確定申告の基礎知識

確定申告の基礎知識

毎年2月〜3月の間に行われる確定申告。
「難しい」「ハードルが高い」とお考えの方も少なくないのではないでしょうか。しかし、確定申告を始める前に、しっかりとした基礎知識を持っていれば大丈夫です。
freeeでは確定申告に関する様々な記事を提供していますが、その中でも初心者の方が抑えておきたい基本知識をまとめました。

目次

確定申告

【初心者必見!】そもそも確定申告ってなに?年末調整との違いは?

そもそも、確定申告とは何のために行うのでしょう?
また、会社員が会社で行う年末調整との違いとは?青色申告のメリットについてなど、素朴な疑問にお答えします。

確定申告するべき?確定申告が必要なケースと不要なケースとは

確定申告に関する基本的な情報を身に着けたら、どんな場合に確定申告が必要なのか見ていきましょう。当てはまるケースだった場合は、freeeが提供する確定申告の基礎知識を見ながら、確定申告を進めてみてください。

確定申告が必要なサラリーマンとは?いつ何をすればいいかまでわかる決定版

サラリーマン、会社員の方には確定申告は無縁だと思っていませんか?実はある条件に当てはまると確定申告が必要です。また、確定申告をすることによってお金が戻ってくるラッキーな方も!ここでは、確定申告の要不要や、必要な場合具体的に何をすればいいかを解説します。

青色申告と白色申告は何が違う?メリットとデメリットとは

確定申告の方法には青色申告と白色申告があります。単に必要な書類に違いがあるわけではなく、経費として認められるものに違いも。それぞれの申告の基本的な違い、メリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

確定申告書類の提出先はどこになるの?管轄する税務署を調べる方法

確定申告書の提出先となる税務署を調べる方法をご紹介します。
また、住所と事業所が異なる場合や、転勤した際の「納税地」はどこになるのでしょう。提出先の調べ方とあわせて、「納税地」の考え方や具体的な提出方法も解説します。

いかがでしょう。
確定申告に関する概要を掴んだら、さっそく準備を始めましょう。クラウド会計ソフトを使用すれば、驚くほど簡単に確定申告に備えることができます。おすすめは、会計freeeです。
また、青色申告を選択したい方は必ず開業届を提出しなければいけません。開業時に必要な書類を無料で、簡単に作成できる開業freeeをぜひご活用ください。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

kakuteishinkoku_sc_2.png

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

kakuteishinkoku_sc_3.png

事業の基本情報


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で18個質問に答えていきます。

kakuteishinkoku_sc_7.png

◯✕形式で18個質問に答えていきます。
この質問は、確定申告準備のチェックリストも兼ねています。

STEP3: 完成!

kakuteishinkoku_sc_8.png

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


まとめ

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識