確定申告の基礎知識

確定申告をe-Taxで!そのメリットとは?始めるのに必要なことって?

毎年行う確定申告。手書きで作成して、税務署に直接提出したり、郵送している人が多いのではないでしょうか。パソコンで作成・申告できるe-Taxが気になるという人に向け、そのメリットや実際にe-Taxで申告するにはどうやればいいのかなど、詳しくご紹介していきます。

e-Taxってどんなもの?

e-Taxとは?

e-Taxの正式名称は「国税電子申告・納税システム」と言います。2004年から導入され、インターネット環境があれば、自宅やオフィスにいながら、国税に関する申告・申請・届出・納税の手続きが行えるとても便利なシステムです。



e-Taxで作成可能な申告に関する帳票

  • ・青色申告決算書・収支内訳書
  • ・所得税や復興特別所得税の確定申告書
  • ・消費税や地方消費税の確定申告書
  • ・贈与税の申告書
  • ・更生の請求書・修正申告書

e-Taxを使った確定申告の方法

e-Taxでの申告方法は、大きく分けて次の2通りになります。

1.自宅で申告書データを作成、電子証明書を利用して送信

電子証明書の取得と、ICカードリーダライタなどを自分で揃える必要があります。自宅でe-Taxを使って作成、そのまま送信して申告する方法です。

2.自宅で申告書データを作成、紙に印刷して郵送

自宅のパソコンからe-Taxにアクセスし、ブラウザ上で申告書を作成した後、申告書をプリンターで印刷します。データは送信せず、印刷した書面を郵送で提出する方法です。

書類は、e-Taxの「確定申告書等作成コーナー」から入力画面に沿って入力していくだけで作成できるようになっています。

e-Taxに関する手続きや操作方法の問い合わせ窓口も設置されているので、わからない場合には利用すると良いでしょう。

e-Taxでの確定申告。メリット・デメリットとは?

便利だと言われているe-Taxですが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

まず、税務署に行くことなく確定申告ができる点が一番大きなメリットといえます。インターネットで24時間対応しているので、忙しい人や税務署の受付時間内に行くことができない人にはとても便利です。

次に、源泉徴収票や医療費の領収書等は、名称や支払金額といった記載内容を入力することで提出や提示を省略できます。(ただし、5年間は書類の保管をしておくことが必要です。)

最後に、e-Taxで申告すると、還付もスピーディーになる点があります。1~2月の申告で2~3週間、3月の申告で3~4週間で処理されます。

デメリット

e-Taxは事前の準備に手間がかかります。特に電子証明書の取得には自分で申請し、実際に交付されるまでに時間も必要なので、時間に余裕を持って手続きをしなければなりません。

また、個人情報を取り扱うという点で、パソコンのセキュリティー対策もしっかり行っておく必要があります。

確定申告に不慣れな人は、わかりにくい部分があったりして、かえって時間がかかってしまうこともありうるでしょう。

税務署に行かずに作成・申告でできるのがメリットのe-Taxですが、税務署にもe-Taxを利用できるパソコンがありますので、自分で操作するのが不安な人は、税務署で行うと良いでしょう。担当者もいるので、操作なども質問できて安心です。

e-Taxでの確定申告に必要なものと事前準備

推奨環境を満たした、インターネットが利用できるパソコン

e-Taxにアクセスし、利用するためにはインターネットに接続できるパソコンだけでなく、推奨利用環境を満たす必要があります。

電子証明書

e-Taxは、本人であることが確認できる「マイナンバーカード」「私企業の発行した電子証明書」など「電子証明書」と呼ばれる電磁的情報の用意が必要です。申告の際には、それらを提出データに付与して提出することになります。

主に利用するのはマイナンバーカードとなりますが、マイナンバーカードは自分で交付手続きをしなければ取得できません。取得方法は住民票のある市区町村の窓口に問い合わせるとよいでしょう。

ICカードリーダライタ

電子証明書を読み込むために必要となります。利用するパソコンや、カードに対応したものであるかを確認して購入しましょう。ICカードリーダは家電販売店などで購入可能です。

ドライバとソフトウェアのインストール

購入したICカードリーダライタのドライバをインストールしておきます。また、確定申告等作成コーナーの利用には、ソフトウェアのインストールも必要です。Windows用とMac用がありますので、自分のパソコンに合わせてインストールします。

その他、ブラウザの設定や、e-Taxの開始届け出などを行うことで、準備が完了します。



マイナンバーで確定申告はどうなるの?

マイナンバーとは

マイナンバーは、国民一人ひとりが持っている番号で、税や年金、雇用保険といった行政手続に利用されます。28年所得分の確定申告書からはマイナンバーを記入することになっています。

確定申告との関係

給与の支払いを受けるためには、事業所にマイナンバーを提出しなければなりません。収入があるということが把握されやすく、色々な書類に紐ついているため、適切な申告をしていない場合には、それがバレてしまうことがあると考えられます。

住民基本台帳カードは廃止に

マイナンバーカードは電子証明書としても利用できるようになっています。マイナンバーカードが発行されることに伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の発行は終了しました。e-Taxの利用については、住基カードの電子証明書の有効期間内は使用できますが、期限が切れている場合はマイナンバーカードの取得が必要です。

まとめ

時間を気にすることなく確定申告が行えるというのは、忙しい人にとってはとても魅力的です。最初の準備と登録さえしてしまえば、毎年利用できます。税務署の混雑とも関係なく行えるe-Taxでの確定申告、利用してみてはいかがでしょうか。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識