確定申告の基礎知識

e-Taxで確定申告。メリット・デメリットまとめ

e-Taxを利用すると、自宅にいながら確定申告が完了できるなど多くのメリットがあります。ただ、事前準備が必要など手間がかかるというデメリットも。
この記事ではe-Taxで確定申告をするメリット・デメリットについてまとめます。確定申告をスマートに完了するために、本記事をぜひご参考にしてください。

e-Taxで確定申告。メリット・デメリットまとめ

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

e-Taxとは?

e-Tax」とは、国税庁が提供する国税電子申告・納税システムです。
2004年以前、確定申告は紙の書類に記載して提出する方法しかありませんでしたが、「e-Tax」登場後は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で作成した電子申告データをそのまま提出できるようになりました。

e-Taxで確定申告をするメリット

まずはe-Taxで確定申告をするメリットについて見ていきましょう。

自宅にいながら確定申告が完了する

e-Taxでの第一のメリットは、インターネットで手続きが完了する手軽さです。確定申告書類をプリントアウトして郵送もしくは持参する必要もなく、申告期間中は24時間いつでも提出可能です。

添付書類を省略できる

紙で確定申告をする際は、社会保険料控除証明書や医療費のレシートなどを添付する必要があります。しかし、e-Taxで電子申告をすると、紙の申請では添付が必要な書類の提出が省略できるのです。

e-Taxを利用すると省略できる添付書類

  • 給与所得者の源泉徴収票
  • 年金受給者の源泉徴収票
  • 社会保険料控除の証明書
  • 生命保険料控除の証明書
  • 地震保険料控除の証明書
  • 住宅ローン控除の借入金年末残高証明書(2年目以降)
  • 医療費控除の領収書
  • 寄付金控除の証明書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 雑損控除の証明書

ただし、各書類は5年間保管し、税務署から提出や提示を求められた際には応じる必要があります。

青色申告者は控除額が10万円アップする

国も電子申告を推奨しており、青色申告者は2020年度以降に電子申告で確定申告をすると控除額が10万円アップします。

2018年(平成30年)度の税制改定で、青色申告の特別控除額が変更されました。
2020年(令和2年)分の確定申告以降、青色申告特別控除額65万円が55万円に減額されます。
ただ、誰にでも等しく適用される基礎控除の金額は38万円から48万円に増額されるため差し引きは0です。

e-Taxで青色申告の手続きを行えば、この特別控除額は変わらず65万円になり10万円分の控除額アップにつながるのです。

(参考:国税庁『令和2年分の所得税確定申告から青色申告特別控除額 基礎控除額が変わります』)

還付のスピードが早い

還付される税金がある場合、紙での手続きと比較してe-Taxは還付のスピードが速いという特徴があります。
e-Taxで申告すると、通常3週間程度で還付が処理されます。対して書面提出では、還付まで1ヶ月〜1ヶ月半の時間が必要です。

e-Taxで確定申告をするデメリット

続いて、e-Taxのデメリットについても見ていきましょう。

事前準備がやや手間

e-Taxをする前には、いくつかの事前準備が必要です。この手続きを煩雑に感じたり、途中で挫折してしまう人もいるようです。

  • マイナンバーカードの取得
  • 利用者識別番号の取得
  • ICカードリーダライタの購入
  • パソコンでe-Tax利用の環境を整える

まず、e-Taxを利用するためにはマイナンバーカードが必須です。紙製の「マイナンバー通知カード」ではなく、ICチップ入りの「マイナンバーカード」が必要ですので、まだお持ちでない方は、地域の自治体でマイナンバーカードの取得を申請しましょう。

さらに、マイナンバーカードに対応しているカードリーダー(SONYのPaSoRiなど)を購入する必要があります。最近ではスマートフォンでも読み取れるようになりましたので、こちらから対応機種をご確認ください。

参考:公的個人認証サービス ポータルサイト『ICカードリーダライタのご用意

さらに、「マイナンバーカード方式」もしくは「ID・パスワード方式」のいずれかでe-Taxの利用登録を行い、利用者識別番号(ID)とパスワードを取得する必要があります。ID・パスワード方式はマイナンバーカード方式が浸透するまでの暫定的な方法のため、利用者識別番号(ID)にも3年の有効期限があります。

これらの準備を全て完了すると、e-Taxの利用開始準備が整います。やや手間ですが、そこまで難しい作業ではありませんし、一度準備が整えば翌年以降は対応する必要はありません。

下記の記事に、詳しいe-Taxの申告方法がまとまっておりますので、ぜひこちらもご参照ください。

おすすめ記事
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ【2019年(令和元年)10月最新情報】』

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など

確定申告ソフト freee


確定申告

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識