確定申告の基礎知識

申告書以外に何が必要?確定申告前に準備しておきたいものとは

確定申告は、さまざまな提出物があり、申告をスムーズに完了するには事前準備が欠かせません。
しかし、慣れていないうちは、「何を準備しておけばいいのかよくわからない」という人も多いのではないでしょうか。
そこで、このページでは、確定申告前に準備しておきたいものを「日々の取引きの中でそろえておく物」と「確定申告時にそろえるべき物」の2つにまとめ、紹介していきます。

33_アイキャッチ
楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

日々の取引きの中でそろえておく物

確定申告とは、1年間の所得と納税額を計算し、すでに納めた税金と払うべき税金の差額を精算する手続きのことです。この所得を正しく計算するために、2014年から白色申告・青色申告に関わらず、全事業者に取引きの記帳、そして領収書や請求書など事業に関係ある書類の保存が義務付けられました。日々の取引きを記録した帳簿は確定申告書の作成の前提となる「収支報告書」や「決算書」を作るために欠かせない物ですし、領収書は経費や控除の根拠を証明する大事な物ですから、この2つは日頃から気を付けて準備しておく必要があります。

帳簿

帳簿は、売上や事業所の家賃、交通費などの事業に関する支出、借入れといった事業に関するお金の流れを記録したものです。毎日きちんと書くのが理想ですが、週に1度や月に1度にまとめてでも構わないので、取引きをもれなく記録しておきましょう。簿記の知識がなくても、会計freeeなどの会計ソフトなどを使うと簡単に帳簿をつけることができます。

領収書等

購入した事務用品や交通費、医療費などの領収書は、確かにその支出があったことを示す大事な証明書です。また、生命保険料については、10月から年末頃にかけて保険会社から送られてくる「保険料控除証明書」がこれにあたります。確定申告で経費を証明する際や、各種控除を受ける際に必要となりますので、しっかり保管しておきましょう。

確定申告時にそろえるべき物

確定申告の時期が近づいてきたら、申告の際に直接提出する書類や、申告書の作成に必要な書類もそろえなければなりません。具体的には、必要になるのは次のようなものです。

確定申告書

確定申告書にはAとB、2つの様式があり、申告の内容によって使える物が決まっています。大まかにいうと、医療費控除などで確定申告をするサラリーマンは申告書A、個人事業主は申告書Bになります。申告書AとBの違いについて詳しく知りたい方は、下記のページをご覧ください。

確定申告書A・Bの違いはどこにある | 確定申告の基礎知識

また、申告書は国税庁のWebサイトからダウンロードすることが可能です。ちなみに、国税電子申告・納税システム(e-Tax)などで電子申告を行う人は、紙の申請書を入手する必要はありません。

確定申告書とともに必要になる書類

確定申告では、申告書に記載した内容を裏付ける書類が必要になります。これらは、申告書に添付して提出することになりますので、しっかり作成、または保管しておく必要があります。 以下が必要になる書類です。

  • サラリーマンの場合:給与の源泉徴収票の原本(前年末~1月頃に、会社から発行されます)
  • 年金受給者の場合:公的年金の源泉徴収票の原本(1月下旬頃に、日本年金機構から発送されます)
  • 事業者(白色申告)の場合:収支内訳書(1年間の帳簿データを基に作成します)
  • 事業者(青色申告)の場合:青色申告決算書(1年間の帳簿データを基に作成します)

【収支内訳書】

収支内訳書 収支内訳書

引用元:国税庁

【青色申告決算書】

青色申告決算書 青色申告決算書 青色申告決算書 青色申告決算書

引用元:国税庁

捺印する際の注意

確定申告書には捺印が必要になります。使用できるハンコは、実印、銀行印、認印で、シャチハタは不可となっています。
確定申告書に捺印を済ませている場合でも、万が一、書類に不備があった場合は訂正印が必要となりますので、念のためハンコを持って税務署に提出に行くといいでしょう。

インターネットを利用して申告する場合

以前の確定申告は紙書類での提出のみでしたが、現在は国税庁の納税システム「e-Tax」を利用して、オンラインで確定申告書の提出から納税まで行うこともできます。
その場合は、申告書のダウンロードは不要ですが、次のような環境を整える必要があります。

  • パソコン(推奨しているのはOSがWindows 7以降、またはMac OS 10.7以降※のもの)
  • マイナンバーカードなどの電子証明書
  • ICカードリーダライタ

※Mac OS 10.7は64bit版に限ります。

詳しくは「e-Taxで確定申告を終わらせる4つの手順」のページをご覧ください。e-Taxが利用できる時間は、月~金曜日の午前8時30分~24時(12月29日~1月3日やメンテナンス時を除く)です。なお、確定申告シーズンは、土日祝日を含む24時間の利用が可能になります(メンテナンス時を除く)。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

確定申告をスムーズに行うには、日頃から帳簿付けや領収書の保管に気を付けること、早めに提出書類の準備に取り掛かることが不可欠です。ぜひ、この記事を参考に取り組んでみてください。また、やり方がわからない場合は、税務署でもアドバイスを受けることができますので、相談してみるのもおすすめです。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識