確定申告の基礎知識

どうやって提出するの?確定申告の提出方法とは

まだ早いかもしれませんが、確定申告の提出方法についてです。
確定申告書類の作成が完了したら、ついに申告書類の提出です。
申告書の提出方法としては 直接提出、郵送提出、e-tax(イータックス)の3種類があります。
最終チェックをしっかり行った後、いずれかの方法で提出すればOKです。
今回は、申告書類の提出方法と税金の納付方法について説明します。

sinkoku

確定申告書類の提出方法は?次の3パターン

作成した確定申告書類は以下の3つの方法から1つを選んで提出しましょう。

①直接税務署にペーパーで提出
あなたの住所を管轄している税務署に直接持っていく方法です。
多くの場合確定申告書の提出窓口が設けられていますので、そこで職員の方に提出しましょう。
確定申告書類を提出すると控えに税務署印を押してくれますので、保管しましょう。

②e-tax(イータックス)を利用する
電子証明書、開始届出書、利用者識別番号の取得の3つの手続きを行っておく必要がありますが、国税庁のHPの指示に従って行えばそれほど複雑ではありません。
e-taxを使えば、確定申告書類も手書きする必要がなく、インターネット経由ですべて手続きを完了することができて便利ですよ。

③郵送による提出
郵送により確定申告書類を提出することもできます。
注意点としては第1種郵便物(または新書郵便物)として提出することです。(ヤマトや佐川急便はダメです)
注意点として、返信用封筒に切手を貼って同封しておくと確定申告書の控えを返送してくれます。忘れずに行ってくださいね。

確定申告書類の提出期限を確認しよう

確定申告書類の提出期限は2月16日〜3月15日となります。
特に事業主の方の場合、この期間を過ぎてしまうと無申告という扱いになってしまいます。ケースによっては無申告による延滞税等のペナルティもかかってきますので注意が必要です。
ただし、住宅ローン控除などを行う場合の「還付申告」では、この期間を過ぎてしまっても5年以内であればいつでも申告を行って税金を還付してもらうことが可能です。

税金の納付方法は?

確定申告によって計算した税金(所得税)は、現金で支払う場合には3月15日までに納付書を使って金融機関などで支払います。
また、確定申告によって計算するのは所得税の金額ですが、確定申告書類を提出するとその申告書に基づいて住民税も自動的に計算されます。(市町村が計算してくれます)
計算された住民税は、サラリーマンの方の場合は毎月のお給料から天引きされていくことになります。

振替納税(銀行口座からの引き落とし)の手続きもある

指定した銀行口座から引き落としをかけてもらう「振替納税(ふりかえのうぜい)」という手続きもあります。
所得税は、現金で納付する際の納期限は3月15日になりますが、振替納税を利用すると4月の中旬ごろに引き落としとなります。
現金で支払う場合に比べると1ヶ月程度支払いを遅くすることができますので、資金繰りに余裕がない…という場合や、銀行に出向くのが煩わしい場合などは便利です。
振替納税を利用する場合には振替日前後には残高不足で引き落とし不能となってしまわないように、指定口座に余裕を持ってお金を入れておくようにしてください。

まとめ

今回は、確定申告書類の提出方法や納付の仕方について解説させていただきました。
確定申告は期限通り(2月16日〜3月15日)に行わないと無申告という扱いになり、税金が加算されてしまうケースもありますのでご注意下さい。
ただし、住宅ローン控除のように税金が還付されるケースでは期限が過ぎた後でも5年以内に申告を行えば良いという扱いになっています。
それでも申告を行わない限りは税金が還付されることはありませんのでできれば早めに手続きを行うようにしてくださいね。
また、本年度よりマイナンバー制度が導入されており、申告書にマイナンバーを記載したり、本人確認資料の提示なども必要となりますのでこの点もお忘れなくご注意をお願いします。

_doi5591_torimi

執筆: 田本 啓(税理士)

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理方法や手続きの作業は我々プロにお任せ下さい。 領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で18個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識