確定申告の基礎知識

確定申告が楽になるe-Taxとは?そのメリットと始めるのに必要なこと

確定申告書類の提出方法には、直接税務署に提出する方法や郵送があります。
しかし、e-Taxなら自宅のパソコンで作成し、申告まで済ませることが可能です。ここでは、e-Taxのメリットや実際の申告方法についてなど、詳しくご紹介していきます。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

e-Taxってどんなもの?

e-Tax(イータックス)の正式名称は「国税電子申告・納税システム」です。国税庁が管轄する国営のオンラインサービスで、2004年から導入されています。

インターネット環境があれば、自宅やオフィスにいながら国税に関する申告・申請・届出・納税の手続きが行える、とても便利なシステムです。自身のパソコンで決算報告書や確定申告書が作成でき、申告手続きまで済ますことができるため、確定申告のために税務署を訪れ、長蛇の列に並ぶ必要がなくなります。

e-Taxに対応した申告書を作成・送信する市販のソフトは数種類ありますので、自身に合ったものを利用しましょう。ちなみに、確定申告ソフトのfreeeも対応しており、パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用できます。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

e-Taxは、自営業者やフリーランスの方はもちろん、確定申告が必要な会社員でも利用可能です。 法人の申告も受け付けています。

e-Taxで作成・提出が可能な申告書

e-Taxでは、以下の申告をすることができます。

  • 青色申告決算書・収支内訳書
  • 所得税及び復興特別所得税の確定申告書
  • 消費税及び地方消費税の確定申告書
  • 贈与税の申告書
  • 更正の請求書・修正申告書

ほかにも、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」や「青色申告の承認申請書」の提出もオンラインで行えます。機能はどんどん追加されますので、詳しくはe-Taxのホームページをご覧ください。

利用可能手続一覧|e-Tax

e-Taxを使った確定申告の方法

e-Taxでの申告方法は、大きく分けて次の2通りがあります。

1.自身のパソコンで申告書データを作成し、電子証明書を利用して送信

自身のパソコンで申告書データを作成して送信するには、電子証明書の取得と、ICカードリーダライタなどをそろえる必要があります。

2.自身のパソコンで申告書データを作成し、紙に印刷して郵送

自宅のパソコンからe-Taxにアクセスし、ブラウザ上で申告書を作成したあと、申告書をプリンターで印刷します。データは送信せず、印刷した書面を郵送で提出します。

申告書は、e-Taxの「確定申告書等作成コーナー」から、画面に沿って入力していくだけで作成できます。 e-Taxに関する手続きや操作方法の問い合わせ窓口も設置されていますので、わからない場合には利用するといいでしょう。

e-Taxのメリットとデメリット

便利といわれているe-Taxですが、決して良いことばかりではありません。そのメリット・デメリットをまとめてみました。

24時間オンラインで利用でき、計算ミスの心配もなし!

まず、税務署に足を運ばずに確定申告ができる点がメリットといえますが、ほかにも次のような利点があります。

・確定申告期間中は24時間利用可能
メンテナンス期間を除き、確定申告期間中はオンラインで24時間対応しています。忙しくて日中に作業ができない人にはとても便利です。

・書類の添付を省略できる
源泉徴収票や医療費控除の領収書などは、e-Tax上で必要項目を入力すれば書類の提出・提示を省略できます。ただし、提出せずとも書類は5年間保管しておくことが必要になります。

・計算ミスを防ぐことができる
e-Taxのソフト上では、申告する際に必要な情報である収入金額や保険料など、各種金額を入力すれば自動的に計算してくれますので、計算ミスを防ぐことができます。必要事項の入力抜けがあった場合もエラー表示が出ますので、入力漏れを防ぐことができます。
また、e-Taxと連動している会計ソフトやオンライン会計サービスもあります。これらのソフトは、作成したデータをe-Taxに送ることができます。

・還付がスピーディー
e-Taxで申告すると、還付もスピーディーに行われる点もメリットとなります。例年、1~2月に申告すると2~3週間、3月に申告すると3~4週間で処理されます。

事前の準備に手間がかかる

e-Taxのデメリットとしては、事前の準備に手間がかかることが挙げられます。ただし、パソコンの環境に関しては、一度準備してしまえば、翌年以降は準備の必要はありません。

・自身で電子証明書を取得する必要がある
e-Taxソフトを利用するには、データの作成者が誰であるか、及び送信されたデータが改ざんされていないことを確認するための「電子証明書」が必要となります。この電子証明書は自分で申請し、実際に交付されるまでに時間も必要です。確定申告のまえに余裕を持って手続きをしておきましょう。

・パソコンの環境を整える必要がある
e-Taxは、どんなパソコン環境からでも利用できるわけではありません。国税庁が推奨する環境に使用するパソコンが該当するかを予めチェックしておきましょう。また、個人情報を取り扱うという点で、パソコンのセキュリティー対策もしっかりしておく必要があります。

e-Taxのサイトで準備や申告の手順について解説されていますが、パソコンに不慣れな人だとかえって時間がかかってしまうこともあるでしょう。税務署に行かずに作成・申告できるのがe-Taxのメリットですが、税務署にもe-Taxを利用できるパソコンがありますので、自分で操作するのが不安な人は税務署で行うといいでしょう。税務署の担当者に操作などを直接質問できるので安心です。

e-Taxでの確定申告にあたって必要なこと

前項でも紹介したとおり、e-Taxを利用するには事前準備が必要です。ここで詳しく説明しましょう。

推奨されているパソコン環境は?

e-Taxにアクセスし、利用するためにはインターネットに接続できるパソコンだけでなく、推奨されている利用環境を満たす必要があります。詳しくは以下のページでご確認ください。

システム利用のための環境等|e-Tax

電子証明書を取得するには?

e-Taxでは、本人であることが確認できる「マイナンバーカード」「企業の発行した電子証明書」など「電子証明書」と呼ばれる電磁的な情報を用意しなければなりません。申告の際には、それらを提出データに付与して提出することになります。

おもに利用するのはマイナンバーカードとなりますが、マイナンバーカードは自分で交付手続きをしなければ取得できません。まだ取得していない人は、住民票のある市区町村の窓口に問い合わせてください。

電子証明書を読み込むICカードリーダライタを購入

パソコンに接続して使うICカードリーダライタが、電子証明書を読み込むために必要となります。家電量販店、ネット通販などで2,000円程度で購入できます。必ずマイナンバーカードに対応している機種を選んでください。

引用元:地方公共団体情報システム機構

なお、2017年1月から一部のスマートフォンの「リーダライタモード」を使った認証も可能になりました。

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

ドライバとソフトウェアのインストール

購入したICカードリーダライタのドライバを、使用するパソコンにインストールしておきます。また、「e-Taxソフト」は、WEB版をブラウザ上で使用できるほか、自身のパソコンにインストールして使用することも可能です。 そのほか、ブラウザの設定やe-Taxの開始届出などを行うことで、準備が完了します。

e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー 【届出書の選択】

マイナンバーで確定申告はどうなるの?

マイナンバーは、国民一人ひとりが持っている番号で、税や年金、雇用保険といった行政手続きに利用され、確定申告書にも記入する必要があります。

確定申告との関係

給与の支払いを受けるためには、事業所にマイナンバーを提出しなければなりません。収入があるということが把握されやすく、いろいろな書類に紐付いているため、適切な申告をしていない場合には、それが判明することもあります。

住民基本台帳カードは廃止に

マイナンバーカードは、電子証明書としても利用できるようになっています。マイナンバーカードが発行されることに伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の発行は終了しました。e-Taxの利用については、住基カードの電子証明書の有効期間内は使用できますが、期限が切れた場合はマイナンバーカードの取得が必要です。

まとめ

時間を気にすることなく確定申告が行えるというのは、忙しい人にとってはとても魅力的です。最初の準備と登録さえしてしまえば、毎年利用できます。税務署の混雑から解放されるe-Taxでの確定申告を、利用してみてはいかがでしょうか。

確定申告(電子申告)を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
さらにfreeeは、電子申告にも対応。freeeから直接オンライン上で申告ができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

freeeから直接オンライン上で電子申告

e-tax_image.png

freeeから直接オンライン上での電子申告も可能です。WindowsだけではなくMacにも対応。こちらもステップに沿って情報を入力していくだけで、自宅にいながら確定申告を完了できます。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識