確定申告の基礎知識

確定申告をかんたんに終わらせるコツと出し方

最終更新日:2020/08/04
公開日:2020/07/27

確定申告をかんたんに終わらせるコツと出し方

「確定申告は難しい」、そんな印象を持っていませんか?確定申告には青色と白色があり、確かに青色申告書を手書きで作成するには経理や簿記の知識が必要です。計算ミスをしないように気をつけることも重要です。

しかし、会計ソフトの普及で簿記の知識がなくても、誰でも確定申告や経理作業ができるようになりました。ちょっとしたコツでかなり負担が軽減され、節税までできます。

本記事では、個人事業主やフリーランスが確定申告をかんたんに終わらせ、提出するためのコツをご紹介します。

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

確定申告とは

確定申告とは、1年間(1月1日〜12月31日)の所得を計算・申告し、納税まで行う一連の作業をいいます。

所得とは、売り上げから経費を引いた金額のことです。所得からさらに各種控除の金額を差し引き、最終的に算出された金額に課税パーセンテージをかけて、納税金額が決定します。

つまり、所得から差し引く経費が多いほど、課税対象となる所得の金額は小さくなるのです。

確定申告のコツ①定期的に経理の時間を作る

確定申告では、まず年間の売上と経費を計算します。経費は勘定科目ごとに分類しますが、溜め込むと確定申告期にとても時間がかかります。確定申告の時期に一気に経費を登録するのではなく、月に1度、請求書を出すタイミングで経費も計算するなど、こまめに作業することをおすすめします。

1人だと挫折しそうな場合は、同じくフリーランスや個人事業主に声をかけて一緒に経理作業をしてもいいかもしれません。例えば、会計ソフトのfreeeは利用者向けにfreee部というコミュニティを持っています。過去に、経理に関する質問会やもくもくと作業をする「もくもく会」などが開催されました。

フリーランスや個人事業主を応援するフリーランス協会のメールマガジンに登録するのもおすすめです。確定申告期にはフリーランスや個人事業主に役立つ記事やイベント情報を発信しています。経済危機などが起こった時は、政府の方針や動きなど最新の話題がいち速く配信されました。

確定申告のコツ②会計ソフトを使う

会計ソフトを使うことで確定申告の負担は大幅に軽減されます。これは、多くのクラウド会計ソフトが、経理や会計などの専門知識がなくとも操作できるためです。

初心者でもわかりやすく設計されており、例えば、会計ソフトのfreee経費登録の際、勘定科目もプルダウンから選ぶだけで大丈夫です。

会計freee画面
細かく分類された勘定科目。勘定科目の下に具体例も書かれているため選びやすい


ネット接続があればどこからでもアクセスできるため、例えば出先で事業に関する買い物をして、その場でアプリで写真を撮って経費登録することもできます。
アプリは自動で文字を読み取ってくれる上に、過去の履歴から勘定科目を推測してくれます。一つ一つ項目を手入力する手間が大幅に少なくなります。

会計freee画面

会計ソフトを使って確定申告をする場合、銀行口座やクレジットカードの口座と会計ソフトを連携させることをお勧めします。口座を自動同期しておけば明細を見ながら手入力をする必要がありません。

これは大幅な時間節約になります。経費登録と同じく、勘定科目を自動で推察してくれる点も便利です。さらに、過去の取引履歴や帳簿のデータから資金繰りについても自動で予測を立て、資金ショートを起こさないか定期的にチェックすることもできます。

会計freee画面

確定申告のコツ③請求書を一括で管理する

確定申告のもう一つのコツは、請求書の管理を意識することです。請求書を発行したら、発給番号を振り、一つのフォルダでわかりやすく管理しましょう。請求書の発行日と振込日は異なることがほとんどです。定期的に未入金がないか確認することが大切です。
万が一振込が遅れたら、メールや電話で先方に確認をしましょう。

請求書の管理に関しても、会計ソフトはとても役立ちます。
まず、請求書のテンプレート探しで迷う人は少なくありません。インターネット上には色々なテンプレートがあります。使ってみたものの使い勝手が良くない・自動で計算されないなどはよくあります。

会計ソフトのfreeeは見積書・発注書・納品書・請求書の発行機能もあります。特に、見積書からボタン一つで請求書に変換できる機能はとても便利です。見積書を見ながらいちいち転記したり、コピーしたことが原因でミスが発生することもありません。

請求書画面

作成した請求書は、登録した取引先にボタン一つで送付できます。メールの文面もすでに作成されているので、文章を考える必要すらありません。さらに、郵送(150円/通)にも対応しているため、紙で請求書が欲しいと言われた際は、代行で請求書を出してもらうこともできます。

事業用の銀行口座と連携しているため、振込が遅れたらアラートが出ます。自分で銀行口座を確認することなく、未入金の対応ができるのです。

確定申告の出し方(提出方法)

確定申告の提出期間は通常、2月15日から3月15日まで。15日が土日祝日の場合は、翌月曜日にずれます。令和2年分(2020年分)の提出スケジュールは2021年(令和3年)2月16日(火)~2021年(令和3年)3月15日(月)締切です。この期間内に、確定申告書の提出を完了しなくてはなりません。

提出方法は主に3つあります。

  • 税務署に郵送
  • 税務署に持参
  • e-Taxで電子申告

e-Taxはオンラインで完結するのでとても便利ですが、手続きにはマイナンバーカードが必要です。郵送の場合、郵便局の窓口で定形郵便として提出し2021年3月15日(月)までの消印があれば期限内として認められます。

郵送、持参、電子申告…いずれの方法で確定申告書を出す場合も、会計ソフトは役立ちます。例えば、会計ソフトのfreeeは全ての提出方法に対応。郵送する場合は、確定申告書類を印刷する際に宛名も一緒にプリントアウトできます。電子申告を使えば、自宅からにいながら即日の提出が可能です。

特に2020年からは、電子申告を選択すると控除が上乗せになります。会計ソフトのfreeeはMac・WindowsどちらのOSにも対応しているため、節税のためにも電子申告を活用しましょう。

確定申告画面

これまで、確定申告を簡単にするためのコツと提出方法について解説してきました。ここから先は、具体的な確定申告書の作り方について解説します。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

freeeは、面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

freeeなら、現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額1,180円)、スタンダードプラン(月額2,380円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

価格・プランについて確認したい方はこちら。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freeeで確定申告書を自動作成したら、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ【2019年(令和元年)10月最新情報】
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など
税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

確定申告ソフト freee


確定申告

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識