確定申告の基礎知識

確定申告は自分ですべきか?税理士に任せるべきか?

2月に入るといよいよ確定申告が始まりますので、個人事業主として活動しているフリーランスの方は憂鬱な時期ではないでしょうか?
確定申告では、年間の「売上」の金額から「経費」の金額を差し引きして、所得の金額を計算します。
この所得の金額が小さくなるほど税金が安くなりますので、経費をできるだけ増やすことが税金対策上は必要です。
しかし、経費として処理できる範囲には法律上のルールがありますので、正しく日々の経費の記録をつけそちらを集計することが大切です。

freelanc_nayamu_21208610_M

経費についての考え方「売上を上げるために必要な出費」

経費は正確には「必要経費」とよびます。
その名の通り、「売上を上げるために必要だった支出」だけが必要経費として処理することができます。
そのため、売上には関係ないような支出に関しては必要経費として処理することはできません。
たとえば家族で食事をするための外食代や、プライベートで乗るために購入した車両代などは経費として処理することはダメです。
そのようなことをするとちょっと前の東京都知事のような感じとなってしまいます。

一方で得意先の人と仕事の打ち合わせで食事をした場合や、仕事で外回り営業のために車を購入したという場合には必要経費として処理することができます。(細かいことを言うと車両の場合には減価償却費といった方法で数年間に分けて経費として処理します)
経費の金額が大きくなるほど税金が安くなることになりますので、何でもかんでも支出を経費として処理するのはいけません。
支出を経費として認めてもらうためには、前記の「売上を上げるために必要な支出であること」という要件とともに、領収書などの支出を証明する書類が保管されていることが必要です。
領収書には支出の内容を記載するとともに、支払った相手先、一緒に食事をした人の氏名や会社名なども小書しておくとベターです。

確定申告は自分でやる?

このようにして保存した領収書などの証拠書類をもとに、会計ソフトなどを使って会計データを作成していきます。
作成した会計データは年に一度科目ごとに集計を行い、そのデータをもとに確定申告を行います。
最近では会計ソフトも優秀で安価です。freeeなどのソフトを使って、自力で確定申告をするフリーランスの方も多いと思います。
毎日の入力作業が正確に行えていれば確定申告書類の作成自体はそれほど難しいことではありません。
会計ソフトそのものの値段もどんどん安くなってきていますので、ご自分に合ったものを探して、一度はやってみるといったことも経験として大事だと思います。
確定申告を自力で行うべきか、税理士に依頼して行うかは事業の規模や実際に経理処理をする人の業務負担によって判断する必要があります。

判断のポイントとしては「経理作業を行うのに時間がとられてしまい、本業に支障が出ている」というようなときには迷わず税理士に相談するようにしましょう。
経理作業は重要な仕事ですが、それ自体は売上を生む作業ではありません。
たとえばこの経理作業をするために得意先をまわる時間が取れない…というのでは本末転倒です。
あなたの業務負担の程度と相談しながら税理士を利用するかどうかは判断されると良いでしょう。

また、経費として計上してよいか判断に迷うケースなども税理士に依頼するべきです。
例えば芸術家や写真家、作家など売上のための創作活動の期間が1年も2年にもわたるような職業の場合、支払ばかりが先行してなかなか売上が立たないといったこともあります。このような場合の創作活動のための海外渡航費・宿泊費などの支出は経費として認められるでしょうか?
答えは、ケースバイケースとなり、税務署や税理士でも見解の相違するところです。

このような事例の場合には、個々のお仕事の内容、環境、状況を考慮しつつ判断することとなりますので、2年間全く売上が立たなくても過去の実績から経費として認められる方もいますし、全くダメな方もいます。
経費については法律上規定がされていますが、すべての職業について白黒はっきり規定されているわけではありません。いろいろな職業がありますのでどうしても曖昧な部分があり判断に迷うところがあります。
そのような時には、個々の税理士がその方の状況と過去の判例、類似事例を考慮した上で経費計上を認める・認めないのアドバイスをしてくれます。
不安を抱えながらやるぐらいであれば一度は税理士にアドバイスを受けるのも今後にとっては良いことです。

まとめ

まとめますと、経費として処理できるのは「事業で売上を上げるために必要な支出」ということになります。
どの支出が経費として処理できるか?に迷った時には「この支出が売上につながっているかどうか」を考えてみると判断しやすいです。
経費の処理は税務調査などでも入念にチェックされるポイントですのでルールに従って正しく処理するようにしましょう。
経費処理に不安を抱えているのであれば一度税理士にアドバイスを受けてみましょう。

_doi5591_torimi

執筆: 田本 啓(税理士)

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理方法や手続きの作業は我々プロにお任せ下さい。 領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識