確定申告の基礎知識

e-Taxと「確定申告書等作成コーナー」を利用して、確定申告をする方法とは?

個人であれ法人であれ、事業者は年に一度、国に対して1年間の所得を申告し、納税をしなければいけません。この手続きのことを「確定申告」といいます。
確定申告は、以前は紙の書類に直接記載して提出するしか方法がありませんでしたが、2004年に国税庁の国税電子申告・納税システム「e-Tax」が登場。国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で作成した電子申告データを、紙に印刷することなく、そのままデータで提出できるようになりました。
e-Taxを使えば、場所を選ばずに手続きができるのはもちろん、社会保険料控除証明書や医療費のレシートなど、紙の申請では添付が必要とされているいくつかの書類の提出が省略できるというメリットもあります。
ここでは、e-Taxソフト及び、確定申告書等作成コーナーで申請書類を作成し、e-Taxで提出するまでの流れをご紹介します。

なお、会計ソフトのfreeeはe-Taxに対応しており、作成した確定申告データをe-Taxで提出することが可能です。そちらの手順については、下記のページをご覧ください。
e-Taxで確定申告を終わらせる4つの手順


目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

個人がe-Taxを利用して確定申告をする手順

e-Taxで電子申告を行うには、本人確認を行う必要がありますので、マイナンバーカードに組み込まれている「公的個人認証サービスの電子証明書」といった電子証明書が必要となります。まだ持っていなければマイナンバーカードを取得し、カード情報の読み込みに必要な、カードに対応したICカードリーダライタも入手しましょう。
電子証明書について詳しく知りたい場合は、こちらも参照してください

電子証明書の取得|e-Tax

1. マイナンバーカードとICカードリーダライタを取得する

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を開き、中央の「申告書・決算書 収支内訳書等 作成開始」を選びます。

 etax_1.png


続く画面で「e-Tax」を選びましょう。

 etax_2.png

チェックリストが出てくるので、通信環境等を確認してチェックを入れていきます。空欄の箇所があるまま「入力終了(次へ)」を押すと、未チェック項目の解説リストが表示されますので、ここで「公的個人認証クライアントソフト」及び「ルート証明書」のインストールを行います。

利用者クライアントソフトのダウンロード : 公的個人認証サービス ポータルサイト

 etax_3.png


インストールが終わったら「戻る」を押し、すべてのチェックボックスにチェックを入れて次へ進み、「利用者識別番号をお持ちでない方」を選びます。

 etax_4.png


e-Taxの利用に必要な「開始届出」作成のための入力フォームが表示されますので、欄に沿って情報を入力していきます。

 etax_5.png


すべてを入力し終えたら送信して開始届出を提出し、「利用者識別番号」を受け取ります。

 etax_6.jpg

引用元:国税庁

「次へ」を選ぶと、マイナンバーカードを読み込んで電子証明書の内容確認へと移りますので、画面に従って入力していきます。

 etax_7.jpg

引用元:国税庁

続いて、受け取った利用者識別番号の確認に進みます。

 etax_8.jpg

引用元:国税庁

最後に申請者を選んだら、e-Taxを利用する準備は完了です。続いて、そのまま「確定申告書等作成コーナー」での申請書類の作成に移ります。
なお、手順は国税庁「確定申告書等作成コーナー~操作の手引き~ (共通)e-Taxで送信するための準備編」でも確認できますので、詳細はこちらを参考にしてください。

3. 「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成

必要な書類のアイコンを選んで申請書類を作成していきます。途中保存もできますので、時間のあるときに少しずつ作業を進めることもできます。

4. e-Taxで送信する

申請書類がすべて出来上がったら保存し、e-Taxを使って送信します。

法人がe-Taxを利用して確定申告する手順

法人がe-Taxを利用する場合、大まかな流れは個人事業主と変わりませんが、電子証明書として利用するものや、決算書の作成に使うツールなどが異なります。以下で手順を確認してください。

 etax_9.jpg

1. 電子証明書を取得する

法人の場合は、電子証明書に公的個人認証サービス(マイナンバーカード)は使えませんので、商業登記認証局などが発行する電子証明書を取得する必要があります。
e-Taxで利用できる電子証明書の一覧と申込み方法、費用などについては、下のリンクから確認できます。

電子証明書の取得|e-Tax

2. 開始届出を提出し、利用者識別番号を受け取る

国税庁の「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【事前準備】」の手順に従って開始届出書を提出し、個人の場合と同様利用者識別番号を取得します。

3. e-Taxソフトをダウンロードする

国税庁の「e-Taxソフトのインストール」ページから、ソフトのダウンロードを行います。ソフトを起動したら、まずは電子証明書や利用者登録番号の登録などの初期設定を行い、e-Taxでデータを送信する準備を整えます。

4. 申請書を作成する

e-Taxソフトを使って、確定申告提出書類を作成します。法人の場合は個人の際に使用した「確定申告書等作成コーナー」は使えません。e-Taxのソフトを使うことで、申請に必要な書類を作成できます。

5. e-Taxで送信する

作成した書類を保存し、e-Taxで送信します。

まとめ

e-Taxは、紙で申告書類を提出する手間を省いてくれるだけでなく、自宅にいながら申請書類の作成・送付まで、すべて行うことができます。
まだ使ったことがないという方は、ぜひ利用を検討してみてください。
なお、e-Tax対応の会計ソフトfreeeを使用することで、さらにe-Taxを便利に活用することもできます。

確定申告(電子申告)を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
さらにfreeeは、電子申告にも対応。freeeから直接オンライン上で申告ができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

freeeから直接オンライン上で電子申告

e-tax_image.png

freeeから直接オンライン上での電子申告も可能です。WindowsだけではなくMacにも対応。こちらもステップに沿って情報を入力していくだけで、自宅にいながら確定申告を完了できます。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識