住民基本台帳カードの情報を読み取れるICカードリーダーライタを準備します。

家電量販店やネット経由で購入できますが、電子証明書発行手続きを行った市区町村によって住民基本台帳カードに合ったICカードラーダーライタの種類が異なるため、事前に適切な機器をご確認ください。「共用型」、「接触型」、「非接触型」など複数規格が存在するため、必ずご自身に合ったカードリーダーの購入が必要です。(また、Macをご利用の方は、Macに合う型を選択しなければいけないため要注意です。)

購入後はICカードリーダーライタのセットアップを行います。具体的なセットアップ方法は、公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ普及促進協議会のページをご覧ください。

電子証明書の取得とICカードリーダの利用によって、①データの作成者が本人であること、②データに改ざんされていないこと、の2点が証明されます。

その次に必要な準備が、電子申告・納税等開始届出書の作成です。この届出書を納税地を管轄する税務署へ提出しなければいけません。提出後は申告・手続きごとに届出書の作成をする必要はありません。

最後に必要なのが、利用者識別番号の取得です。ただし、これは先程の開始届出書を作成すれば税務署から送付されるため、特別な手続きは必要ありません。利用者識別番号などが記載された通知書が届くのを待ちましょう。

住民基本台帳カード利用上の注意点

お持ちの住民基本台帳カードに搭載された電子証明書は、利用期間内であれば引き続いてe-Taxはご利用いただけます。カードに組み込まれた電子証明書の有効期間は3年となっていますが、マイナンバーの導入に伴って注意が必要な点があります。マイナンバーカードの交付申請が必要な場合がありますので、国税庁のこちらのページをご覧ください。

確定申告を行うにはこのような準備が必要になります。ぜひ今回の内容を参考に、早め早めに手続きを進めていきましょう。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識