確定申告の基礎知識

自営業の確定申告!気になるポイントを徹底解説

これから自営業を始めようと思っている方は、確定申告についてもしっかりと勉強していますか?年末調整のある会社員とは異なり、自営業者は自身で確定申告を行い納税を行わなくてはなりません。
今回の記事では、自営業者の方の確定申告について、気になるポイントを詳しく解説していきます。

目次

自営業と確定申告

自営業と会社員の違い

会社勤めをされている方は、会社が年末調整を行ってくれるため、確定申告の必要がありません。会社員の確定申告=年末調整と考えて良いでしょう(ただし、副業での所得が20万円を超えている場合や、年の途中で退職し12月31日までに再就職しなかった場合、年末調整では受け付けていない医療費控除などを受けたい場合は、会社員でも確定申告を行う必要があります)。
一方で、自営業の方は自身で確定申告を行わなくてはなりません。なぜなら、会社員の場合源泉徴収と年末調整で所得税が確定するのに対し、自営業の場合は源泉徴収が行われないからです。このため、年間の収入とかかった経費を計算し、所得と納税額を算出しなくてはならないのです。これに基づき納税を行うことを確定申告と言います。

確定申告の種類を選択しよう

確定申告と一口に言っても様々な種類があるため、あなたはその中から自身がどのような申告をするか選ばなくてはなりません。
ここでは、状況に応じそどのような選択をすれば良いのか見ていきましょう。

○AかBか
確定申告の用紙は、申告書Aと申告書Bに分かれています。
申告書Aは、申告する所得の内容が給与所得や年金所得・その他の雑所得(原稿料など)・配当所得(株の配当など)・一時所得(競馬や競輪の払戻金など)の場合に使用します。
会社勤めをしている方が副業で得た所得を確定申告するケースや、医療費控除や住宅ローン控除を受ける場合には申告書Aを選択します。
申告書Bは、申告する所得が事業所得・不動産所得に該当する場合に使用します。
自営業をされている方は、申告書Bを選択します。

○青色か白色か
確定申告をする際には青色申告か白色申告かも選択しなくてはなりません。
手間の面で考えると、白色申告の方が簡単です。利用する際に申請もいりませんし、白色申告に必要となる単式簿記は簡易なもので、会計や経理に詳しくなくてもつけることが可能です。
ただし、節税面で考えると、圧倒的に青色申告の方がメリットがあります。
具体的には以下の通りです。

・最大65万円の特別控除
・赤字になっても、翌年以降3年間の繰越が可能
・家族を従業員としている場合、給与を経費に落とせる
・30万円未満の減価償却資産を購入年に全額経費計上出来る
・貸倒引当金を経費に当てることが出来る

開業から2ヶ月以内に申請を行う、複式簿記の帳簿をつけるなど手間もかかりますが、様々な節税に関するメリットを受けたいのであれば青色申告を選択しましょう。

確定申告の準備

確定申告の時期が来てから色々準備するのでは遅すぎます。確定申告に必要となる書類の中には、日々の業務の中で準備しておかなくてもならないものもあります。
確定申告時に必要書類がない!と言って慌てないためにも、何を準備すれば良いのか確認していきましょう。
自営業者が必要なものは、大体以下の書類です。

・申告書B
・青色申告決算書または収支内訳書
(青色申告決算書とは、青色申告をする際に必要な、日々の帳簿づけを決算書の形式でまとめたものです。収支内訳書は、白色申告をする際に必要な同様のものです)
・給与や年金収入もある場合には、それを証明出来るもの(源泉徴収票など)
・経費のレシートや領収書
・控除を受けたいものの証明書(医療費のレシート・領収書や生命保険料控除の証明書など)

日々の帳簿づけなどをしっかりと行っていれば、確定申告の時期が近づいてきても慌てることはありません。
レシートが見つからない、焦って書類作成をミスをした、なんてことにならないように、日ごろから準備を入念に行いましょう。

特に、領収書やレシートの日々の管理はとても大切です。経理作業は後回しにしてしまったとしても、領収書だけはきちんと保管するようにしましょう。
おすすめは、確定申告ソフト活用です。例えば確定申告ソフトのfreeeを活用すれば、日々の経費管理も簡単です。スマートフォンのアプリから領収書を撮影するだけで経費管理が簡単にできますし、銀行口座やクレジットカードとも連携しているため出入金管理も自動で行えます。確定申告書類の作成と並んで、日々の経理業務はとても重要ですので、確定申告ソフトを活用してスマートに管理を行いましょう。

自営業の確定申告書、どうやって作成する?

必要書類が明確になり、するべきことが分かっても、いざ申告書を作成する段階になると、「本当にこれで正しいのか」「こういったケースはどうすればいいの?」と、不安に思う方も出てくることでしょう。そんな時は、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用したり、会計ソフトを使ったりするとスムーズに申告書を作成することが出来ます。パソコンを使用して作成することが出来るので、計算出は自働で行ってくれますし、会計ソフトであればスマートフォンを使用して作成することも可能です。また、申告書Bだけではなく、青色申告決算書などの作成も可能です。

確定申告の時期には税務署で相談会なども行われますが、とにかく混むのが難点です。税務署に行く時間がもったいない、手早く書類作成を済ませたいという方は、これらのツールを上手く使ってみましょう。事前に環境を整えておけば、電子申請をすることも可能ですよ。

確定申告を忘れてしまったら

完全に忘れていたといったケースはあまりないでしょうが、中には本業に終われ後回しにしていたら申告期限を過ぎていた、なんてケースもあるのではないでしょうか?
申告期限を過ぎると、申告によって納める税金にプラスして無申告加算税が課されてしまいます。税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合※も、軽減はされますが同様に課税されます。

※ただし、法定申告期限から1ヶ月以内に自主的に期限後申告が行われている場合などはこの場限りではありません。

本来納税する額よりも多い額を払うのは、もったいない話です。申告期限にはくれぐれも気をつけましょう。

まとめ

自営業の方は、本業に加え会計や経理の知識もある程度必要です。大変だと思う方もいるかもしれませんが、知識があれば、記事内で紹介したような節税のメリットを受けられることもありますし、手早く確定申告を済ませることも可能です。

今回の記事が自営業の方の確定申告の手助けになれば幸いです。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識