確定申告の基礎知識

ネットオークション入門!得た収入は確定申告の対象になる?

56_アイキャッチ

昨今はネットオークションの普及により、個人が気軽に手持ちの物を売買できるようになりました。副業やお小遣い稼ぎとして、ネットオークションを利用する人も多いのではないでしょうか。このページでは、ネットオークションで得た所得の確定申告の基本についてご紹介します。

ネットオークションに確定申告は必要?

まず大原則として、どんな手段で得たお金であれ、納税者が一定額以上の所得を得たら確定申告を行わなければなりません。

ただし、ネットオークションで物を売って収入を得た場合、以下のケースは非課税となります。

「生活用動産」の売買を一時的に行った場合

ネットオークションで販売したものが「生活用動産」であり、かつ一時的な取引だった場合、その取引から得た収入は非課税となります。

生活用動産って?

生活用動産とは、生活に必要とされる動産(不動産以外の財産)のことです。生活用動産の具体例をあげると、家具や衣服、自動車、書籍、安価な貴金属といった、30万以下の価値のものが該当します。これらの生活用動産をオークションで売却した際の所得は、課税対象にはなりません。

一方、30万円以上の高級品(骨董品や高価な貴金属類)をオークションで売却した際の所得は課税対象となり、確定申告が必要になります。「何を売ったか」によって確定申告の要否が決まることを覚えておきましょう。

一時的な取引に含まれる行為とは?

「いらなくなった子ども服をまとめてオークションで売った」

「プレイしなくなったゲームソフトをネットオークションに出した」

このように、自分が生活していくうえで不要になったものをオークションで売って得た収入は、基本的に非課税となります。つまり、確定申告をする必要はありません。

生活用動産の売買でも確定申告をしなければいけないケースも

しかし、「30万円以上の生活用動産を売った」「転売目的で商品を多く買ってオークションで売った」「オークションで生計を立てられるほどの収入を得た」などの場合は課税対象です。

オークションで得た所得が非課税となるのは、あくまで「自分の生活用品を廃棄するかわりにオークションで処分した場合」に限ると考えておくとよいでしょう。

参考:所得税の課税されない譲渡所得

なお、ネットオークションの普及にともない、税務署はネットオークション利用者の申告漏れの摘発にも力を入れています。申告の対象かどうかを自身で判断できない場合は、すみやかに税務署等に相談することをおすすめします。

サラリーマンなら、所得が年間20万を越えたら確定申告を

継続的な、もしくは営利目的のオークションで得た年間所得(売上から経費を差し引いた額)が一定額以上になる場合は、確定申告をする必要があります。

申告が必要になる所得額のボーダーラインは、納税者の社会的な立場によって異なります。

サラリーマンは「副業等の所得が20万円以上」になったら申告しよう

企業から給料をもらっている人(サラリーマンやアルバイト)は、本業の給与以外の年間所得が20万を越えたら、自主的に確定申告を行う必要があります。

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

○勤め先が副業禁止…確定申告を避けてもいい?

確定申告をすると所得に応じた住民税が加算されるため、勤務先に副業がわかってしまう可能性があります。しかし、副業の所得が一定額以上であれば、いかなる理由があっても納税する義務があるのも事実です。マイナンバー制度の導入によって行政の税務調査がより厳しくなることも予想されるため、無申告は避けましょう。

専業主婦など、給与を得ていない人は「38万円以上の所得」で申告を

専業主婦や学生といった、特定の企業等から給与をもらっていない人は、「38万円以上の所得」がボーダーラインとなります。納税の対象となった場合は、確定申告のシーズンまでに経費と売上をまとめて、確定申告を行いましょう。

参考:夫婦と税金

ネットオークションの経費にできるもの

確定申告では、収入にかかった経費を計上することができます。ネットオークションの場合は、月々のインターネット料金や宅配料、ネットオークションのシステム利用手数料、自宅の光熱費などが経費として認められやすいです。

なお、自宅でネットオークションを行い、なおかつ光熱費やインターネット料金を経費として計上する場合は、全額を経費にできるわけではありません。「ネットオークションのために使ったインターネット料金や光熱費」のみが経費として認められるため、適切な割合を考えて申告しましょう。

○領収書を保管!

経費を本当に使ったとわかる領収書類がないと、税務調査が入った際に経費として認められない可能性があります。ネットオークションの利用のために支払った経費の領収書類は、年ごとにファイル等にまとめて保管しておくとよいでしょう。

おわりに

ネットオークションで得た所得の確定申告の基本についてご紹介しました。なお、故意に確定申告をしなかった場合は、附帯税(期日までに納税しなかったことによる罰金)や刑事罰に処される可能性があります。オークションで得た所得よりも高い罰金が課せられるケースもあるので、くれぐれも注意しましょう。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で18個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識