確定申告の基礎知識

税金の還付は受けられる?パート・アルバイトの確定申告について

複数の会社でアルバイトやパートを掛け持ちして働いている場合や、勤務先から年末調整を受けなかった場合は、税金の申告や還付について「確定申告」を行う必要があります。どのようなケースで確定申告が必要となるのか、また確定申告を行うにはどうしたらいいのか、詳しくご紹介します。

アイキャッチ

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

パート・アルバイトでも確定申告が必要?

パートやアルバイトで働いている場合でも、収入が一定以上の場合、勤務先は予め給料から所得税にあたる金額を多めに差し引いて支給します。これが「源泉徴収」です。勤務先が日本国内に本店または主たる事務所を持つ法人の場合、およそ月の収入が88,000円以上となる場合、もしくは日給で2,900円を超える場合に源泉徴収が行われます。

 part-time-job_1.jpg


引用元:国税庁

このときに徴収された金額は、本来なら1年が終わった時点で、払いすぎとなっている分を計算し、払い戻す手続き(年末調整)を会社が行います。しかし、パートやアルバイトを掛け持ちしている場合には、すべての所得に対して年末調整が行われるわけではないため、税金を払いすぎていたり、不足分を納付する必要があったりするケースが出てくるのです。

パート・アルバイトで確定申告を行わないといけないのは、おもに次のようなケースです。該当する方は、税金を払いすぎている場合もあるため、確定申告で正しい税額を再度計算しましょう。

  • <パート・アルバイトで確定申告が必要な場合>
  • ・2ヵ所以上から給与をもらっている場合
  • ・どこの会社でも年末調整を行っていない場合
  • ・年の途中でアルバイトを辞めた場合
  • ・医療費控除や各種控除の申告を行う場合
  • ・ふるさと納税の申告を年末調整で行っていない場合

参考:
確定申告が必要な方|確定申告に関する手引き等|国税庁

確定申告によって納税額が不足している場合は納付となり、払いすぎている場合は還付を受けることができます。なお、元々源泉徴収が行われておらず、年収が103万円以下という場合、基本的に申告は不要です。また、パート・アルバイト以外の所得が20万円を超える場合においては、税金の不足分を納付しなければならないケースもあります。

確定申告によって税金が戻るケース

所得税がかからない年収額は、支払い済みの社会保険料等の公的保険料を差し引いた年収が、給与所得控除65万円と基礎控除38万円の合計となる、103万円以下です。

2つ以上の事業所で働いていて、源泉徴収票の所得合計が103万円以下で所得税を天引きされていた(源泉徴収税額に記載がある)場合は、税金の払いすぎとなっています。確定申告によって、納付済みの払いすぎとなった源泉徴収額の還付を受けることをおすすめします。継続的ではなく、単発のアルバイトをした場合でも、基本的に源泉徴収は行われていますので、忘れずに確認しましょう。

 part-time-job_2.gif


引用元:国税庁

また、年の途中で仕事を辞めた場合も年末調整が行われませんので、確定申告によって正しい税額を計算しましょう。所得が103万円以下となる場合はもちろんですが、超えている場合でも税金が払いすぎとなっており、還付の対象となるケースがありますので、確定申告は必要です。

ほかにも、確定申告をすると払いすぎていた税金が戻る場合がありますので、該当するものがないか、以下のページを確認しておきましょう。

還付申告|所得税|国税庁

確定申告で還付を受けるために必要な書類とは

確定申告の際に必要となる書類で最も重要なものは源泉徴収票です。これは、アルバイトやパート先から翌年1月末くらいまでに発行されますので、もらっていない場合は請求しておきましょう。ちなみに、退職した場合は、退職後1ヵ月以内に受け取ることができます。万が一、事業所が発行依頼に応じない場合には、税務署へ相談しましょう。

そのほか、源泉徴収票に記載されていない、国民年金や国民健康保険料の支払いがあった場合も控除の対象となります。国民年金については、払込みの証明書が必要です。毎年11月(10月1日以降に今年初めての払込みがある場合は2月)にはがきで送付されています。また、医療費や生命保険料、寄附金など、控除の対象になるものがある場合も、その証明書が必要となりますので用意しておきましょう。

確定申告で払いすぎの税金の還付を受けよう

確定申告とは、正しい所得や控除の金額を計算し直して、1年間の課税対象となる所得を計算し、支払うべき税金の額を確定する手続きです。翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに確定申告を行います。ただし、払いすぎた税金を取り戻す「還付申告」については、翌年1月から申告が可能です。

確定申告は、税務署を訪れて書類を作成することもできますが、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」の利用が便利です。画面の指示に従って入力していくだけで、簡単に申告書を作成することができ、作成した申告書は、税務署に持ち込むか郵送することになります。また、事前に「e-Tax」(国税電子申告・納税システム)の手続きを行っておけば、専用機器でそのままオンライン申告することも可能です。

 part-time-job_3.png


還付金は、金融機関への振込み、もしくはゆうちょ銀行や郵便局の店頭で受け取ることができます。振込みで受け取る場合には口座情報が必要となりますが、還付は本人名義の口座のみとなっていますので注意してください。

また、ネット銀行の一部は還付に対応していない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。ちなみに、確定申告後、概ね1ヵ月前後で還付の手続きが完了します。

パート・アルバイトで確定申告する際の注意点

パートやアルバイトによる収入があって確定申告が必要な人が、申告を行う際に気を付けたいポイントをまとめました。

すべての勤務先からの源泉徴収票をそろえる

働いたのに源泉徴収票がないと、正しい税金額が計算できません。多くの場合は税金が戻ってくる還付申告ですので、すべての働いた先からの源泉徴収票をそろえましょう。

・源泉徴収票を紛失した場合
その会社に再発行してもらえます。頼んでみましょう。

・源泉徴収票を発行してもらえない場合
働いた期間中の給与明細と源泉徴収票不交付の届出書を持って税務署に行き、手続きをすれば源泉徴収票がなくても申告に反映させることができます。
下部の欄に「この交付をしたことを会社に伝えていいかどうか」を聞く欄があります。これは、源泉徴収票を交付するのは会社の義務なので、税務署から行政指導が入る可能性があり、その際に「この人からこういう届け出があった」と伝えていいかということです。

 part-time-job_4.jpg


引用元:国税庁

短期バイトでは給与明細も必要

おもに日雇いバイトのような短期バイトの場合は給与明細も必要になりますので、申告時には持っていきましょう。

まとめ

パートやアルバイトの場合でも、年末調整が完全ではない場合には、確定申告を行いましょう。特に、複数の事業所での勤務や短期アルバイトを行っていた場合は、源泉徴収額を確認してみると払いすぎとなっているケースが多く見られます。面倒がらずに確定申告をして、「正しい納税」を行うようにしましょう。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識